たかすつとむのフォトブログ

W杯予選という旅。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルボルンへ行っていました。
今月はソウル経由でタシケントに行き、興奮もないままW杯出場の瞬間に立会い、一時帰国して横浜。そのあとメルボルンにて、3年前のカイザースラウテルンでのリプレーを観ているような試合に立ち会いました。3年前と違ったことは、失望しなかった自分がいたことくらいでしょうか。オシムさんが仰っていた「過度の期待をするから失望する」という言葉が蘇りました。

さて、昨年2月、小雪のチラつく埼玉スタジアムから始まった南アフリカ大会予選。3月のバーレーンには行けなかったのですが、それ以外は全試合を取材することができました。およそ1年半弱に渡る間、色々な国を訪れ、まるで長い旅に出ていたような感覚です。

僕の人生史上、もっとも暑かった灼熱のオマーン、マスカット。
呼吸をすれば肺が温まり、水を飲んだ瞬間、体中の毛穴から汗が流れ落ちる経験は貴重です。また海岸線には無数の砦が残されており、湾岸諸国の歴史が垣間見れる瞬間でした。

笑顔の国と称されるタイ、バンコク。
会場のラジャマンガラスタジアム前に軒を並べた屋台の川魚の丸焼き。恐る恐る口にしましたが、香草と一緒に食べたときの絶妙な味わいに先人たちの叡智を感じました。

この4年間でサッカーファンには一気に馴染み深くなったバーレーン、マナマ。
僕自身、何度か足を運んだ国だけあって新鮮さには欠けましたが、まさかのラマダン(断食月)。昼食を捜し求めて街をブラつき、ひっそりと営業していたカレー屋さんには感謝と感動を覚えました。

オイルマネーの流入によりバブル全盛を極めているカタール、ドーハ。
スポーツ立国を標榜としている同国の贅沢すぎるスポーツコンプレックスの数々に圧倒されました。現地に行くまでは他の中東諸国との違いは知る由もありませんでしたが、これも現地に行ったからこそ知りえたことです。

初めて訪れた中央アジアの拠点、ウズベキスタン、タシケント。
みんな笑顔で僕らを迎えてくれました。シルクロードの交差点としても知られる国の懐の深さに感謝です。現地で食べた「プロフ」というピラフの味はこれまで食べたことのない味でとても印象的でした。

そして、今回の旅の最後に訪れた晩秋のオーストラリア、メルボルン。
消化試合になったこともあり期待していませんでしたが、意外にも7万人弱の観客がつめかけ思いがけず興奮です。街中を颯爽と走り抜けるランナーや延々と放送されるクリケット、オージーフットボールに同国のスポーツ文化を垣間見ました。

いちフリーカメラマンの僕でさえ上記のような素晴らしい経験が出来ました。取材をしているときは気づきませんでしたが、日本が戦っているときは、同じように全世界で何十試合も死闘が繰り広げられているわけです。たったひとつのボールの行方に歓喜して、落胆して、翻弄されながら、それに携わる人が何百、何千、何万という人が僕と同じように旅をします。世界中で小さな民族移動が繰り返されていると考えると「ワールドカップ予選って本当に凄いな」って思いました。

「サッカーはピッチの中だけでは語れない」

そんな言葉をこれまで幾度となく聞きましたが、その意味が少しだけ分かった長い旅でした。

以下に今回の旅の一コマをご紹介します。
ご意見ご感想などありましたら是非。


tpower-95489.jpg
※マスカットのビーチでの一コマ。

tpower-95490.jpg
※ラジャマンガラスタジアム前での一コマ。

tpower-95491.jpg
※マナマ市内での一コマ。

tpower-95492.jpg
※アルサッドクラブスタジアム前での一コマ。

tpower-95493.jpg
※タシケント市内のレストランでの一コマ。

tpower-95494.jpg
※メルボルン市内での一コマ。

撮影:たかすつとむ


最後に宣伝になってしまいますが、今予選で撮り貯めた写真が掲載されている雑誌「RONSPO」が今月15日に発売となりました。全国の書店やコンビニでお見かけの際は是非ご一読下さい。

http://www.sports-times.jp/ronspo/




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
miniフォトギャラリー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表でマスターベーション【* 紅きダニューブ】

アジリティーを阻むもの【白鳥城の騒霊】

緊急連載『日本代表再生への道』①【熱き風と共に・・・】

ブロガープロフィール

profile-icontpower

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取材中。日本スポーツプレス協会(AJPS)、国際スポーツプレス協会(AIPS)会員。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:309278

(07月21日現在)

関連サイト:高須力公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. 夢を追いかけつつ。
  3. ヨルダン戦を終えて。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss