Realmadrid,realMadrid

そうするしかなかったコパクラシコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コパクラシコ準々決勝第一戦@サンティアゴ・ベルナベウ。

マドリーはペペを中盤に、アルティントップを右SBに、久しぶりのカルバーリョをCBに先発させた。
形は昨シーズンも対バルセロナでみせた4-3-3の守備的トリボーテ。

バルセロナはGKがピントになったくらいで後はいつものメンバー。
戦前の予想に頻繁にあがっていた3-4-3でのスタートではなく4-3-3というお馴染みの鉄板型。

僕が予想したマドリー式3-4-3は実現しなかった訳で。
実現するとはそれほど思っていなかった訳で。

先のリーガで実践した真っ向勝負は今回は選択しなかった。
故に夢見る少女からの脱却を図ったマドリー。結果的にこれが得点を生み、戸惑いをもたらし、さらなるジレンマを生み出し、トラウマをまた成長させてしまった。

バルセロナ相手に保持して何とかしようというプランは端から捨て去った事は認めてもよいと思う。
これまでのクラシコやマドリーの現状を鑑みると最善の策だったと思う。
やり合わない。
でも、ビルバオやベティスやエスパニョール、バレンシアは引かずにやり合ったじゃないかという意見は結構存在する。

これに対しては、クラシコだからじゃないのかなとしか答えられない。
または、もはやマドリーはバルセロナのお得意様なので、彼等にはすこぶる良いイメージしかなく精神的にも大分余裕を持った状態で臨めるからじゃないかなという答えしか浮かばない。
アウベスのコメントからも分かる通り、彼らはクラシコを「楽しんでいる」
。
伝統と緊張と話題性に富む戦いにおいて、「楽しむ」というフレーズが出る状態なのがバルセロナ。もっと言えば「楽しむ術」を持っているバルセロナなのである。

一方、マドリーはパシージョの栄光以降、燦燦たる結果に苦しめられている。
そこには監督の交代だったり、フロント問題だったりと現選手・スタッフの知らぬ存ぜぬ部分(同情に値する部分)という負の遺産もある。
見事なまでにその負を背負い込んでしまっているように感じるマドリー。
マドリーは精神的に脆弱しきっており、さらにはマドリーらしさを模索、構築している状態である。


あまり精神論を語るのはダメだよなと感じたので試合の方へ。
前述の通り、マドリーが取った試合の入り方は良かったと思う。こと守備に関してはって事だが。
前プレはしないで、CBには自由に持たせてる事を選んだマドリー。ピケからは何本も前線に供給されるが、体をしっかりぶつけて飛び出すアレクシス、メッシをなんとか抑えていた。
プレスのスタートは大体ハーフライン。リトリートして4-1-4は徹底しようというチームとしての意思統一。中盤はフィジカル押しでチェックし、ペペが余ってフォローに入る、前線はプレスバックして網にかける作戦。
ロナウドの守備の意識は嬉しい誤算だった。バルセロナにとってはいざと言う時の3-4-3にしずらい厄介な存在だったと思う。
これまでのロナウドの『攻撃』でアウベスを無効化しようという考えを改めて、ロナウドの『守備』で無効化に挑んだ事はこの試合ワクワクした出来事の内の一つ。

ここいらで、大一番でSBを任されたどこでも屋さんアルティントップの守備その他について。
彼をあの位置に置く時点で、ガッツリ守るという意図はないだろう。怪我明けにも関わらずカルバーリョを隣につけた事には、彼の経験則でアルティントップの守りのケアをしようということなのだと思う。あとペペの鬼戻りも添えて。
それに対面がイニエスタだ。どう間違っても有利ではない。多分誰がそこについてもある程度は抜かれただろうし、カットインされたと思う。それだけイニエスタって男は凄いんだぞと。
そんな状況でも、チンチンにやられなかったアルティントップは及第点を与えてもよいと思う。
それに何気に攻撃でもしばしボールを前に運んでいた。ただ、運んでからのパスの精度がひっくり返るくらい悪かった。攻撃時のフォローもほぼ無いと言う可哀想な面もあったけれども。
一つのオプションとして今後も持って良いのではと思う。

そんなアルティントップのフォローもちゃんと出来るくらいコンパクトさを守備面で築いていたマドリー。
そのコンパクトな網で奪い、一気にカウンターで特攻するロナウド、そしてゴール。
理想的なゴールだった。

失点後のバルセロナはすぐに3-4-3にシフトするかなと思ったけれどもしなかった。替わりに鬼プレスをさらに鬼にした。
僕の考えに、テクニックでボールをまわし続ける事が高いポゼッションを生むのではなく、精度と密度の高いプレスがポゼッションを生むというのがあって。でもこの話は別日に。
プレスをかけ続け、マドリーを自陣に追いやることに成功した中で奪ったCKの機会。
完全にペペが見失った。クラシコにおいて決して見失ってはいけない漢(おとこ)を。
バルセロナの魂、プジョルのダイビングヘッドで同点に。

同点に追いつかれたマドリーはピッチ上で迷子になった。
母親とはぐれた子供のようにただただ途方に暮れた。大人だから泣かなかっただけ。
ピッチに母親はいないがピッチの外には監督がいる。
1-1の状況で特に指示らしきものは出ていないと記憶している。

そして、マドリーの自滅が始まった。
前半、前プレを控えてスペースを埋めてプレスバックで網にかける守備展開をみせたマドリー。
これが一切なくなった。
前の3人はとバルセロナのDFに猛進して行った。それに対してマドリーの中盤以下は呼応しない。対岸の火事の如く、自陣で見守っている。
マドリーの守備の意思統一は崩れ、プレスはかわされ、ずらされ、スペースを作られ、そして支配された。それは点がいつ入ってもおかしくないような支配で、前半のそれとは異質なものだった。

そして、アビダルに裏を取られて1-2となる。

プレスをかける位置のチームとしての意思疎通、約束事はそこに存在していたのか聞いてみたいものだ。
間違いなくこのプレスを位置を変えてしまったことがこの試合の分岐点になったと思う。


ふー、第二戦は苦しくなった。また精神的なダメージが大きくなっただろう。

今度、どうやったバルセロナ相手にボールを運んでシュートチャンスを作れるのか考えてみます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Realmadrid
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

コパデルレイ準々決勝第1戦 vバルセロナ【レアルマドリードのある生活】

国王杯クラシコ:マルカ紙ぺぺに異例の0点の採点【ジョルディのバルセロナ通信】

ユベントス最悪の契約ワースト10【ユヴェンティーノのぼやき】

ブロガープロフィール

profile-icontomovelazquez

息子と2人でサッカー観戦に興じることを夢見るマドリディスタの観戦記です。
twitterで観戦中やその他でつぶやいてもいます。
ツイキャスで実況配信、サッカー漫談、映画談話もやったりしてます。

twitter ⇒
https://twitter.com/tomovelazquez

ツイキャス ⇒
http://twitcasting.tv/tomovelazquez
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:117791

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Realmadrid ー El Clásico y El plan de Khedira ー
  2. Realmadrid 2013-14 ¡Vamos a cantar y bailar!
  3. 私的EURO2012ベストイレブン
  4. Realmadrid ー El Derbi MadrileñoとCarlo's4-4-2 ー
  5. Realmadrid ー Comienza Journey ー
  6. Realmadrid ー Antes el Derbi Madrileño ー
  7. El Derbi madrileño
  8. カパロスの憂鬱 Realmadrid vs Levante
  9. Realmadrid ークラシコからCLへー
  10. そうするしかなかったコパクラシコ

月別アーカイブ

2014
03
2013
10
09
08
2012
12
07
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss