東海スポーツ

【特別企画~軌跡~】湘南男子バレーボール部

このエントリーをはてなブックマークに追加

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~

男子バレー部は、今年度の卒業生11名の、最上級生としてチームを支えた1年間の軌跡を辿ったので、ぜひご覧ください。

#1 久原翼(主将・レフト)

 1年時からスタメンとして出場し、4年間チームを支えてきた。  昨年の春季リーグ戦では、最上級生になってはじめて迎えた公式戦であるにも関わらず、「終盤の1点を取らなければならない。チームの調子が悪くなったときでも、自分は崩れないようにしていきたい」と話し、最上級生としての自覚を見せ、それを実行してきた。試合で負けを喫したあとには、チームに「今の負けがあるからこその今だと思えるような今後にしていこう」と声を掛け、苦しい状況でも前向きな背中を後輩たちへ見せた。  春季リーグ戦では、勝敗に関わらず苦しい表情を見せることが多かったように感じたが、東日本インカレでは笑顔を見せる場面が増えた。久原が「”勝たなければならない”という考えから、”勝ちたい”という考え方に変えたらリラックスしてプレーできるようになった」と話したあとには、チーム全員の試合中の笑顔が増え、主将の影響力を感じさせた。  東海大の主将だけでなく、昨年のU23日本代表の主将も務め、誰もが認める”すごい選手”であるにも関わらず、「自分の自慢はどこですか?」と聞くと、「ない!(笑)」と笑い、「スパイクもレシーブもそこそこできる所かな…」と渋々話すなど、すごさをひけらかさない謙虚な姿勢も魅力のひとつ。  また、「最上級生になり、つらいこともあったが、同級生がみんな明るくて楽しい。そういうメンバーがいたから、ここまでやってくることができた」と仲間への感謝の気持ちを常に忘れない。全日本インカレの準決勝のあとには、一言目に、「あした(決勝)から全員が合流する。”みんなで決勝を戦う”とずっと言っていた。それを実行できてよかった」と仲間への思いを語った。  すでに、パナソニックパンサーズの内定選手としてVプレミアリーグの試合にも参戦し、1月15日のFC東京戦ではヒーローインタビューを受けるなど、プロの世界でもすでに頭角を現している。  「最大の目標は東京五輪に出場すること。いつでも安定感のある選手になりたい」。東海大の絶対的エースはさらに成長を遂げ、後輩たちに大きな背中を見せ続ける。

#2 松林憲太郎(副将・レフト)

 352㌢と大学リーグ1の最高到達点を誇る。その高い打点と、負けん気の強さで東海大の男子バレー部を4年間支えてきた。最上級生になってからの試合後には、「後輩のミスで負けるようなチームになってはいけない」と話す場面が多く、最上級生として、強い先輩であり続けた1年間。  自身の強みを聞くと、「心からチーム全員のことをいい仲間だなと思えること!」と話し、「だからつらいときでも頑張ろうって思う」と仲間への思いを語った。秋季リーグ戦時から、「引退して離れ離れになってしまうのを想像すると今から悲しい…」と話していた、誰よりもチーム愛が深い選手。  大学生活の1番の思い出は、「みんなで富士急ハイランドに行ったことも楽しかったけど、やっぱり部屋でミーティングしたこととか…何気ないことがすごく心に残っている」と振り返った。「ふとした時に、写真を見返して東海大の青いユニフォームを着ていると少し寂しくなる」と話したが、大阪での新生活に向けて、「不安もあるが、楽しみ」と笑顔を浮かべた。  卒業後は、Vプレミアリーグのサントリーサンバーズに進む。「バレーをはじめた時から、攻撃力が売りのプレーヤーであると思っていた。攻撃力をさらに高め、チームを勢いづけていきたい」と決意を語った。  持ち前のスター性で、新チームでも輝きを放つ。   #3 末藤裕貴(トレーナー・センター)

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
男子バレーボール部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Sweet16 、デューク大敗れる。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

日米野球好投ハウク率いるミズーリ大 19連勝!前回は全米準優勝!抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【最新記事】イタリアSF1、プレミアMF決2、プレミアWF決2、プレミアMF決1 2017-03-19【排球博客】

2017年春季OP戦(東洋大×仙台大)【北のお部屋】

【最新記事】イタリア5PO2石川、プレミアWF決1、欧州CLMPO1、プレミアF日程 2017-03-17【排球博客】

全米No.1高校生マイケル ポーターJr.&弟 ミズーリ大学へ変更か!人生最大ミラクルの1つが!全米騒然ワシントン大HC解任劇【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【最新記事】アジアY12名、アジアY順位賞、アジアY9決日本CHN、全国6人制決 2017-03-14【排球博客】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:475
  • 累計のページビュー:3953078

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss