東海スポーツ

【湘南陸上競技部】湊谷春紀インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日に控えたNYCハーフ 「世界トップクラスのレースで粘り強く走りたい」


 ルーキーながらチームの主力として、出雲全日本大学選抜駅伝競走で2区5位、全日本大学駅伝対校選手権大会で3区3位、東京箱根間往復大学駅伝競走で1区16位と今年度の学生三大駅伝すべてに出場し、活躍を見せた湊谷春紀(体1)。昨年11月の上尾シティハーフマラソンでは、62分54秒をマークし3位に入る力走を見せた。この好走が評価され、3月20日にアメリカで開催されるニューヨークシティハーフ(NYC)に招待された湊谷。スタートは午前7時30分(日本時間の午後8時30分)を予定している。  大舞台を直前に控えた湊谷の思いとは……。

――まず今季を振り返ってみてどんなシーズンでしたか? 前半は関東学生対校選手権大会(関東インカレ5000㍍21位・昨年5月14~17日)をはじめ結果が出ませんでした。当然悔しいとは思いましたが「力が足りない」と真摯に受け止め、思い悩むことはありませんでしたね。夏合宿でしっかりと距離を踏むことができ、秋の結果につながりました。最低限の走りはできたと思います。それでも箱根駅伝(1月2、3日)は悔しい結果に終わりました。甘くはなかったです。周りの人からは緊張で固くなっていたとも言われたので、精神面も影響したのかもしれません。どのランナーも序盤から自身の持ちタイム以上のペースで走っていて、「いつかこのペースも落ち着くだろう」と思っていましたが、全く落ちることがありませんでした。周りの声援も大きかったので、もっといい走りができればよかったと思います。けれども、経験を糧にさらに強くなっていきたいと思っています。 ――悔しいレースがあったとはいえ、今年度は5000㍍、1万㍍、ハーフとすべてで自己ベストを更新しました。納得のいく部分もあったのではないですか? 最低限の出来です。それでも高校時代は「根性論」でとにかく走り込んできましたが、大学に入ってからは科学的な知識などを生かした理論的なメニューが組まれています。寺尾保先生(スポーツ医科学研究所)の低酸素トレーニングやトレーナーの方が考案した体幹トレーニングなど、ただ走るだけでなく、いろいろな考え方を吸収して鍛えられています。 ――NYCへの出場が決まってみてどうですか? 驚きました。実は、上尾ハーフのときはそんな選考があるとも知らなくて……(笑)。出場が決まり、素直にうれしいですね。世界のトップクラスの選手も出場する大会なので、雰囲気を味わいながら62分30秒を目標に自己ベストをマークしたいと思っています。アメリカまで行くので粘り強い走りでしっかり結果を残してきます。 ――NYCのあとにはいよいよ新シーズンが開幕します。どんな1年にしたいですか? まずは関東インカレ(5月19~22日)。出場種目はまだわかりませんが、個人的には1万㍍で結果を残したいと思っています。しっかりと準備をしてトラックシーズンに入りたいです。チームとしては、今年度果たせなかった学生三大駅伝3位以上が目標。チームの力を見ても達成できると思っています。東海大に来たのは箱根駅伝で総合優勝するためです。チームに貢献するために準備をしていきたいと思います。 ――春からはハイレベルな選手も入学してきます。 タイムを見ても力があり、心強いですが、やはり負けたくはありません。力を合わせて強くなっていきたいとも思っています。 ――ありがとうございました!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上競技部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

仕事が出来る姿勢は作れる!~各地で姿勢ストレッチセミナー開催中!【青山剛のKeep on Running!】

首都大学東京ラグビー部2016-3【Dream Rider  西山淳哉】

波乱なしのリオ五輪マラソン代表決定【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

五輪マラソン代表の派遣設定タイムについて【スポーツ えっせい】

2016年度卒業生進路~日本体育大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2016年度卒業生進路~順天堂大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2016年度卒業生進路~東海大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【第19回日本学生ハーフ】試合結果【駅伝狂の詩】

ブロガープロフィール

profile-icontokaisports

東海スポーツ編集部
『東海スポーツ』という学内のスポーツを伝える新聞を年3回発行しています。このブログでは紙面に載せきれない活躍を、選手と同じ学生の目線からお伝えしたいと思います。

※ツイッターアカウント@TOKAI_SPORTSでサイトの更新情報などお知らせしています。

-------------

*本ブログでは、東海大学学園の選手に限り、敬称略とさせていただいております。
また、掲載しております記事・画像の無断転送はご遠慮ください。
  • 昨日のページビュー:1555
  • 累計のページビュー:3845374

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)
  2. 【陸上競技部】駅伝チーム特別連載② 村澤明伸(後編)
  3. 【陸上競技部】全日本大学駅伝関東予選会
  4. 【東海大男子バスケットボール部】関東大学新人戦決勝vs筑波大(○94-82 会場:日本体育大 世田谷キャンパス)
  5. 【陸上競技部】明日に控えた全日本大学駅伝
  6. 【男子バスケットボール部】日本代表を終えて実感した“日の丸”の経験。田中大貴インタビュー
  7. 【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表
  8. 【陸上競技部駅伝チーム】第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 
  9. 【硬式野球部】2012年プロ野球ドラフト会議
  10. 【男子バスケットボール部】全日本大学選手権大会決勝vs青山学院大 ○71-57

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss