ある美なる日々

天皇杯の会場決定、富山ってどうよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇杯の4回戦以降のスタジアムが決まった。

4回戦(12月17日)
(1)瑞穂陸 名古屋×柏
(2)富山  横浜FM×松本山雅
(3)丸亀  鹿島×京都
(4)等々力 川崎×湘南
(5)Ksスタ 水戸×FC東京
(6)熊谷陸 愛媛×浦和
(7)金鳥ス C大阪×仙台
(8)アウスタ 清水×千葉

準々決勝(12月24日)
 (9)瑞穂陸 (1)×(2)
(10)等々力 (3)×(4)
(11)熊谷陸 (5)×(6)
(12)長居  (7)×(8)

準決勝(12月29日)
国立  (9)×(10)  
長居 (11)×(12)

決勝(1月1日)
国立

 こうしてみると、名古屋・川崎・C大阪は準々決勝までホームスタジアムで戦うことができるわけで、このスケジュールを組んだ人々の意向を垣間見るようである。

 ところで、(2)の横浜FM×松本山雅という4回戦屈指の注目カードが富山開催というのは選手はもとより、サポーター、そして、取材陣にとっても過酷なスケジュールとなることが予想される。12月の北陸地方はほとんど晴れることがない。多分雨か雪で、下手をすると暴風に見舞われかねない。地域割りを考えたのだろうけれども、富山は首都圏からのアクセスもあまり良くないが、松本からだって首都圏からと同様にアクセスは良くない。どうせなら、松本アルウィンか、首都圏開催にしたほうが良かったのではないだろうか。

 12月や1月にサッカーをやるというのは、東京のように気候の安定する地域では良いが、降雪地帯や北国ではかなり厳しい。この試合はそういった地域の特性を大会関係者や報道陣が痛感する試合となる可能性も高い。本当にご苦労さまである。

 4回戦の本当の注目試合は(1)の名古屋×柏だろう。現在Jリーグで優勝争いをしているチーム。天皇杯の時点では既にリーグ優勝の結果は出ているわけだけれども、その優勝を争った両チームが再び激突するわけだ。

 今回興味深いのはJ2勢が6チーム残っていること。相手が大学生だった湘南は別としてその他はいずれもJ1勢を破って勝ちあがっている。近年J1とJ2もそれほど力の差がなくなっていることと、3回戦がJ1の中断期間に当たってリズムを崩したチームがあったことが原因ではないかと思う。

 いずれにせよ、我がアルビレックス新潟を破った松本山雅がどこまで勝ち進めるか、大いに楽しみな4回戦である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

極私的ライバルガイド(パイオニア川越編)【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

李、川島、長谷部、圭佑、ドキュメント?4つまとめて感想【萌え尽き日記(蹴球館)】

JFL復興支援試合結果【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-icontomos_sports

ハンドルネームTomo。新潟市在住55歳。スポーツは見る専門のシロウト。
2001年に新潟で開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦を見たことがきっかけで地元のサッカーを見始め、アルビレックス新潟のJ1昇格という最も甘美な瞬間を体験する一方、バスケットボールの新潟アルビレックスも観戦。ローカリズムを大切にしアウェーツアーでの地元グルメをこよなく愛す。
mailto:tomos@tomo-s.com
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:215275

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本1-2コートジボワール
  2. 西村雄一氏はW杯決勝に起用されるのか
  3. ワールドカップ開幕戦の日本人審判
  4. 企業スポーツの衰退となでしこの行方
  5. 国際ユースサッカーin新潟
  6. 天皇杯3回戦「新潟×松本山雅」:松田直樹の魂が松本に勝利をもたらした
  7. 山形:降格したら監督は解任、でいいのか?
  8. 全日本女子サッカー決勝「神戸×新潟」:力及ばず準優勝。でも、国立には愛が満ちていた。
  9. J1第31節「柏×新潟」:柏の強さは本物だった
  10. なでしこL第2節「新潟×神戸」:澤穂希に脱帽でした

月別アーカイブ

2014
07
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss