東海スポーツ

【湘南・札幌陸上競技部】日本選手権大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪出場を目指し

日本最高峰の舞台で大熱戦!

 6月24日から26日まで愛知県のパロマ瑞穂スタジアムで、日本の頂点を決める日本選手権大会が行われた。開催100回目の節目を迎えた今大会は、8月のリオデジャネイロ五輪の代表選手選考競技会も兼ねており、世界の舞台への出場を目指し、湘南校舎と札幌校舎陸上競技部の選手たちと、数多くの卒業生が出場した。

 大会初日と2日目はあいにくの雨に見舞われたものの、各種目熱戦が繰り広げられた。中でも大会2日目の男子走り幅跳びでは、札幌校舎の城山正太郎(国4)がエントリー。6月に開催された日本学生個人選手権大会では、自己新記録となる7㍍96で優勝するなど、勢いに乗る。「調子はよく、優勝を狙えると思った」と話す通り、悪天候の中、5本目の跳躍で7㍍83をマーク。しかし、首位に立つ嶺村鴻汰選手(モンテローザ)にわずか10㌢差をつけられ惜しくも2位となった。「リオ五輪の参加標準記録を跳ぶことを目指していただけに悔しい。これから更に記録を伸ばしていけるよう、練習に励んでいきたい」と前を向いた。  また小西康道選手(2014年度大学院修了・白樺AC)は7㍍57で7位入賞を果たした。「大学時代にけがをした自分を支えてくれた友達も応援に駆けつけてくれた。恩返しという意味で最低限の役割は果たせたと思う」と小西選手。今後の目標として、「8㍍台を出す」と意気込んだ。

 迎えた大会最終日では、快晴の中男子走り高跳びが行われた。2㍍28という出場選手の中で2番目の好記録を持つ、髙張広海選手(09年度卒・日立ICT)が出場。2㍍20を髙張選手は1回目で難なく跳ぶと、前回大会では5位となった湘南校舎の佐藤凌(法4)も2回目の跳躍で成功させる。バーの高さが上がり、続く2㍍25も挑戦した佐藤は3回目の跳躍で見事クリアし、東海大記録を塗り替えた。一方、髙張選手は1回目で足を負傷してしまい、2回目以降はパスをする。リオ五輪出場を目指し、参加標準記録となる2㍍29に佐藤と髙張選手は挑んだものの、惜しくも2選手ともクリアはならず、佐藤は2位、髙張選手が3位となった。「自己ベストを出せたが、参加標準記録を切るべく臨んだ大会だったので、納得はいっていない」と佐藤は振り返る。それでも、「自分の最大目標は2020年の東京五輪。そこに向けて、必ずつながる結果になったと思う」と話し、4年後の夢舞台を見据えた。  同じく行われていた男子三段跳びでは、すでに参加標準記録を切っていた長谷川大悟選手(11年度卒・日立ICT)が出場。1回目の跳躍は15㍍75とふるわなかったものの、徐々に調子を上げ、記録を伸ばす。しかしあと一歩及ばず、16㍍41の2位で競技を終了した。「標準記録を切った者として、優勝して五輪出場を決めたかった。17㍍台を目指して今回臨んだが、今日の結果を受け止め、五輪までに自分に足りないものを準備していきたい」とリオ五輪に向けて決意を新たにした。

 3日間にわたり行われた今大会では、卒業生を含め5選手が表彰台へと登壇した。日本の頂を目指し、競い続ける選手たちの戦いはこれからも終わらない。(野極)

 ☆なお、本日発行された『東海スポーツ第36号』でも、1面にリオ五輪出場を決めた長谷川選手の記事を、2面には湘南校舎陸上競技部が8年ぶりにフィールド優勝を果たした関東学生対校選手権大会とアジアジュニア選手権大会の記事、札幌校舎陸上競技部の選手たちが出場した北海道学生対校選手権大会の記事を掲載しております。そちらもぜひ手に取ってご一読下さい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上競技部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成28年安城ナイター 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

首都大学東京ラグビー部2016-18【Dream Rider  西山淳哉】

1年生主将誕生。名門が踏み切った改革はどのような変化をもたらすか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【28年度第3回世田谷競技会】試合結果【駅伝狂の詩】

第63回「六旗の下に」 15分でチケット完売!東京六大学応援団の超人気イヴェント 【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バレーボール部・石川祐希 イタリア・セリエAラティーナ加入発表【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2016年度新体制~東京国際大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会ダブルス【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:1555
  • 累計のページビュー:3845374

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss