ある美なる日々

J1第28節新潟×横浜FM:新潟が4ゴールで圧勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011Jリーグ ディビジョン1第28節
アルビレックス新潟 4-2 横浜Fマリノス
2011/10/01(土)15:03 東北電力ビッグスワンスタジアム
【入場者数】24,439人【天候】曇 17.8℃ 43%
【主審】東城穣【副審】二俣敏明/原田昌彦
【新潟】20'曺永哲、59'酒井高徳、60'ミシェウ、72'ブルーノ・ロペス 
【横浜FM】71'栗原勇蔵、90'+4天野貴史
【新潟】GK(39)武田洋平 DF(25)村上佑介/(4)鈴木大輔/(3)千葉和彦/(24)酒井高徳 MF(32)小林慶行[66'→DF(5)石川直樹]/(15)本間勲/(23)田中亜土夢[90'→DF(20)増田繁人]/(9)曺永哲 FW(11)ブルーノ・ロペス/  FW(10)ミシェウ[78'→(18)川又堅碁]  
【横浜FM】GK(21)飯倉大樹 DF(13)小林祐三/(4)栗原勇蔵/(22)中澤佑二/(24)金井貢史  MF(6)小椋祥平/(29)谷口博之[81'→DF(2)天野貴史]/(7)兵藤慎剛/(8)長谷川アーリアジャスール[55'→(9)渡邉千真]/FW(10)小野裕二/(11)大黒将志[61'→DF(5)キム・クナン] 
 【新潟得点】 20'曺永哲、59'酒井高徳、60'ミシェウ、72'ブルーノ・ロペス
 【横浜得点】 71'栗原勇蔵、90'+4天野貴史  

 16位の甲府との勝ち点差2と降格争いに巻き込まれた新潟、対するは首位G大阪との勝ち点差3の横浜FM。どちらも負けられない試合ではあったが、勝利への意欲は新潟の方が勝っていた。ようやく調子の戻ってきたチョ・ヨンチョルとミシェウが躍動、酒井、村上の両サイドバックと田中を合わせてサイド攻撃が機能して前半から決定的なチャンスを何度も演出する。チャンスに何度も決められずに嫌な雰囲気になりかけた20分、サイドでためを作った田中から戻したボールを村上がクロスを上げ、チョがヘッドで決めて先制。前半は得点こそ1-0だが、ほとんど新潟のワンサイドゲームだった。

 後半もこの流れは変わらず、59分には酒井がミドルシュートで初ゴールを決めると、直後にはゴール前での中澤から栗原へのパスをブルーノ・ロペスとミシェウが速いプレスでボールを奪い、ミシェウが決めて3点目。ほぼ試合は決した。

 71分には横浜FMが小野のクロスに栗原がヘッドで合わせて1点返されるものの、直後に新潟は村上のゴール前へのするどいパスを飛び込んだブルーノ・ロペスが合わせて4-1とする。

 終了直前のロスタイムに交代で入った天野に決められて4-2とされたがここでタイムアップ。新潟にとっては長い長いトンネルを抜ける勝利となった。新潟はチョ、ミシェウ、ロペスの主力3人がそろって得点を挙げるという結果は心強い。得点を挙げていればロスタイムでの失点があっても結果に影響はないわけで、今後名古屋、G大阪、柏の上位陣はすべて新潟との対戦を残しており、新潟が優勝争いの鍵を握る展開になりそうだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

人はどうやってサッカーが上手になるのだろう【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

【J特】G大阪 1-0 浦和【(元)地方サポは何を思う】

攻守に安定感を感じさせるベガルタ、ACL出場権も射程に-ベガルタ仙台×セレッソ大阪 【物書き屋のサッカーを笑うな】

【アルビ】この1勝が光さす道となれ【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

【TV分析】J1第28節 アルビレックス新潟×横浜F・マリノス【J特】【蹴球分析帳】

ナビスコカップ2回戦第2戦「新潟×清水」:新潟勝利で準々決勝進出【ある美なる日々】

【アルビ】前を向いて、ラスト7【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

【白鳥城の騒霊】石垣島の女の子からアルビが学ぶこと 【白鳥城の騒霊】

ブロガープロフィール

profile-icontomos_sports

ハンドルネームTomo。新潟市在住55歳。スポーツは見る専門のシロウト。
2001年に新潟で開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦を見たことがきっかけで地元のサッカーを見始め、アルビレックス新潟のJ1昇格という最も甘美な瞬間を体験する一方、バスケットボールの新潟アルビレックスも観戦。ローカリズムを大切にしアウェーツアーでの地元グルメをこよなく愛す。
mailto:tomos@tomo-s.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:215273

(11月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本1-2コートジボワール
  2. 西村雄一氏はW杯決勝に起用されるのか
  3. ワールドカップ開幕戦の日本人審判
  4. 企業スポーツの衰退となでしこの行方
  5. 国際ユースサッカーin新潟
  6. 天皇杯3回戦「新潟×松本山雅」:松田直樹の魂が松本に勝利をもたらした
  7. 山形:降格したら監督は解任、でいいのか?
  8. 全日本女子サッカー決勝「神戸×新潟」:力及ばず準優勝。でも、国立には愛が満ちていた。
  9. J1第31節「柏×新潟」:柏の強さは本物だった
  10. なでしこL第2節「新潟×神戸」:澤穂希に脱帽でした

月別アーカイブ

2014
07
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss