ある美なる日々

天皇杯2回戦「新潟×富山新庄クラブ」:新潟順当に勝ち進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦(31)
アルビレックス新潟(J1)5ー0富山新庄クラブ(富山県代表)
2011/10/12(水)19:00 観客:3,597人 晴16.4℃ 50%
会場:東北電力ビッグスワンスタジアム
主審:吉田寿光 副審:田中利幸/笹沢潤

【新潟】GK(30)小澤英明 DF(3)千葉和彦/(5)石川直樹/(17)内田潤/(24)酒井高徳[67'→(9)曺永哲]  MF(6)三門雄大/(8)木暮郁哉/(31)加藤大[78'→(28)ハファエル]/(36)菊地直哉 FW(11)ブルーノ・ロペス[HT→(7)アンデルソン]/(18)川又健碁
【富山】GK(1)青木大輔 DF(2)木村哲朗[HT→(31)中田洋平]/(4)川野毅/(26)金森文洋 MF(7)辻石聖也/(16)景山健司/(17)前田剛史[88'→(27)柳谷涼介]/(25)野嶋良 FW(10)金丸浩之[59'→(23)西原幹人]/(11)菊池琢哉/(14)石黒智久

【新潟得点】17'ブルーノ・ロペス、21'、76'川又健碁、23'木暮郁哉、90+4'内田潤

 天皇杯2回戦の相手はJAPANサッカーカレッジを破った富山新庄クラブ。新潟はナビスコカップのベスト8に進んだため、日程変更で平日の夜間の試合となった。しかし、いかに天皇杯といえども、観客が少なすぎる。今日試合があることを知らないひとも多数居るんじゃないか。

 アマチュア相手の2回戦はつい、アマチュアの方に肩入れして見てしまうが、新潟も普段はサブの川又、木暮、加藤などが先発、活躍を期待したい。

 試合は富山が引いて守る作戦に出たため、新潟が自由にボールを回している。というか、ほとんど富山がボールを保持できない。何度かチャンスを決められずにいたが、得点は時間の問題だろうと思われた17分、内田からピンポイントのクロスにロペスが頭で合わせて先制すると、直後21分にはロペスからのボールに川又が左足で合わせて2点目。さらに23分にはゴール前からのこぼれ玉を木暮が決めて3点目。前日行われた日本対タジキスタンのW杯3次予選のリプレーを見ているかのような一方的な展開になる。

 ハーフタイムに新潟はロペスをお役御免とばかりにアンデルソンと交代させる。富山も選手交代で流れを変えようとする。とにかく前半の富山はあまりにも引きすぎていた。守備を固めるのはいいけれども、カウンターの目を残しておかないと、結局耐え切れずに守備は崩壊してしまう、ということは良くあることだ。後半は新潟に激しく当たって活路を見出そうとする。59分にはかつて新潟に在籍したこともある(出場はなし)西原を投入。このときはスタンドのアルビサポの一部から拍手が起こった。

 しかし富山に疲れの見えた76分、途中交代で入った新潟チョからのパスに川又が合わせて4点目。そして試合終了直前には内田の放ったクロスが、ゴール前でワンバウンドしてそのままゴールイン。5-0で新潟が順当に勝ちあがった。

 ナビスコ杯対清水のホーム戦以来攻撃が活性化してきた新潟。この日はアマチュア相手とは言え、若手が活躍して5点を取ったというのは残留争いを考えても心強い。課題はもちろんいくつもあると思うが、それよりもチームに自信が戻ってきたのが心強い。これからのリーグ戦での新潟の対戦相手は、柏、G大阪、名古屋と優勝を争っているチームが続く。これらのチームにとって新潟は鬼門になるかもしれないと思うとなかなか楽しい。

 一方天皇杯の次の対戦相手はJFLの松本山雅FC。J2の横浜FCを破って勢いに乗るチームであなどれない。これも楽しみな試合である。テレビ中継のない天皇杯はやっぱり現地に足を運ぶのがいちばん。次の試合はもうちょっと観客も増えて欲しいなあ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

はてしないたわごと(11/10/07~11/10/13)【萌え尽き日記(蹴球館)】

トヨタ自動車がオフィシャルスポンサーに決定【Vamos la fútbol】

みんなのアイドル!!【走れ!!ソニー仙台FC】

S.League 28th leg, vs Balestier Khalsa【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

U-17日本代表FW鈴木武蔵(桐生第一高)がアルビレックス新潟へ?【Jリーグやユース代表が中心のブログ】

S.League 27th leg, vs Geylang United【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

J1第28節新潟×横浜FM:新潟が4ゴールで圧勝【ある美なる日々】

【アルビ】この1勝が光さす道となれ【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

ブロガープロフィール

profile-icontomos_sports

ハンドルネームTomo。新潟市在住55歳。スポーツは見る専門のシロウト。
2001年に新潟で開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦を見たことがきっかけで地元のサッカーを見始め、アルビレックス新潟のJ1昇格という最も甘美な瞬間を体験する一方、バスケットボールの新潟アルビレックスも観戦。ローカリズムを大切にしアウェーツアーでの地元グルメをこよなく愛す。
mailto:tomos@tomo-s.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:215264

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本1-2コートジボワール
  2. 西村雄一氏はW杯決勝に起用されるのか
  3. ワールドカップ開幕戦の日本人審判
  4. 企業スポーツの衰退となでしこの行方
  5. 国際ユースサッカーin新潟
  6. 天皇杯3回戦「新潟×松本山雅」:松田直樹の魂が松本に勝利をもたらした
  7. 山形:降格したら監督は解任、でいいのか?
  8. 全日本女子サッカー決勝「神戸×新潟」:力及ばず準優勝。でも、国立には愛が満ちていた。
  9. J1第31節「柏×新潟」:柏の強さは本物だった
  10. なでしこL第2節「新潟×神戸」:澤穂希に脱帽でした

月別アーカイブ

2014
07
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss