豊浦彰太郎のMLBブログ Baseball Spoken Here!

名門ヤンキース復活なるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年メジャーリーグのレギュラーシーズンの開幕もすぐそこまでやってきました。
これから今年も秋まで熱く長いベースボールの夏が続きます。
今シーズンの見どころはたくさんありますが、私にとってそのひとつがヤンキースの復活なるかどうかです。昨年は’95年から続いたポストシーズン進出が遂にストップしてしましました。

そして、オフには総額4億2300万ドルにもおよぶ大補強でした。
具体的には、CC・サバシアに7年総額1億6000万ドル、マーク・テシエラに8年総額1億8000万ドル、そしてAJ・バーネットに5年総額8250万ドルといったもの凄い内容です。
まさに100年に一度とも言われる大不況も金満ヤンキースにはどこ吹く風です。
一見するとブライアン・キャッシュマンGMはペナントを買うために形振り構わず散財しているように見えます。

しかし、よく見るとヤンキースとキャッシュマンGMのしたたかさが見えてきます。
昨年オフは大補強の陰でジェイソン・ジアンビ、ボビー・アブレユ、マイク・ムッシーナ、カール・パバーノといった高額年俸の選手たちが、契約期間の満了やクラブオプションの破棄、はたまた引退でチームを去っています。
従って一連の大補強にも関わらず今季のヤンキースの年俸総額は昨年からほとんど変化がないのです。
しかも、大補強の目玉であるサバシアとテシエラはその若さ(それぞれ28才と27才)ゆえ彼らの長期契約の最終年に至ってもそれぞれ前任者であるムッシーナやジアンビの現在の年齢より若いのです。

これだけではありません。
振り返ってみると’07年のオフの段階でもヤンキースにはフィル・ヒューズやイアン・ケネディ、ジャバ・チェンバレンらの若手との交換を条件にヨハン・サンタナやCC・サバシアを獲得するチャンスがありましたが、キャッシュマンはそれに応じませんでした。
その結果1年後には(若手の放出という出血を伴わず)CC・サバシアを獲得することに成功したのです。
ここに、FAによる即戦力の獲得と若手の育成の両立という揺るぎない戦略を垣間見ることができます。

余談ですがこの基本方針に変化がない限り今季のオフに契約満了を迎える35才コンビ、ジョニー・デイモンと松井秀喜に契約延長をオファーすることは無いでしょう。

個人的に最も関心があるのは’10年一杯で遂に契約期間が満了となるデレク・ジーターの処遇です。ヤンキースおよびキャッシュマンGMは近年特に守備面での衰えを指摘されることが多いジーターの再契約に応じるでしょうか?
ショートストップとしては見切りを付け一塁あたりにコンバートするという案もテシエラと長期契約を結んでしまった現時点ではもはや選択肢から消えてしまいました。
更に悩ましいのは'11年には順当に行くと殿堂入りのパスポートである3000本安打を達成することになりそうだということです。
当然ビジネス面を考慮するとチームの象徴であるジーターのマイルストーン達成がもたらす経済効果は無視できません。
その段階まで、現在のヤンキースの方針がぶれないままでいるとしたら残念ですがジーターはピンストライプ以外のジャージを着て3000本安打を達成するでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

名門ヤンキース復活なるか?

松井がヤンキースに残れるかは、4・5月の成績によると思います。打撃フォーム(バットの握り方)を長打ねらいのフォームに変更しているためホームランの本数は伸びると
思います。ただ率を280以上を維持していないと放出の可能性があると思います。Aロッドが帰ってくるまでに25~30打点ほしいですね。

名門ヤンキース復活なるか?

ジーターはいい意味でも悪い意味でも今のヤンキースを象徴してると思います。
ちなみにステロイドはいらないですね

名門ヤンキース復活なるか?

何言ってんの!
ジーターいなかったらヤンキースじゃない!!
見せてくれるでしょうよ、まだまだいける。
ポサ&マリアノだって契約したんだから大丈夫です。
新球場だしメンバーも、やっと入れ替わったし注目しよう。
Rodはいつから復帰すんのか、この人の方が心配;
ちなみに松井とデーモンはさよならでしょうね

名門ヤンキース復活なるか?

もはやヤンキースよりレッドソックスの方が格上なのは間違いない、投手力も投打の若さも格が違いすぎる。

こんな記事も読みたい

ファイターズへの評価が低すぎる件について。【義を見てせざるは勇なきなり】

オープン戦終了、いざ開幕へ! 【Behold Base Ball.】

バファローズ対タイガース【巷のスポーツ好き】

ブロガープロフィール

profile-icontoyorashotaro

初めてメジャーに興味を持ったのが'71年のオリオールズ来日
ですから、ファン歴42年!にもなってしまいました。ゲゲゲ・・・

mail : toyorashotaro@yahoo.co.jp
Facebook : http://www.facebook.com/shotaro.toyora

よりコアな内容の有料メルマガ、「Smoke’m Inside!(内角球でケムに巻いてやれ!)」も配信中。月額525円(税込)、申込当月は無料。
http://www.mag2.com/m/0001595757.html

J Sports MLB HPにもコラム「MLB Nation」寄稿中。
http://www.jsports.co.jp/press/column/writer/47/
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:6223143

(09月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「イチロー引き止め、スウィッシャー見送り」なんてあり得る?
  2. さらばシアトルの「51」 イチローの放出はないだろうと思っていた理由
  3. 大谷同様の即渡米組が続出するであろう理由
  4. 村田や浅尾、大島はもっと早く返すべき、マエケンは外すべきだった
  5. クレメンスの復帰理由は野球への情熱?それとも打算?
  6. 松坂はこのまま干される?それともシーズン終盤の秘密兵器?
  7. 全面的には支持できない西岡の解雇要望
  8. 「球児も中島もメジャーで活躍できる」と思う理由
  9. 「世紀の誤審でブレーブスは負けた」のか?
  10. 「A-RODに代打」は正しい用兵 DET@NYY ALCS 第1戦 NHK BSより

月別アーカイブ

2013
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss