東海スポーツ

【特別企画~軌跡~】湘南アイスホッケー部

このエントリーをはてなブックマークに追加

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~

先輩の思い、後輩の思い

4年前の春、「東海大でアイスホッケーがしたい」という1つの思いを胸に、6人の選手が全国から集った。 4年という時が経ち、心身ともにたくましく成長した彼らは今日卒業式を迎える――。

 2016年度大会。「1部グループAに昇格する」を目標として掲げるチームは、入れ替え戦まで進んだものの敗退。惜しくもあと一歩届かなかった。しかし、学生大会最後となる日本学生選手権大会(インカレ)に向け「4年生が中心となって悔いのないよう、そしてけがのないようにチーム一丸となって頑張りたい」と今年度主将熊谷聖生(政4)が意気込むよう、チームは日々努力を重ねた。  迎えたインカレは「とにかくこのチームでたくさんの試合がしたい」という白井慶監督(体育学部非常勤講師)の思いのもと、チームは最後まで勝利を追い続けた。熊谷はインカレを「この大会で下級生に姿勢や試合結果をしたいという気持ちで臨んだ」と振り返る。  2回戦で関西王者の関西大に敗れたが、後半は攻守ともに引けの取らない試合を繰り広げた。終了のブザーが会場に鳴り響くまで足をとめることなく走り続けた。 この大会で引退となった6人の東海戦士が試合後話し合ったのは「何か残すことはできたかな」ということだった。

▲写真提供 アイスホッケー部

熊谷聖生の思い

〔熊谷にとって同期の存在とは〕

 東海大アイスホッケー部は、陸上トレーニングは主に学生主体です。そのため、監督やコーチのような強制力がありません。昨年度の主将は、ホッケーもうまく、言葉でも引っ張っていける方でしたが、自分は口で引っ張っていけるタイプではなくて。そのため、先頭に立ちまとめる立場になった時、凄く難しさを感じました。  「どのようにしたら選手達をまとめて引っ張ってゆけるのか」と悩んでいたときに相談していたのは同期でした。自分にあまり発言力がないのに対し、5人には発言力があったので、同期の存在にはとても助けられていました。また、組織力を高めていけばチームとして強くなることを学びました。  4年生は各々がチームにとって大切な役割果たしていました。この6人で良かったですし、彼等がいたからこその主将だと思っています。  みんなの思う理想のキャプテンでは無かったかもしれません。けれど何も言わずに自分を立て、支えてくれていた5人には本当に感謝しています。

▲写真提供 アイスホッケー部

〔熊谷にとって椙原淳文(政4)の存在とは〕  椙原とは高校、大学と7年間一緒でした。一緒に努力してきた仲間が、同じ大学に進学するのは心強かったのを覚えています。椙原は1・2年生の頃あまり試合に出場機会が多いわけではなくて。それでもずっと必死に頑張る選手でした。最後4年目も彼は3つ目でしたが、彼がそこにいることでチームは成り立ちましたし、心強さがありました。これは自分だけじゃなくチーム全員が思っていたことだと思います。  また、彼は発言力やチームをまとめることにたけていて、今年は自分がホッケーで引っ張り、副主将の椙原に発言力の部分で支えてもらうという、バランス良くチームをまとめられていたかなと思います。4年間必死に頑張ってくれたこと感謝の気持ちでいっぱいです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アイスホッケー部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【特別企画~軌跡~】湘南女子ハンドボール部【東海スポーツ】

【特別企画〜軌跡〜】湘南校舎男子バスケットボール部【東海スポーツ】

【特別企画~軌跡~】 湘南校舎男子柔道部・女子柔道部【東海スポーツ】

八村塁のゴンザガ大 同校史上初Final Four有力!GUバスケの顔ぶれ!アリゾナ大まさかの敗戦で次戦は対ゼイヴィアー大に!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NBAドラフト全体1位最有力ポーターJr. ミズーリ大進学へ大きな前進!父親AC受諾!息子達&ティルモンと超大物入学なるか!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

世界フィギュア女子・3枠3枠と騒ぐのはやめませんか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

【湘南アイスホッケー部】1年生トリオ1年間を振り返る【東海スポーツ】

技を覚えるには若い時の方がいい【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:404
  • 累計のページビュー:3954473

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss