たかすつとむのフォトブログ

スポーツカメラマンの取材雑記

tpower

関連サイト:高須力公式サイト

東京都出身。出版社にて編集者を経験した後、フォトエージェンシーに勤務の傍ら、スポーツカメラマンとして活動開始。エージェンシーを退社、フリーランスとなる。ライフワークとしてセパタクローを追いかけ、サッカーを中心に数多くのスポーツを取 もっと見る
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:308092
  • (02月23日現在)

最新の記事

夢を追いかけつつ。

ブラジルW杯が始まって13日目。日本代表がワールドカップから姿を消した。予想してたよりも少し早く、想像以上に悲惨な幕引きで。いや、夢想してたよりもかな。 ヘシーフェ。「ホンダ、持ってるなー」。ハーフタイムにピッチ脇で写真を送っているとき、妙にテンションが高かったのは、容赦なく振り続ける雨だけが原因ではなかったと思う。後半開始。2分間。カップラーメンだって固麺にしかならないわずかな時間だ。コートジボ......続きを読む»

Aくん。

後輩のカメラマンの話をしたいと思う。ここでは仮にAくんと呼ぶことにする。 Aくんはとても真面目で礼儀正しくて、本人曰く腹黒い男だ。もっとも自分のことを腹黒いというヤツの腹はたいして黒くないことを僕は知っている。それに何年か前に見せてもらった(たしか札幌ドームだったと思うけれど)スタジアムの裏にある小高い丘から、スタジアムを背景に羊を撮った写真があって、僕はその写真が忘れられない。羊の可愛らしさ......続きを読む»

ヨルダン戦を終えて。

 サッカーの日本代表の取材を始めるようになって早いもので8年。中東がとても身近に感じるようになった。ワールドカップの予選で結構な頻度で行っている計算になる。オマーン、バーレーン、カタール、いわゆる湾岸諸国だ。今回、訪れたヨルダンはアラビア半島の付け根のヨーロッパ寄り。サウジアラビア、レバノン、シリア、イラク、そしてイスラエル。サウジアラビアを除くとここ10年の間で紛争が絶えない印象がある。ヨルダンに......続きを読む»

サンドニの悲喜こもごも。

スタッド・ドゥ・フランス。いい響きだと思う。 いわずとしれたフランスサッカー界の聖地。ここであのジダンが躍動して、デシャンがワールドカップにキスをしたのかと思うと、テンションが上がった。しかも、何年か前にフランス代表の取材で訪れたときは、申請書が上手く届いていなかったようで、門前払いを食らっていたので、その喜びは格別だった。 その聖地で、日本がフランスに勝った。 フランスにしてみれ......続きを読む»

夢を泳ぐ。

僕が初めて寺川綾を撮影したのは2004年のインカレ、アテネの余韻が残る残暑の季節だった。2001年の世界水泳で脚光を浴び、初めて出場したオリンピックで8位入賞。4年後の北京での活躍を誰もが期待していたと時期だった。 2002年に写真を始めてから、サッカー中心の取材をしていた僕はインカレ以降、毎年、日本選手権を取材する機会に恵まれたが、最初は競泳の魅力よりも、北島や寺川などスター選手たちに興味を......続きを読む»

長谷部の言葉。

一年ぶりに欧州サッカーを取材している。 こっちで取材をするようになって、こんなに期間が空いたのは初めてだったから、最初に訪れたシュツットガルトでは、試合前に「なんでニヤニヤしてるの?」と現地在住のカメラマン氏に突っ込まれるくらい雰囲気を楽しんでいたんだと思う。「やっぱり現場はこうでなくっちゃね」と。もっとも端から見たら相当に気味悪かったんだろうけど。 僕が初めて欧州サッカーを取材したのは......続きを読む»

リンクの上の彼女。

週末に3泊5日という強行日程でケベックに行っていた。 いつものことだけれど、今回のお目当ては彼女。 4月のモスクワでの彼女の姿が目に焼き付いていて、その半年後、 彼女が見せた笑顔がともて印象的で、ロシア杯の結果が出てから、 大急ぎでフライトや宿を手配して臨んだ大会だった。 その彼女の欠場を知ったのは、トランジット先のデトロイトに着いたときで、 そのあと8時間のトランジットを経て、50......続きを読む»

写真が好きな写真家。

24歳だった僕はスポーツカメラマンを志し、フォトエージェンシーに入社しました。幸運だったのはそこで「写真が好きな写真家」と巡り会ったことでした。 ちょうど写真が銀塩からデジタルに移行する時期でした。デジタルに移行して一番変わったことは写真をプリントしなくなったことです。そんな中「写真が好きな写真家」は自作のプリントをよく見せてくれました。「カッコいいでしょ、この写真?」と。まるで自慢のコレクシ......続きを読む»

フィギュアスケート世界選手権を終えて。

モスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権が昨日終わりました。 震災の影響での代替開催、1ヶ月という短い時間での準備などを考えると「よくここまでしっかりと開催できたな」というのが率直な感想です。尽力された方々に感謝させて頂きたいと思います。 競技面ではバンクーバーから1年で、勢力図が大きく変わり始めた印象を受けました。もっともここ4年間の世界選手権タイトルが日本と韓国を往復していたこと......続きを読む»

今、僕にできること。

3月11日。同宿のライター氏の携帯電話が鳴って目が覚めた。 日本で大きな地震があったと伝えられた。地震発生から3時間が経過していた。 インターネットで情報を調べる。文字情報ではいまいち状況がつかめない。 twitterで生の声を知った。Ustreamで映像を見た。 家族に連絡を取るべく電話をかけまくった。 携帯電話は繋がらない。固定電話にかけた。Skypeを使った。 家族や友人、大切な人......続きを読む»

アジアの盟主を守れ。

3週間に渡り繰り広げられたアジアカップもついに決勝を残すのみとなりました。 最初の1週間はやたらと長く感じられましたが、途中からはアッという間に過ぎ去った感じがします。韓国との激戦(というより自ら激戦にしてしまった感はありますが)を制しての大舞台です。相手はオーストラリア。ここ5年で日本にとっては仇敵となった感のある国。アジア転籍から2度目の挑戦での決勝進出です。 韓国との準決勝のあと、......続きを読む»

絶対に負け「たくない」戦い。

先日のカタール戦はシリア戦以上にエンターテイメント性の高い試合でした。 勝利の瞬間は歓喜よりも安堵感が強くホッと胸をなで下ろしたものですが、徐々に「カタール相手に。。。」という欲張りな思いもわいてきました。しかし、韓国もオーストラリアも苦戦を強いられたことを考えると「これがアジアカップなんだろうなぁ」と改めて痛感しました。むしろ、不利な状況に屈することなく、勝利を手にしたことは精神面や団結力を高め......続きを読む»

【ご報告】公式ウェブサイトを立ち上げました。

アジアカップ取材中ですが、自身のウェブサイトを立ち上げました。 フォトギャラリーは落ち着いてから充実させて、そのあとは随時更新していくつもりです。スポーツ写真がお好きな方もそうでない方もお時間のあるときにお立ち寄り下さい! また制作にご尽力して頂いたK氏にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。 http://takasutsutomu.com/ ...続きを読む»

長谷部のキャプテンシー。

先日のシリア戦。日本は幸先よく先制ゴールを奪い、不可解な判定で窮地に立たされながらも、決して諦めることなく、何とか勝ち点3を手にしました。まるで90分のショートドラマを見ているような劇的な展開でした。 南アワールドカップのカメルーン戦で、先制ゴールを決めた本田が真っ先に向かったのはベンチに控えるチームメイトの下でした。当時の日本代表の結束の固さを物語るエピソードのひとつです。 そして、シ......続きを読む»

アジアカップ2011開幕。

カタールのドーハに来ています。以前、訪れたのは2008年の最終予選だったので、約2年ちょっとぶりです。昨晩、アジアカップ2011の日本の初戦となったヨルダン戦を取材しました。予想外というか予想通りというか、最後の最後で追いつく心臓に悪い試合でした。 南アフリカのワールドカップ以降、いつになく明るい話題が多かった日本サッカー界。南アでブレイクした本田選手、ブンデスリーガで前期MVPを獲得した香川......続きを読む»

終わりは始まり。

昨晩はプレトリアにてパラグアイ対日本を取材。 日本が破れたとき、僕は肩を組んだ10人の選手たちを見ていた。項垂れる選手たちから一人離れて、バックスタンドに陣取ったサポーターの下へ歩いていく選手がいた。本田だった。僕は機材を抱えて走り出していた。やっとポジションに着いたとき、彼は俯いたままの挨拶を済ませ、メインスタンドへ歩き始めていた。少し遅れて他の選手達がやってきた。PKを外した駒野が松井と阿......続きを読む»

南アフリカの日々。

怒濤の勢いでGLを消化したW杯。決勝トーナメントもあと2試合を残すのみ。 これから日本代表がパラグアイとベスト8を賭けて戦います。 その前にこれまで撮りためた雑観をご紹介させて頂きます。 ※開幕戦のメディアチケット。 ※エリスパークに向かう車窓から。 ※ORタンボ空港での一コマ。 ※エリスパークを空色に染めるアルゼンチンサポーター。 ※宿泊してい......続きを読む»

幸せな午後。

ワールドカップが始まって1週間が経ちました。 この7日間で取材した試合は以下の通りです。 南アフリカvs.メキシコ@ヨハネSC アルゼンチンvs.ナイジェリア@ヨハネEP 日本vs.カメルーン@ブルームフォンテーン ブラジルvs.北朝鮮@ヨハネEP スペインvs.スイス@ダーバン アルゼンチンvs.韓国@ヨハネSC 今日は明日の日本戦に備えてお休みをとりましたが、当然のように......続きを読む»

マラドーナ一家。

昨日はエリスパークで行われたアルゼンチン対ナイジェリアを取材しました。 スタジアムに着いてまず感動したのはスタジアムの雰囲気でした。ダウンタウンにあるという立地、スタジアムの外観、内観、至る所に張り巡らされた横断幕、そして抜けるような青空。。。僕は行ったことがありませんが、死ぬまでに一度は訪ねてみたいと思っているブエノスアイレスのボンボネーラの雰囲気ってこんな感じかなぁと一人ワクワクしてしまい......続きを読む»

南アフリカ。

昨日からヨハネスブルグに来ています。 成田からバンコクまで6時間、トランジットで4時間、バンコクからヨハネスブルグは12時間弱。二度目の訪問ですが、遠い国までやってきた感じがします。 今はサッカーシティスタジアムのプレスセンターにいます。 昨日、今日とADパスやフォトビブスのピックアップ、自炊に必要な食材、調味料、アルコールなどの買い出しで街中を恐る恐る歩いてみました。既に報道されてい......続きを読む»

戦う姿勢。

ワールドカップ前のテストマッチを取材するためにフランクフルトに来ています。 フランク入りしたのは、金曜日の夕方です。 あまり眠れず明けて早朝3時ころ、車でクラーゲンフルトに向かって出発。 国境を越えた辺りから渋滞にはまり、大幅に送れて13時半にクラーゲン到着。 そのままカメルーン対スロバキア、ニュージーランド対セルビアを取材。 翌朝、グラーツへ向けて出発。特に混乱もないまま無事に日......続きを読む»

近況報告と告知。

オリンピック以降とんと更新しておりませんでした。流行のtwitterを始めたからでしょうか。。。 オリンピック以後はJリーグを中心に水泳の日本選手権やインタビュー取材、W杯の準備などをしておりました。この連休はレスリング、シンクロナイズドスイミング、体操を取材する予定です。と、いうことで、相変わらず特筆することもないのでいくつか告知とご報告をさせて頂きたいと思います。 ・グループ展 ......続きを読む»

素敵な夜。

バンクーバーにやってきて2週間が過ぎました。 冬季オリンピックもいよいよ大詰めを迎えようとしています。 上村愛子選手の涙に始まり、長島圭一郎選手と加藤条治選手の表彰台、小林範仁選手の激走、高橋大輔選手の復活、葛西紀明選手の大ジャンプなどなど、数々の名場面を見ることが出来ました。そして、今日、いよいよ、あと1時間もすればフィギュア女子シングルのフリープログラムが始まります。ひっそりと静まりかえ......続きを読む»

歓喜ではなく安堵。

早いもので2009年はアッという間に終わってしまいましたね。 なんだか一年を振り返る余裕もありませんでした。 昨年、僕が一番注視していたアスリートは浅田真央でした。 パリ、モスクワと取材して、年末の全日本選手権も撮影できました。 今期は本来のパフォーマンスからは程遠い内容だったので、 全日本のときはこちらまで緊張しながら撮影に臨んだものでした。 まぁ取材者が緊張しても仕方ないので......続きを読む»

プレーオフ。

ウィーンに来ています。 昨日まで南アフリカのポートエリザベスで日本代表の取材をしていました。ポートエリザベスからヨハネスブルグ、フランクフルト、ウィーンとやってきました。あと一本飛行機を乗り継げば、オシム氏の故郷サラエボ初上陸となります。取材の日程を決めるときに、日本代表に付いて回るのと、欧州のプレーオフを回るのと悩んだ結果、良いとこどりをしようと欲張ってみました。 サラエボを選んだ理由とし......続きを読む»

笑顔で。

パリから一時帰国してモスクワにやってきました。 初日は思ったほど寒くなかったのですが、どんよりとした雲に覆われたモスクワの街はやはり寒かったです。 さて昨晩、ロステレコムカップのフリープログラムが行われました。女子で3位に入賞したアレナ・レオノアの演技がとても印象的でした。勉強不足で存在自体を知らなかったのですが、ロシアンフォークのメロディにのったSPでは、滑るのが楽しくて仕方ないといった感......続きを読む»

氷上の「闘い」。

昨晩は1℃まで冷え込み、東京では考えられないくらいに寒いパリにやってきました。 フィギュアスケートグランプリシリーズ初戦。トロフィーエリックボンバールを取材するためです。日本人選手のエントリーは織田信成、中野友加里、そして浅田真央。注目は何と言っても初戦でいきなり実現した浅田真央とキムヨナの直接対決。メディア的な言い方をするならば「バンクーバーを占う重要な一戦」となります。 五輪の前年は......続きを読む»

欧州サッカー開幕。

火曜日からヨーロッパに来ています。 18日にはフランクフルト経由でバルセロナ、20日にはデュッセルドルフ経由でフェンローまでやってきました。 バルセロナではバルサのカンプノウでのお披露目試合、ジョアンガンペール杯を取材しました。カメラマン的にはチャリティ用のユニフォームでテンションは下がってしまいましたが、注目のメッシーとイブラヒモビッチの初競演を撮影することができました。ズラタンはまだバル......続きを読む»

W杯まで。

昨日は味の素スタジアムに行っていました。 狙いはもちろん石川直宏選手です。 お恥ずかしい話ですが、今期石川選手を注視して試合に臨むのは初です。久しぶりに期待に胸を膨らませながらキックオフの笛を待ちました。果たして開始早々の切り込みとシュートは圧巻でした。 PA付近でボールを受けたときの迷いのなさは、ボールを受ける前からゴールまでのイメージが明確に描かれている証なのでしょう。身体のキレも......続きを読む»

W杯予選という旅。

メルボルンへ行っていました。 今月はソウル経由でタシケントに行き、興奮もないままW杯出場の瞬間に立会い、一時帰国して横浜。そのあとメルボルンにて、3年前のカイザースラウテルンでのリプレーを観ているような試合に立ち会いました。3年前と違ったことは、失望しなかった自分がいたことくらいでしょうか。オシムさんが仰っていた「過度の期待をするから失望する」という言葉が蘇りました。 さて、昨年2月、小雪の......続きを読む»

1 3 4

このブログの記事ランキング

  1. サンドニの悲喜こもごも。
  2. ヨルダン戦を終えて。
  3. 夢を追いかけつつ。
  4. Aくん。
  5. リンクの上の彼女。
  6. 長谷部の言葉。
  7. 夢を泳ぐ。
  8. 写真が好きな写真家。
  9. フィギュアスケート世界選手権を終えて。
  10. 今、僕にできること。

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
06
2013
04
03
2012
10
07
03
2011
12
06
05
03
01
2010
07
06
05
02
01
2009
11
10
08
07
06
04
02
2008
11
09
08
06
05
04
03
01
2007
12
11
10
08
07
05
02
2006
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss