Realmadrid,realMadrid

Realmadrid ー El Clásico y El plan de Khedira ー

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーガ第10節は伝統の一戦「エル・クラシコ」舞台はカンプ・ノウ。
この日のマドリーは奇妙な布陣を敷いてきていた。

【開始時】
tomovelazquez-439614.png
【終了時】
tomovelazquez-439615.png
最近披露される機会の多い4−3−3システム。 中盤底にアンカーを置き、両サイドは中央へ、サイド攻撃はサイドバックが担うというもの。 この日のマドリーも文字面ではいつもの4−3−3だった。 ただし、アンカーにはセルヒオ・ラモス。 この衝撃は多くのマドリディスタも感じた事だろう。 これまでの流れを汲めばそこにいるべきはペペなはず。でも、ペペじゃない。 ssfm1902さんのアンチェロッティ監督の試合後の会見からも 分かる通り、監督はよりバランスを模索した結果のセルヒオということだった。 より強く、より速く相手をチェックし且つ空中戦でも優位に立とうという 狙いがあってのカピタンの起用なのだろうが、早々にアマリージャをくらい 交代まで持ち味を出せたとは言い難い。 今後も継続され得る形なのかは正直分からない所だが、 ここ一番での中盤の守備力向上には少なくない効果をもたらすだろう。 次にベイルのCF起用に関して。 個人的には一度は試して欲しいと願っていたベイルのCFがようやっと見られたと言う感じ。 ただ、今回に関してはブスケッツへのプレッシャーありきの起用であった。 チャンピンズリーグのユベントス戦でベンゼマがピルロへそうしたと同じ様に。 ではなぜベンゼマではなくベイルだったのか。 バルセロナのスタイル的に始まりの段階から前線のスペースを享受出来るだろうと 判断しての事だろうと考えている。 またある程度の高さと右サイドに流れてそこから中へ入っての左足強蹴を期待して。 そんな彼の何度となくゴールを狙う姿勢にはこれからの楽しみを見出せた。 リクエストをするとすれば、右へ流れた時のSBやインサイドハーフとの 絡みからの起点作り、サイド攻略の連携を高めて欲しいと言う事。 そして、今回のメインディッシュはサブタイトルにもある『ケディラプラン』 2010年ワールドカップ、怪我のバラックの代役として南アフリカで躍動し、 モウリーニョが獲得を望みマドリーの歴史の仲間入りを果たしたサミ・ケディラ。 入団当初は、ピッチを縦横無尽に駆けスペースを埋め、チェックで芽を摘み、 空中戦では体を張って「守備の」ケディラであった。 2年目以降はモウリーニョ監督との話し合いの末、攻撃の色も強めて行くようになる。 当時、攻撃の引き出しが少ないマドリーにとって彼のダイナミックな縦へのランニングは 効果を示し、ケディラを囮として周りが活きているような試合も見られるようになった。 しかし、だ。 元より足元の技術に関してはチームの下からカウントした方が早いレベル。 同胞エジルのフォローでそれなりの事は出来ていたはず、だった。 前線へ顔出し始めて、フィニッシュにもしくはその一つ前のプレーに 絡む回数が圧倒的には増えたがアシストやゴールには結びつかない。 ここでジレンマが生じる。 「チャンスを生む事が正義なのか、ゴールに結びつかないのが悪なのか」 そして同時に守備におけるケディラの穴が露呈される形となった。 当時コンビを組んでいたシャビ・アロンソの守備負担が増大したのだ。 攻め上がるケディラのスペースと自分のエリア両方を見るのはさすがに無理な話。 多くのマドリディスタもまずは守備をと感じていた。そして今もそう感じている。 ケディラのフォローをするわけではないが、であればチームとしてケディラのタスクを 明確に守備に設定すれば良いのではないかと思う。 彼の性格上、そう指示されれば完遂出来ると思うし、そこで監督の意に反し、 何が何でも俺がアシストを、俺がゴールをというような男ではない。 でも、そういったチームの意志は見られない。 モウリーニョ監督時代の攻撃陣の閉塞感から生まれたケディラの攻撃参加は、 監督がアンチェロッティに変わったこの時代にもそれは確かに存在する。 なぜ、チーム作りの段階でこの課題を放置してしまったのだろうかと。 それは、やはりまだ新しいメンバーでの攻撃の形が構築出来ていないと言う事なのだろう。 色は出せて入るが、確固たるデフォルトには昇華しきれていないのだ。 アンチェロッティは以前、攻撃において動きがない事が致命的だと言っている。 ケディラ以外がケディラよりも攻撃時に動けば何かしらの変化も出るだろうし、 個性的で魅力ある攻撃陣を縁の下から支えるあの日のケディラに戻れるのではと感じている。 スキルがないとケディラ個人を糾弾するのは容易い。 しかし、そこへ至ったチームの意図や新体制でも手をつけなかった意図に 目を向けずして真理は見出せるのだろうか。 彼の周辺は今冬のマーケットでいささかざわついている。 エル・ブランコの外に居場所を求める事もできるだろう。 天国か地獄か。 『ケディラプラン』は今、最後の審判にかけられた。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Realmadrid
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バルセロナがレアルマドリーとの勝ち点差を広げる【巨人 大鵬 卵焼き】

13/14 プレミア Week9 vsクリスタルパレス【Gunners & Gooner】

アーセナル×ドルトムント戦を振り返る。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-icontomovelazquez

息子と2人でサッカー観戦に興じることを夢見るマドリディスタの観戦記です。
twitterで観戦中やその他でつぶやいてもいます。
ツイキャスで実況配信、サッカー漫談、映画談話もやったりしてます。

twitter ⇒
https://twitter.com/tomovelazquez

ツイキャス ⇒
http://twitcasting.tv/tomovelazquez
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:117790

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Realmadrid ー El Clásico y El plan de Khedira ー
  2. Realmadrid 2013-14 ¡Vamos a cantar y bailar!
  3. 私的EURO2012ベストイレブン
  4. Realmadrid ー El Derbi MadrileñoとCarlo's4-4-2 ー
  5. Realmadrid ー Comienza Journey ー
  6. Realmadrid ー Antes el Derbi Madrileño ー
  7. El Derbi madrileño
  8. カパロスの憂鬱 Realmadrid vs Levante
  9. Realmadrid ークラシコからCLへー
  10. そうするしかなかったコパクラシコ

月別アーカイブ

2014
03
2013
10
09
08
2012
12
07
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss