たかすつとむのフォトブログ

プレーオフ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィーンに来ています。
昨日まで南アフリカのポートエリザベスで日本代表の取材をしていました。ポートエリザベスからヨハネスブルグ、フランクフルト、ウィーンとやってきました。あと一本飛行機を乗り継げば、オシム氏の故郷サラエボ初上陸となります。取材の日程を決めるときに、日本代表に付いて回るのと、欧州のプレーオフを回るのと悩んだ結果、良いとこどりをしようと欲張ってみました。

サラエボを選んだ理由としては、ボスニアの分離独立後、初出場が懸かっていること、一時は瀕死の状態まで追いつめられたポルトガルが対戦相手であること、こういうった機会でもなければ、サラエボという街を訪ねる機会がないことなどです。個人的には様々な書籍や記事で読んだ、サラエボという街に一度足を運んでみたかったというのも大きな理由のひとつです。

ポルトガルホームの第一戦はポートエリザベスでテレビ観戦しました。途中、疲れて爆睡してしまいましたが。。。結果だけをみるとポルトガル有利に見えますが、雌雄を決するのは初出場を願ってやまないサポーターが大挙するであろうボスニアホームです。

実を言うとワールドカップ予選のプレーオフは初めての経験です。今まで実際に取材した中で一番アツかった予選は、テヘランのアザディスタジアムで行われたイラン対バーレーン戦でした。ちょうどジーコジャパンがバンコクで北朝鮮を破り、世界最速でW杯出場を決めた数時間後に行われた試合です。10万人収容のスタジアムが8割方埋まったと思いますが、女人禁制、男だけの異様な雰囲気で、一周20秒という超高速ウェーブで盛り上がり、出場を決めた瞬間には一斉に人々がピッチに雪崩れ込むような試合でした。W杯出場に沸く街では一晩中歌ったり踊ったりするお祭り騒ぎで、ちなみに車は箱乗り、バイクは3人乗り当たり前、バスも一台残らず窓ガラスが割られ、箱乗りというハイテンションをノンアルコールでやってのけるイラン人はアツ過ぎます。もしボスニアが初出場を決めれば、きっと凄い騒ぎになるのではないかと期待しているのですが、トラブルに巻き込まれないように注意も必要かなぁと思う次第です。

いずれにしても、きっと最高にスリリングでアツい試合が体験できるのではないかと密かに楽しみにしています。


写真はネルソンマンデラスタジアムでの一コマ。
撮影:たかすつとむ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
欧州サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

すわ!「スペイン代表」分裂か!?【「読裏クラブ」のワンツー通し】

Champions League result(11/3、4)【DailySoccerNEWS】

新たなスタート【サッカー監督生活(Sevillaセビージャ)】

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:309333

(07月30日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss