南米人的日本サッカーへの応援歌

サッカースキルさえ高ければ海外でも活躍出来ると考えるのは軽率

このエントリーをはてなブックマークに追加

テネリフェ移籍した直後に精神を患った柴崎選手、二度目となる移籍に壮絶な覚悟でブンデスリーガに挑んだにも拘らず出場機会を与えて貰えない宇佐美選手、日本では圧倒的な才能を誇った若手選手が海外移籍して、冷遇されてしまうというパターンはこれまで何度も見てきました。 ロシアW杯最終予選をのラスト2試合を前に、今一度日本人選手の問題点を総括してみたいと思います。

これまで何度も言及している事ですが、サッカー選手として海外移籍するという事は、単にサッカーだけをしていれば良いという事ではありません。 素晴しい才能を持っている選手であっても、その才能を発揮できるか否かは監督の采配次第です。 つまり「使ってもらえる」選手になる事が最も大切な訳です。 芸能界でも一般ビジネスの世界であっても、大成する為に必要なのは人脈や人望、つまりコミュニケーション能力です。 特に海外で日本人が活躍する為には、自分を正しく主張し、条件交渉が出来る能力は必須です。 日本の教育を受けて育つ若者の多くは、この「正しく主張する」というスキルが不足しています。 当方のように、日本の教育とは一線を画して育った者から見れば、日本には 「謙虚で大人しい人」か「強気で傲慢な人」の2種類しか存在しないのでないかと思えるくらいです。 相手をリスペクトしつつ、自分の主張を正確に相手に伝えるという経験が圧倒的に不足している様に思えます。

サッカーはチームスポーツである以上、周囲との協調性を欠く者はチームでの居場所を確保出来ません。これは日本人選手に限った話ではありません。 古くはマラドーナやロマーリオ、カントナ、最近ではバロテッリ等、突出した才能を持ちながらキャリアの晩年を不遇のまま過ごす選手は大勢います。 サッカーのスキルだけで生きて行けるほどサッカー界は特殊な世界ではありません。 サッカークラブも「一つの社会」です。 Jリーグに鳴り物入りで加入してくる海外の大物選手についても同じことが言えます。 Jリーグには「ビッグネーム」というだけで、外国人選手が我が物顔でピッチを駆け回れた時代もありました。 それは高度な戦術を持たず、パワープレイと時代遅れの戦い方が目立った当時の日本サッカー界では、圧倒的にレベルの違うスキルを持った一流選手のプレイは異次元の感覚であり、日本人選手が全く対峙できなかったからです。 小学生のチームにプロ選手が混ざるようなものです。 突出した能力があれば、その「個人技」だけで活躍出来た時代であったと言えます。 しかし、日本サッカーは進化しました。 選手が高度な戦術を理解出来るようになった事、個々の技術力がレベルアップした事で、各クラブの成熟度が上がりました。 大物選手であっても「One of them」に過ぎない時代となった訳です。 そういう時代になった事で、周囲の選手との連携が取れない選手、独断で動く選手はチームに居場所を確保出来なくなりました。 フォルランに代表されるように、どんなに技術力が高い選手であっても、監督が目指すサッカーとは異なるアプローチをする選手は、チームに貢献出来ない訳です。 彼のコミュニケーション能力、日本文化へのリスペクトは素晴らしかったと思います。 しかしながら、チームの戦術にフィットしなかった為に突出した活躍が出来ないまま日本を去る事になりました。 日本人選手も、フォルランの失敗から多くを学ばなければなりません。

宇佐美選手や柴崎選手の才能は疑いの余地がありません。 しかし、メンタル面で多くの問題を抱えていると思います。 当方が海外で暮らしている時に、よく見かけていた、悪い意味での 「THE JAPANESE」と同じような匂いを感じます。

日本では常識であった事は、この国でも常識であると信じて疑わない人、 自分にとっては「異常」な事物であっても現地の人には「日常的な事」だという想像力が働かず、現地の人に対して露骨に拒否感を示す人、 日本を離れたにも関わらず、常に日本の音楽やTV番組を追い求め、日本食ばかり食べ、現地の事を知ろうとしない人、

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のサッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

コンフェデ杯 追記【くうねるサッカー アラウンド】

にしやん松戸ラグビー教室2017-25【Dream Rider  西山淳哉】

バルセロナ、メッシと2021年までの契約延長で合意 12年間で8度目の更新【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

张玉宁がブレーメンへ!「人生でもっとも重要な瞬間」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-21【Dream Rider  西山淳哉】

御嶽山 高地トレーニング!【ソニーHC BRAVIA Ladies ブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2017-24【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-20【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-icontomzoe

2歳から南米で暮らした関係上、サッカーが人生の価値観における基盤となってしまいました。
高校生の時に帰国し、英語圏偏重主義の日本人の「世界観」に猛反発。
大学以降は発展途上国を主戦場に活動する事を誓い、実践して参りました。
これまで住んだ国はペルー、パラグアイ、アメリカ、マレーシア、シンガポール。
上記以外で短期で滞在した国は20カ国以上、人生の半分を海外で暮らして参りました。

2002年大会が自国開催に決定した時は、当時商社のマレーシア駐在員として安定した生活をしておりましたが、周囲の大反対を押し切って帰国。
正社員の立場を捨て、W杯組織委員会の「契約スタッフ」に転職をしてしまいました。
結果的に大会後は
「フリーランス」
という名のプー太郎になるのですが、ナイジェリア、ブラジルなどを担当し、幼少から憧れていた選手の傍で大会を肌で感じ続けることが出来た事を一生の宝物だと割り切って2003年~2006年の貧乏時代を乗り切りました。

2006年ドイツ大会では、失業中にも関わらず、あらゆるコネと駆使してベルリンまで足を運び我が故郷パラグアイの試合を生観戦。
貯金も底をつき、将来を考えると暗雲が立ち込める状況、しかもスタジアムでは7万人のスウェーデンサポーターに囲まれるという超アウェーにも関わらず ARRIVA PARAGUAY と連呼し続け、試合後は周辺にいたスウェーデン人達とマブダチになった事で
「僕もやれば出来る」
と自信を取り戻し、転職活動を再開。
幸いフィンランドの某メーカーに拾ってもらい再び正社員に復帰しました。

生活が安定したのを機に、地域の子供達にサッカーを教えるボランティアコーチを始め、仕事とサッカーの両立を目指して日々格闘中です。

趣味 サッカー・バンド活動(神戸で不定期にライブ活動中)
特技 モノ造り(料理から車まで何でも手作りに拘ります)
弱点 冬(寒さに耐性なさすぎ、、、何せ南半球育ちなので)
自慢 ロベカルやロナウジーニョと食事した事
好きな選手 ロメリート、ロベルト・バッジョ、小野伸二、遠藤保仁、メスト・エジル
  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:582955

(10月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 名将の条件、、「育てる」ファーガソンと「縛る」モイーズ
  2. 何故香川は冷遇されるのか?香川に足りないものと今後の課題
  3. 現代社会における少年サッカー育成の盲点
  4. 日本トップレベルの選手が海外移籍後にスタメンを確保出来ない原因
  5. 選ばれた23名から読み解くザックジャパンが目指す攻撃の在り方
  6. サッカーにマリーシアは必要か?
  7. ザッケローニは名将か愚将か?23人選出目前 
  8. 日本が強豪国に勝てない理由は「代表で戦う」という「重み」の違い
  9. 身体能力ではなく自分で「結論を出せる」選手こそが最も強い
  10. 男子の勝利となでしこの勝利は少し中身が違う

月別アーカイブ

2017
07
06
04
03
2016
10
09
03
02
01
2015
12
06
05
03
02
2014
10
09
07
06
05
04
02
01
2013
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2012
12
08
07
06
05
03
2011
12
10
09
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss