東海スポーツ

【湘南校舎ラグビーフットボール部】関東大学春季大会第二戦 最大19点差で苦しむも開幕連勝飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

14日 関東大学春季大会第二戦 対明治大 草薙総合運動場

東海大                 明治大 T G PG DG T G PG DG 3 2 0 0 前半 3 3 0 0 3 2 0 0 後半 2 2 0 0

スターティングメンバー 1PR津志田 卓哉(体4) 2HO加藤 竜聖(体3) 3PR中野 幹(体2) 4LO筒井 エディ 稜史(体3) 5LOテトゥヒ ロバーツ(体4) ⑥FL藤山 裕太朗(文4)※ゲームキャプテン 7FL西川 壮一(体3) 8NO.8王野 尚希(政3) 9SH橋本 法史(体4) 10SO伊藤 龍之介(体4) 11WTB平尾 充識(体3) 12CTB池田 悠希(体4) 13CTB小野木 晃英(文2) 14WTB福田 一輝(体2) 15FB青木 優(体4)

リザーブ 16髙北 卓弥 17新井 望友 18春名 宏一 19横井 隼 20河野 大地 21小柳 智嗣 22金 典弘 23モリキ リード

選手交代・入替 前半39分8王野→20河野 後半13分2加藤→17新井 後半19分14福田→23モリキ 後半22分4エディ→19横井 後半25分1津志田→16髙北 後半25分3中野→18春名 後半30分13小野木→22金 後半38分20河野→21小柳

最大16点差で苦しむも開幕連勝飾る

春季大会第二戦は14日に静岡県・草薙総合運動場で行われ、38-35で明大を下し、東海大は2勝目を挙げた。 立ち上がりから東海大は苦しい展開を強いられた。東海大のキックオフがダイレクトタッチとなり、明大ボールのスクラムでファーストスクラムを組む。押せない。むしろ押される。明大の”重戦車”を印象付けた。 ▲どよめきの起こったファーストスクラム

さらに前半8分、先制トライを決められると会場の雰囲気は一気に明大へ。流れをこのまま渡すことはできない東海大は、すぐさま反撃で得点と行きたいところだったが、チャンスを生かしきれず自陣でのプレーが多くなった。15分、モールから押し切り西川のトライでようやく東海大のスコアが動く。キックも成功し、試合は振り出しに戻ったかと思われた。しかし直後に返され、さらに追い打ちをかけるかのように25分にはタックルを巧みにかわされながらインゴールに。7-21とリードを広げられ我慢の時間が続いた東海大だったが、31分に中野から藤山につなぎ、少しずつ前進し敵陣へ。最後はロバーツがフィニッシュ。さらに、今試合でファーストジャージに初めて袖を通した福田が池田のアシストからトライを決め、前半19-21と1ゴール差で折り返す。福田は、「絶対決めるぞという気持ちで行ったので、最後決めることができてよかった。みんなに声をかけてもらい、素直に嬉しかった」と満面の笑みを見せた。

▲「次戦ではより多くのトライを取りたい」と意気込む福田

2点差まで追い上げたが、後半も依然厳しい戦いが続く。開始早々明大にトライを許すと、続く後半7分にもマイボールスクラムをターンオーバーされトライを奪われた。このトライで明大WTBの山村知也選手(2年)にハットトリックを達成させてしまい、さらには19―35と今試合最大の16点ビハインドとしてしまう。だがこれで黙っていないのが東海大。7分以降明大には得点を与えず16点差のあったスコアを15分、23分と流れを呼び戻すトライと安定したゴールキックで2点差まで詰めた。そして試合終了間際、敵陣奥深くに入り込みチャンスをつくりだすと、ゴールライン手前でのマイボールラインアウトから素早い展開で橋本からパスを受けたモリキが、タッチラインぎりぎりに飛び込み逆転トライ。選手らは弾けた笑顔で抱き合った。終始スクラムで圧倒されたものの、執念の総力戦で38-35と勝ち切った。この結果に木村季由監督(体育学部教授)は、「後半に修正できたのは良かったが、全体のコミュニケーションはまだまだでエナジーが感じられず淡々とこなしていた。春季大会はチャンスの場。チャンスということに腹をくくってどこまでできるかが求められる。課題が浮き彫りになったことにより、次戦までの二週間は練習し甲斐がある」と振り返った。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラグビーフットボール部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

硬式庭球部・関東学生テニストーナメント大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

今年度のチーム力を左右するキーマンたち①【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

5月21日(日)は愛知県ラグビー祭【グラウンドから愛を込めて】

スクール選抜練習会【グラウンドから愛を込めて】

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対明大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対早大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【ARC】4連勝で優勝はしたけれど……【no title】

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対神大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3964601

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss