日本のスポーツを元気に!!!

高崎アリーナの素晴らしいところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

‘17/5/31「地方開催か、中央開催か…?」でも関連したことを書きましたが、スポーツが地域活性化に相応以上の効果がある可能性を秘める点については、異論を唱える方はさほど多くないのかと思います。

先週末、体操競技の全日本種目別選手権が群馬県の高崎アリーナで開催されました。近年は体操の主要大会の多くが東京の代々木第一体育館で開催。他会場でも開かれますが、多くが東京か南関東。4月にオープンした高崎アリーナでは初めてということで、6/25の最終日は当日券販売なしのいわゆるSold Outイベントになりました。

曲りなりにもスポーツビジネスを主眼とする当ブログの「スタジアム&アリーナ」カテゴリーでこれまで取り上げた施設と比べると、若干見劣りするかもしません。が、上記の記事やオープン直後というタイムリーさも考え、今回は高崎アリーナについて書くことにしました。地元活性化のツールとして位置付けられることが多いことや、日本のスポーツを支えてきた地方のスポーツ施設の最新の例を取り上げるのは意味があると思いましたので。

ということで、今回も長所と短所を3つずつ挙げたいと思います。まず良い点。

1.エントランス(ロビー)部分の広さと汎用性

後述の、施設内の導線(or 動線)や通路幅などが犠牲になった印象も受けますが、中規模施設であるバランスを考えると、ここで一番印象的なのはロビー(エントランス)部分の広さです。同規模のアリーナや体育館にも相当数行っていますが、ここまで広々として開放感がある場所は私は国内では初めてです。今大会はグッズや飲食物の販売と休憩場所として使われましたが、下記写真の通りスペース的に非常に余裕があり、競技によっては体験イベントなども開催できそうです。常設店舗はありませんが、活用の幅が広いという点で、汎用性が求められる総合体育館として考えるとポイントは高いと思います。

2.交通アクセス

高崎に行くまでをどう捉えるかは人によって違いがあると思いますが、アリーナは新幹線も止まる高崎駅から歩いて10分程度。足を運ぶ上での大きな心理的ハードルが一つなくなることを考えると、やはりアクセスというのはこれまでにも書いてきたように大きな強みだと思います。体育館への歩道の広さが十分でないという意見もあるようですが、車社会の地方部ということを考えたらこれ以上を求めるのは酷じゃないですかね…。

3.観戦環境はまずまず

公営ゆえプロ野球のスタジアムのような豪華さは望めませんが、新しい施設だけあって観戦環境はまずまずだと思います。座席前の通路幅や前の席との段差、スタンドからの見やすさ、館内の明るさなどは、私は代々木体育館より良いと思いましたし、既出のエントランスは観る者のテンションを上げるのに一役買うと言って良いでしょう。固定式の堅い座席に対して厳しい意見も聞かれますが市営ですし…。ちなみにVIP用などに使われることが多いメインスタンド中央部は、折り畳み式でカップホルダーもあって座り心地も良さそうです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スタジアム&アリーナ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

辻村貴浩 5日目 [まだまだ勝つぞ!]【ホシノドリームズプロジェクト】

世界のスポーツ選手 所得ランキング【スポーツマーケティング探求記】

スイングと弾道①【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-icontokyofandb

goateeと申します。
アメリカでスポーツビジネスを勉強し、現地のスポーツチームでも働きました。が、帰国後に日本のスポーツ界を見渡して、どうもアメリカ流のノウハウがしっくりくる気がしない。日本には日本独自のやり方があるのではなかろうか?そういった意見交換や情報発信をして行けたら幸いです。
みんなで日本のスポーツを元気にしましょう!

【コンタクト】
個別の連絡をご希望の方は、下記のアドレスまでメールを頂ければと思います。
tokyofandb(at)yahoo.co.jp

ツイッター:@GoateeSports
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1698040

(12月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 半月板損傷と手術を経験して
  2. 長友佑都はなぜ手術を避けたいのか…?
  3. Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島の素晴らしいところ
  4. もはやサッカー後進国ではない!!!
  5. 「I」難度、誕生!!!(2013世界体操)
  6. 海外で必要なのは語学力ではない!
  7. 大谷翔平選手はアメリカでやっていけるのか…?
  8. シリング破産はショックすぎます…
  9. ジャニーズのいないバレーボール
  10. ブライトンにて桜咲く!日本ラグビーの歴史が動いた日

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss