ある美なる日々

アルビレックス新潟から来場ポイント特典が来たよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルビレックス新潟から来場ポイント特典としてトレーディングカードとピンバッジが贈られてきた。同封されていたシーズン成績の一覧表をみると、リーグ戦は34試合、ヤマザキナビスコカップが3試合、全部で37試合のうち、26試合で来場ポイントがつき、合計430ポイントとなっている。しかし、アウェー戦でシーズンパスを忘れた試合が2試合、ホームでいつもの指定席にいかずにNスタンドで観戦した試合があったので、実際には29試合観戦している。そしてチケットを買ったのに、ゴールデンウィークの渋滞でたどりつけなかったセレッソ戦もあったなあ。などと、思い返す。驚いたことにホームゲームは全部見ていた。たぶん、アルビレックスの試合を見始めた2000年以来、これは初めてのことだと思う。大抵なにかの都合でホーム観戦できないことがあった。さらに、勝ったゲームは全部見ていた。まあ11試合しか勝っていないのだけれども。

 天皇杯が早々と敗退したので、チームはすでにストーブリーグとなっていて、既にチョ・ヨンチョルの大宮への移籍と、酒井高徳のドイツリーグ・シュツットガルトへの期限付き移籍が発表され、ブルーノ・ロペスも他チームが狙っているらしいし、例年のことだが、主力選手の流出が話題になっている。そうそう、千葉和彦も広島に移籍だね。

 一方、鹿島から小谷野顕治が入ることになった。どっちにしろ新潟は大枚はたいて有力選手をとる力はないので、地道に意気のいい若手をとって育てるしか道はない。ひょっとしてドイツ・フライブルクを退団した矢野キショーが戻ってくるかもしれないけれども、それにしたって大型補強ってわけじゃないし。将来性のある若手ならばいっぱいいるので、そういう選手をどんどん使って成長を見届けるというのもサポーターの喜びではある。どっちにしろ、ローカルサポーターってものは、チームが弱いからといって、他所のチームを応援したりはしない。だけど、つまらない試合ばっかりしていれば、観客はこの先もどんどん減っていくだろう。勝つことも大事だけど、とにかく、観ていて楽しい、わくわくするような試合を来年も沢山見たい。それだけだ。

tomos_sports-291342.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アルビレックス新潟から来場ポイント特典が来たよ

来季から、Jリーグもドイツを手本に、クラブライセンス制度を
スタートさせます。

この制度のポイントが3つ。1)健全なクラブ経営2)育成システムの充実3)スタジアム等施設の充実を挙げています。

2)と3)については、新潟は問題なしです。

残る1)健全なクラブ経営とは、自力で利益を出し、黒字経営を
続けること。日本特有の大企業の子会社クラブも、
親会社から、赤字の損失補填を受けられなくなります。

だから、今回のヨンチョル移籍に、大宮は1億円といわれる移籍金を支払ったようですが、
来季からは、その1億円は、自前で稼がなければならなくなります。

では、何が収入源になるかというと、大きなウエイトを占めるのが、観客からの入場料収入ということになります。

だから、ドイツの各クラブは、努力して、ヨーロッパで最も観客動員数が多いリーグになったんです。

これからの新潟は、文字通り大きくなって、ビッククラブへ成長できる可能性が出てきたんです。

こんな記事も読みたい

【天皇杯 準々決勝、結果と(動画)】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

サガン鳥栖移籍情報等まとめ~其の三【ゆるく、楽しく、スポーツ観戦】

9/18が交代【Vamos la fútbol】

【白鳥城の騒霊】ゴートク、ドイツへ旅立つ。【白鳥城の騒霊】

シモのポルトガルへの挑戦【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

【アルビ】_千葉選手がサンフレッチェへ完全移籍【サッカー観戦記です。】

【アルビ】_黒崎監督続投決定。【サッカー観戦記です。】

今年もベレネンセスに挑戦!【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

ブロガープロフィール

profile-icontomos_sports

ハンドルネームTomo。新潟市在住55歳。スポーツは見る専門のシロウト。
2001年に新潟で開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦を見たことがきっかけで地元のサッカーを見始め、アルビレックス新潟のJ1昇格という最も甘美な瞬間を体験する一方、バスケットボールの新潟アルビレックスも観戦。ローカリズムを大切にしアウェーツアーでの地元グルメをこよなく愛す。
mailto:tomos@tomo-s.com
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:215275

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本1-2コートジボワール
  2. 西村雄一氏はW杯決勝に起用されるのか
  3. ワールドカップ開幕戦の日本人審判
  4. 企業スポーツの衰退となでしこの行方
  5. 国際ユースサッカーin新潟
  6. 天皇杯3回戦「新潟×松本山雅」:松田直樹の魂が松本に勝利をもたらした
  7. 山形:降格したら監督は解任、でいいのか?
  8. 全日本女子サッカー決勝「神戸×新潟」:力及ばず準優勝。でも、国立には愛が満ちていた。
  9. J1第31節「柏×新潟」:柏の強さは本物だった
  10. なでしこL第2節「新潟×神戸」:澤穂希に脱帽でした

月別アーカイブ

2014
07
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss