ある美なる日々

J1第2節新潟×大宮:悔しい逆転負け

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012Jリーグディビジョン1第2節
アルビレックス新潟 0-1 大宮アルディージャ
2012/03/17 14:03 東北電力ビッグスワンスタジアム
【入場者数】26,294人【天候】雨 11.0℃ 68%
【主審】松村和彦【副審】前之園晴廣/蒲澤淳一
【新潟】GK(30)小澤英明 DF(25)村上佑介/(4)鈴木大輔/(3)大井健太郎/(19)金珍洙[63'→(5)石川直樹]  MF(6)三門雄大/(15)本間勲/(23)田中亜土夢[84'→(26)小谷野顕治]/(18)アラン・ミネイロ[71'→(14)平井将生] FW(9)矢野貴章/(11)ブルーノ・ロペス 監督:黒崎久志  
【大宮】GK(1)北野貴之 DF(26)村上和弘/(2)菊地光将/(20)金英權/(22)下平匠 MF(13)渡邉大剛/(6)青木拓矢/(5)カルリーニョス/(9)曺永哲[81'→(16)金久保順](8)東慶悟[74'→(7)上田康太]  FW(10)ラファエル[88'→長谷川悠] 監督:鈴木淳
【新潟得点】20'ブルーノ・ロペス
【大宮得点】68'菊地光将、83'ラファエル

 2012年初のホームゲーム、気温はやや高めながら雨模様のビッグスワンスタジアムである。前節アウェーで川崎フロンターレに0-1と敗戦。今日は負けられない一戦であるのは、大宮が前新潟監督の鈴木淳氏であるだけでなく、昨年まで新潟で活躍したチョ・ヨンチョルが大宮に移籍したという因縁もある。

 試合開始から新潟のパスワークがつながり、押せ押せムードで進む。20分には右サイドを駆け上がった村上からのロングフィードがブルーノ・ロペスに渡り、ヘッドでゴール。幸先よく先制する。その後もチャンスを何度も作り出すものの、なかなかシュートまで行けない。1-0のまま前半終了となる。

 後半も新潟が主導権を握るが、68分に相手コーナーキックの流れから失点する。ここから新潟も再度攻め立てるが、83分にカウンターからラファエルに決められて逆転され、そのまま試合終了となる。

 前線からの厳しいプレス、試合を優位に進めながら肝心の得点が奪えず、後半足が止まったところで失点、という昨年の悪いパターンが今年もぬぐい去れていないという厳しい試合になってしまった。誰もが手を抜かず、全力でプレーをしていても、勝利に手が届かない、そんなゲームだった。あとはどうやって得点をとるか、だけなのだが。 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

地上戦vs空中戦【さっかーいずまいらいふ。】

One Soul【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

選手起用はいかに。~ナビ予選アウェイ鳥栖戦プレビュー~【J特】【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

シンガポール・ユース代表・訪日日記(7)【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

【J1・2節】_新潟vs大宮~痛恨の逆転負け!【サッカー観戦記です。】

第1回 FOOTWORKINGを開催しました!【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

S.League 5th leg, vs Harimau Muda【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポール・ユース代表・訪日日記(6)【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

ブロガープロフィール

profile-icontomos_sports

ハンドルネームTomo。新潟市在住55歳。スポーツは見る専門のシロウト。
2001年に新潟で開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦を見たことがきっかけで地元のサッカーを見始め、アルビレックス新潟のJ1昇格という最も甘美な瞬間を体験する一方、バスケットボールの新潟アルビレックスも観戦。ローカリズムを大切にしアウェーツアーでの地元グルメをこよなく愛す。
mailto:tomos@tomo-s.com
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:215275

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本1-2コートジボワール
  2. 西村雄一氏はW杯決勝に起用されるのか
  3. ワールドカップ開幕戦の日本人審判
  4. 企業スポーツの衰退となでしこの行方
  5. 国際ユースサッカーin新潟
  6. 天皇杯3回戦「新潟×松本山雅」:松田直樹の魂が松本に勝利をもたらした
  7. 山形:降格したら監督は解任、でいいのか?
  8. 全日本女子サッカー決勝「神戸×新潟」:力及ばず準優勝。でも、国立には愛が満ちていた。
  9. J1第31節「柏×新潟」:柏の強さは本物だった
  10. なでしこL第2節「新潟×神戸」:澤穂希に脱帽でした

月別アーカイブ

2014
07
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss