南米人的日本サッカーへの応援歌

トラップの下手な選手は、水が苦手な水泳選手と同義語

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終予選天王山の一つであるアウェーのUAE戦が終わりました。 勝てば官軍、負ければ賊軍という風潮はスポーツの分野を問わず全世界共通であり、マスメディアやサポーターの反応も結果に左右されてしまうのは仕方ない事は理解しています。 ましてや育成年代の試合では無く、A代表、つまり各年代カテゴリーの頂点に位置するチームの試合である以上、結果が全てなのかも知れません。

しかしながら、タイ戦も含めた今回の二試合で、幾つか不安を感じる要素が見受けられたので、整理してみる事にします。

まずはパスミスの多さ。 縦に速いパスで速攻を目指す戦術故なのでしょうが、中盤や最終ラインで日本選手がボールをキープしてこねくり回すプレイは以前よりも減って来ています。 バイタルエリアでモタモタしなくなったのは収穫ですが、しかしながら相手選手のプレッシャーが掛かると、慌てて身近な仲間にショートパスを繋ごうとしてパスミスを犯したり、ロングボールを前線に放り込もうとしてラインを割ってしまう場面は相変わらず見受けられます。 キックの精度が低い事が一因でもある訳ですが、当方は、Jリーグも含めた日本サッカー界全体の問題として、トラップ技術が世界と比べてまだまだ低い点こそが諸悪の根源であると考えます。

当方がコーチをしている少年サッカーチームにおける課題なのですが、ゴールキック、スローイン、ペナルティーキック、GKからのパスなど、マイボールからリスタートする際に、仲間に繋ごうとしたボールが相手選手に渡ってしまうという現象が頻繁に発生します。 マイボールの球を相手に奪いに来られた訳でも無いのにパスミス、トラップミスをしてしまう事で、意図せず相手選手にボールが渡ってしまう訳です。 これはボールを足元に収める技術が未熟である為に発生する現象ですが、トラップこそが全ての技術の基本であると考える当方としては、この点は何としてでも向上させなければいけないポイントであると考えております。 トラップの下手なサッカー選手というのは、戦術的にも何の広がりも生み出せないという危機感を持たなければなりません。

トラップが下手な選手は、足元でボールをコントロールする際に「足元とボール」を見なければなりません。つまりパスを受ける際にLOOK UPが出来なくなる訳です。 必然的に視野が狭まり、スペースの察知、味方の動き出しへの反応も遅れてしまいます。 飛んでくるボールそのものを見なくとも、感覚だけでボールを足元に収め、視野は常に周辺の動向に注視出来るようになれば、パスの展開方法や攻撃の組み立て方に幅が生まれます。 歴代の代表選手では小野伸二、中田英寿、遠藤保仁などがそういったプレイに長けていました。 日本代表選手全員のトラップスキルをヤットやヒデのレベルにまで上げる事が出来れば、メキシコ代表やバルサのような「小柄でも欧州の巨漢に立ち向かえる」という日本が目指しているサッカーが体現できるようになるでしょう。 戦術眼やゲームメイクのスキルは、トラップという「サッカーの基礎技術」無くしては決して上達しないと思います。 以前ブラジルでプロ選手契約を勝ち取った檜垣裕志氏のお話をお伺いした事があるのですが、氏もトラップの重要性を提言しておられました。 当方が南米時代にお世話になった方々も、トラップ技術が明らかに日本人とは別次元だった印象が残っています。 サッカーにおいては、ボールコントロールこそが全ての始まりであり、これを疎かにすると、どんなに裏への飛び出しが上手でも、ドリブルが上手くても、世界と戦う際に互角に渡り合えません。 アジアレベルでは、トラップが雑でもすぐに相手からプレッシャーが来る事が無い為、深刻な問題に至りません。今回の二連戦でも両センターバック、急造ボランチの酒井高徳や酒井宏樹からの前線へのフィードにおいて何度もパスがズレることがありました。 パスキックの精度を上げるのは当然ですが、試合中に相手選手からの強烈なプレッシャーを受ける中で毎回正確にパスコースを選定するのは本当に高度なスキルを必要とします。 スピードのあるアフリカ勢などが相手であれば尚更です。 W杯本戦ではそういった相手と勝負しなければならない以上、パス精度を上げる以上に、受け手のトラップ技術を上げる事は絶対条件です。 欧州に渡った岡崎や久保などのFW陣は、日本にいた頃よりもこのスキルが上達した様に見えますが、それはつまり、トラップ技術の低い選手は欧州では「論外」だからです。 ボールの収め所がたった数センチ前にズレただけではアジアレベルではピンチに直結しないでしょうが、この誤差は、世界レベルでは致命傷になるという意識を持って選手はスキルアップに取り組んで欲しいと願うばかりです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】【FCKSA66】

リッピ「2人の交代は前半の出来に満足しなかったから」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

偶然が呼び込んだ必然の勝利【サッカーバカのブログ】

春のお花見RUNのススメ!【TeamAOYAMAブログ】

どう考えても、今回の予選は厳しい。このグループを勝ち抜くためには、勝ち点20が必要だ。【一般市民のサッカー観戦記】

第60回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

にしやん松戸ラグビー教室2017-12【Dream Rider  西山淳哉】

スピードアップに向けた移行期に行うべきこと【TeamAOYAMAブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontomzoe

2歳から南米で暮らした関係上、サッカーが人生の価値観における基盤となってしまいました。
高校生の時に帰国し、英語圏偏重主義の日本人の「世界観」に猛反発。
大学以降は発展途上国を主戦場に活動する事を誓い、実践して参りました。
これまで住んだ国はペルー、パラグアイ、アメリカ、マレーシア、シンガポール。
上記以外で短期で滞在した国は20カ国以上、人生の半分を海外で暮らして参りました。

2002年大会が自国開催に決定した時は、当時商社のマレーシア駐在員として安定した生活をしておりましたが、周囲の大反対を押し切って帰国。
正社員の立場を捨て、W杯組織委員会の「契約スタッフ」に転職をしてしまいました。
結果的に大会後は
「フリーランス」
という名のプー太郎になるのですが、ナイジェリア、ブラジルなどを担当し、幼少から憧れていた選手の傍で大会を肌で感じ続けることが出来た事を一生の宝物だと割り切って2003年~2006年の貧乏時代を乗り切りました。

2006年ドイツ大会では、失業中にも関わらず、あらゆるコネと駆使してベルリンまで足を運び我が故郷パラグアイの試合を生観戦。
貯金も底をつき、将来を考えると暗雲が立ち込める状況、しかもスタジアムでは7万人のスウェーデンサポーターに囲まれるという超アウェーにも関わらず ARRIVA PARAGUAY と連呼し続け、試合後は周辺にいたスウェーデン人達とマブダチになった事で
「僕もやれば出来る」
と自信を取り戻し、転職活動を再開。
幸いフィンランドの某メーカーに拾ってもらい再び正社員に復帰しました。

生活が安定したのを機に、地域の子供達にサッカーを教えるボランティアコーチを始め、仕事とサッカーの両立を目指して日々格闘中です。

趣味 サッカー・バンド活動(神戸で不定期にライブ活動中)
特技 モノ造り(料理から車まで何でも手作りに拘ります)
弱点 冬(寒さに耐性なさすぎ、、、何せ南半球育ちなので)
自慢 ロベカルやロナウジーニョと食事した事
好きな選手 ロメリート、ロベルト・バッジョ、小野伸二、遠藤保仁、メスト・エジル
  • 昨日のページビュー:37
  • 累計のページビュー:562112

(05月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 名将の条件、、「育てる」ファーガソンと「縛る」モイーズ
  2. 何故香川は冷遇されるのか?香川に足りないものと今後の課題
  3. 現代社会における少年サッカー育成の盲点
  4. 日本トップレベルの選手が海外移籍後にスタメンを確保出来ない原因
  5. 選ばれた23名から読み解くザックジャパンが目指す攻撃の在り方
  6. ザッケローニは名将か愚将か?23人選出目前 
  7. サッカーにマリーシアは必要か?
  8. 身体能力ではなく自分で「結論を出せる」選手こそが最も強い
  9. 日本が強豪国に勝てない理由は「代表で戦う」という「重み」の違い
  10. 男子の勝利となでしこの勝利は少し中身が違う

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
10
09
03
02
01
2015
12
06
05
03
02
2014
10
09
07
06
05
04
02
01
2013
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2012
12
08
07
06
05
03
2011
12
10
09
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss