東海スポーツ

【陸上競技部】全日本大学駅伝

このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本総合12位
 屈辱の駅伝シーズンを糧に、“湘南の暴れん坊”復活へ
tokaisports-360072.jpg
 11月4日に行われた全日本学生駅伝対校選手権大会。陸上競技部駅伝チームは村澤明伸(体4)、野中久徳(体4)ら主力を欠き、万全のチーム状態で臨むことができなかった。1区中川瞭(体2)が区間8位とまずまずのスタートを切るも、それ以降は苦しい展開に。2区の元村大地(体3)が12位まで順位を落とすと、そこから最終8区の早川翼(理4)まで前にも後ろにも選手がいない状態での“単独走”を強いられてしまう。  レースでの他選手がもたらす影響は大きい。他の選手との距離などが自身の走るリズム作りの指標なるほか、自分の前を走る選手にぴったりとつくことで体力の温存や精神面でも有利にレースを進めることができる。さらに競り合うことでモチベーションも上がり、タイムを伸ばすことにもつながるのだ。これらの恩恵を受けられない単独走では、淡々と自身で決めたペースを維持して走ることしかできなくなり、好記録を出すことは困難になってしまう。  最後までリズムを作ることができなかったチームは総合12位。目標としていたシード権を手にすることはできなかった。レース後、多くの選手が「一人で走ることの難しさを痛感した」と口をそろえ、両角速駅伝監督は「力不足は感じていたので、競り合いながら粘り強く戦いたかった。こういう展開になってしまうとやはり厳しい」と話した。  今季、チームとして戦うレースは全日本で幕を閉じた。箱根駅伝には出場できないが、他のチームより早く鍛錬期に入ることができるという利点も生まれ、来季に向けた“充実の冬”を目指すこととなる。「まずは2月、3月のロードレースで結果を残すために、力をつけたい」と両角監督。屈辱の駅伝シーズンを乗り越え、スカイブルーが輝きを放つそのときを目指し、選手たちは走り続ける。(野瀬) ☆選手コメントは続きを読むへ→




tokaisports-360073.jpg




1区 中川瞭(体2) 44分03秒 区間8位
「良い流れを作りたかったが、この結果では良い流れを作れたとは言えない。終始自分の走りができなかった。この結果が今のチームの実力。全員が力をつけて、誰がどこを任されても良いと感じるレベルまで成長していきたい」。


tokaisports-360074.jpg





2区元村大地(体3) 39分29秒 区間12位
「予想以上に体が動かず、力不足を露呈してしまった。付き添って頂いた村澤さんに『がんばれよ』と背中を押してもらったのに、期待に応えられなくて申し訳ない。これからまた練習していくしかありません」。


tokaisports-360075.jpg





3区 白吉凌(体1) 28分24秒 区間12位
「全然納得がいっていません。誰かについて行きながら走るのと、単独で走るのでは全く違うということが分かった。力のある選手は一人でも押していける選手だと思う。自分もそうなれるように、練習していく」。



tokaisports-360076.jpg




4区 石川裕之(工2) 42分39秒 区間12位
「決まったリズムで走ることができず、一人で走る難しさを痛感した。来季に向けて誰かが動かなくてはいけない。自分の走りでチームを変えられるかは分からないが、精一杯努力してチーム全体でレベルアップしていきたい」。


tokaisports-360077.jpg





5区 宮上翔太(体1) 36分09秒 区間12位
「調子は悪くなかったが、予想外の走りになってしまった。初めての大学駅伝で距離の長さを感じ、箱根駅伝を走るためにはさらに力を付けていかなければならない。4年生の方々は常にチームを引っ張っていてくれた。もうタスキをつなげないと思うと悲しい」。


tokaisports-360078.jpg




6区 岡豊(工3) 39分09秒 区間18位
「走り出したときからリズムが悪く、そのままのペースで走り続けてしまった。チームに全く貢献できず申し訳ない。この経験を次に生かすしかない」。


tokaisports-360079.jpg





7区 松谷公靖(体4) 36分37秒 区間12位
「12位という結果だが、攻めの走りを意識し、それができたので満足している。最初で最後の地元レースで自分の力は出し切れた。自分の名前を呼んでくれる声援に本当に力をもらえました。最後の駅伝で(早川)翼とタスキをつなげてうれしかったですね」。



tokaisports-360080.jpg




8区 早川翼(理4)59分22秒 区間5位
「前との差を埋めようとがんばったが、できなかった。4年間一緒にやってきた松谷とタスキをつなげてすごく力をもらえた。東海大のタスキをつけて走ることもこれで最後だっので、一歩一歩を大切にあきらめない気持ちで走った」。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上競技部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ラグビーフットボール部】 関東大学リーグ戦 対大東文化大 ○69-0【東海スポーツ】

11月7日の練習 レペティション【衣浦東部消防局陸上部】

全日本駅伝統括④【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

東大早朝スクラム【Dream Rider  西山淳哉】

バスケットボール部・第88回関東大学バスケットボールリーグ戦入替戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【インカレ】10年前の全日本大学バスケットボール選手権大会、どうだった?【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

上級救命講習【トレイルランナー/スカイランナー 宮地藤雄】

【東海大学サッカー部】11/4(日) 関東大学リーグ戦第19節(後期第8節) VS拓殖大(〇3―0)【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3954070

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss