南米人的日本サッカーへの応援歌

非営利団体としての地方サッカークラブの苦悩

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、当方が指導している少年サッカーチームの担当学年の卒団式がありました。 当方がチームに関わり始めた頃、彼らはまだ幼稚園でした。 それから7年が経ち、教え子達はもうすぐ中学生になります。 長かったような短かったような日々でしたが、当方自身、子供達と一緒に色々と成長する事が出来た事を実感しています。

サッカービジネスや大会運営、選手の移籍や契約に関わるロジスティク業務、通訳などの仕事には若い頃から関わってきましたが、実際にプレイを指導するという機会は、今の所属チームに出会っていなければ一生無かったと思います。 自分がサッカーの指導者になるなんて若い頃は想像も出来ませんでした。 しかし、十分な育児経験があれば、指導者としてもスムーズに入っていける手応えを感じた為、敢えて新しいことに挑戦しようと決意したのが、丁度7年前の春でした。

彼らが小学校2~3年生の頃は、コーチとして本当に辛かった出来事が沢山ありました。 指導方法を巡り他のコーチと意見が合わない事が多々ありました。 当方は、スキルアップに重点を置いた基礎トレーニングを徹底すべきという意見を持っていましたが、多くのコーチは技術指導よりも「楽しくボールを蹴る」という事を重視し、基礎練習はせずにひたすら試合をするという方針でした。 当方は、プレイを楽しむ為には、それなりの技術を有しておかなければならないと考えていましたが、基礎練習には「面白さ」がない為、子供達の集中力が持たない場合が多々あります。 「面白くない事」を「無理矢理やらせる」というスタンスは根性論的であり、我がチームのテーマであるENJOY FOOTBALLの趣旨に合致しないという意見が多勢を占めた為、最終的には当方の考えた基礎メニューはチーム内で実践する事はありませんでした。 とは言え、せっかく勉強した知識を元に編み出した練習メニューだったので、そのままボツにするのは勿体ないと思い、たまに息子と二人の時に近所の公園で練習する程度に活用しました。 そのお陰で息子の足元の技術はかなり向上したので、当方が考えたメニューは、小学生に対する指導内容としては決して間違っていなかったと自負しています。 芸術にしろ、語学にしろ、スポーツにしろ、一定以上の技術を手に入れる為には、地道にコツコツと練習する時間は必ず必要だと当方は考えています。 最近人気の「聞き流すだけの勉強法」などは、その手軽さが受けていますが、本当に何かを習得したいのであれば、「~しながら」ではなく「ガッツリを真正面から向き合う」という努力を怠ってはいけないと考える次第です。 勿論「~しながら」学習法を全面否定はしません。 しかし、片手間で学んだ事は、基礎的なレベル以上の習得には至らず、表面的にさらっと触れる程度にしか身に付かないと思います。 高いレベルで習得したいのであれば、一定の時間、心と頭を、その対象に向け、真剣に取り組む必要があると考えています。 当方が英語を習得した際は、24時間真剣に課題と向き合い、夢でうなされるくらいに英語漬けになりました。24時間集中し続けた結果、3ヵ月で海外での日常生活に支障を来さないレベルまで達する事が出来ましたが、同じレベルを駅前留学などの語学学校に通いながら達成しようとしたら2年以上掛かったと思います。もしかしたら2年費やしても、そのレベルに達しなかったかも知れません。 息子はサッカーが上手になりたいと考えていた為、当方は一定の時間を費やさなければ習得できない実技テクニックを指導しましたが、彼は寡黙に練習に取り組み、見事にそのテクニックを習得しました。 人は、どれだけ真剣に物事と向き合えるかで人生が変わってくると思う次第です。

コーチ業の話に戻ると、コーチを続ければ続ける程、徐々にピッチに立って指導する事よりも、チーム運営に関わる事務仕事が増えてきて、その業務に忙殺された結果、家庭生活や本業にも悪影響を及ぼし始めました。 当方が元々そういった事務方の業務が苦手だったという事も影響しているのですが、本気でコーチを辞めようと考えるようになった原因は、こういった事務仕事の負荷に耐えられなくなってきたからです。 しかし子供達が4年生になる頃に、一人のコーチが事務方に就任して下さり、当方の負担が大幅に減った事でピッチ上での練習メニュー作りや戦術指導に専念出来るようになった事で、元々の目的である「子供達にサッカーを教える」という仕事に戻る事が出来るようになり、コーチを辞めずに済みました。 素人集団のボランティアサッカークラブ、つまり常勤スタッフが居ないクラブチームを運営していく厳しさを肌で感じた日々でした。 通常のクラブチームであれば、練習日程の作成や練習場の整備確保、関係者や選手への連絡、集金、備品配布などを担当する事務方スタッフがいます。 しかし、我々のような保護者集団が自発的に動く事で成り立っているクラブに置いては、事務方の調整業務は全て自分達で行わなければなりません。 当然、殆どのコーチやスタッフには本業があります。 よって本業の合間に、こういった仕事を行わなければならない訳です。 当方がコーチに就任して以降、ピッチでどのようなメニューで指導するのかという事案よりも、この事務方の仕事をどうやってこなしていくかという事案に頭を悩ませ続ける日々でした。 普段はピッチで有益なメニューを実践する為に、数多くの文献を読み込む日々でした。海外の指導書についてもドイツ、スペイン、イタリアなど国によって異なる特色を持つ指導書は辞書片手に翻訳して読み込み、日本サッカー協会公認の資格を取得し、指導者としてのスキルアップに努めてきましたが、それだけでは、ボランティアクラブの運営は不可能だという事を痛感せざるを得ませんでした。 指導者としてのスキルよりも、組織運営、経営者としてのスキルの方が遥かに重要だった訳です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
育成論
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【昨年と類似点多し】非公式MDP122【結果だけはそうさせん】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

今年8年目【走れ!!ソニー仙台FC】

連敗スタートの奈良クラブ - JFL開幕【巷のスポーツ好き】

大事なレースに向けて【TeamAOYAMAブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2017-10【Dream Rider  西山淳哉】

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(5)【運動科楽からスポーツ再考!!】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-7【Dream Rider  西山淳哉】

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(4)【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-icontomzoe

2歳から南米で暮らした関係上、サッカーが人生の価値観における基盤となってしまいました。
高校生の時に帰国し、英語圏偏重主義の日本人の「世界観」に猛反発。
大学以降は発展途上国を主戦場に活動する事を誓い、実践して参りました。
これまで住んだ国はペルー、パラグアイ、アメリカ、マレーシア、シンガポール。
上記以外で短期で滞在した国は20カ国以上、人生の半分を海外で暮らして参りました。

2002年大会が自国開催に決定した時は、当時商社のマレーシア駐在員として安定した生活をしておりましたが、周囲の大反対を押し切って帰国。
正社員の立場を捨て、W杯組織委員会の「契約スタッフ」に転職をしてしまいました。
結果的に大会後は
「フリーランス」
という名のプー太郎になるのですが、ナイジェリア、ブラジルなどを担当し、幼少から憧れていた選手の傍で大会を肌で感じ続けることが出来た事を一生の宝物だと割り切って2003年~2006年の貧乏時代を乗り切りました。

2006年ドイツ大会では、失業中にも関わらず、あらゆるコネと駆使してベルリンまで足を運び我が故郷パラグアイの試合を生観戦。
貯金も底をつき、将来を考えると暗雲が立ち込める状況、しかもスタジアムでは7万人のスウェーデンサポーターに囲まれるという超アウェーにも関わらず ARRIVA PARAGUAY と連呼し続け、試合後は周辺にいたスウェーデン人達とマブダチになった事で
「僕もやれば出来る」
と自信を取り戻し、転職活動を再開。
幸いフィンランドの某メーカーに拾ってもらい再び正社員に復帰しました。

生活が安定したのを機に、地域の子供達にサッカーを教えるボランティアコーチを始め、仕事とサッカーの両立を目指して日々格闘中です。

趣味 サッカー・バンド活動(神戸で不定期にライブ活動中)
特技 モノ造り(料理から車まで何でも手作りに拘ります)
弱点 冬(寒さに耐性なさすぎ、、、何せ南半球育ちなので)
自慢 ロベカルやロナウジーニョと食事した事
好きな選手 ロメリート、ロベルト・バッジョ、小野伸二、遠藤保仁、メスト・エジル
  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:584727

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 名将の条件、、「育てる」ファーガソンと「縛る」モイーズ
  2. 何故香川は冷遇されるのか?香川に足りないものと今後の課題
  3. 現代社会における少年サッカー育成の盲点
  4. 日本トップレベルの選手が海外移籍後にスタメンを確保出来ない原因
  5. 選ばれた23名から読み解くザックジャパンが目指す攻撃の在り方
  6. サッカーにマリーシアは必要か?
  7. ザッケローニは名将か愚将か?23人選出目前 
  8. 日本が強豪国に勝てない理由は「代表で戦う」という「重み」の違い
  9. 身体能力ではなく自分で「結論を出せる」選手こそが最も強い
  10. 男子の勝利となでしこの勝利は少し中身が違う

月別アーカイブ

2017
07
06
04
03
2016
10
09
03
02
01
2015
12
06
05
03
02
2014
10
09
07
06
05
04
02
01
2013
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2012
12
08
07
06
05
03
2011
12
10
09
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss