ちょっと一言言わせていただきます!

アクセス900万件突破しました。ご愛読感謝します。                                             スポーツとは、考えるものである。脳ミソまで筋肉のような体育会系の時代は終わり。このブログでは、スポーツを語る、検討する、議論する・・・ということに重きを置き、“スポーツインテリ”を目指している。

tm1051004

                                            【ひっそりとブログ5年目に突入です。】                        『週刊ベースボール』2009年度&2010年 もっと見る
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:11477610
  • (09月27日現在)

最新の記事

12球団戦力分析~横浜~

広島は最後のお楽しみに取っておき、先に横浜に行かせてもらう。 横浜 若手、ベテランの割合は12球団の中において最も良いチームの一つではないかと私は思っている。今季、門倉の人的保障選手として移籍してきた工藤は年齢的問題から結果を出せるか否かは定かでは無いが、間違いなく“生きた教科書”にはなるであろう(なっているであろう)。 投手陣は、配置転換が多くなされた。「クワトロK」を解散し、加......続きを読む»

12球団戦力分析~巨人~

巨人 小笠原、谷、門倉、吉武、小田嶋、ホリンズ、ゴンザレスといった補強。嗚呼、豪勢かな。 これだけのメンバーが揃って、問題視されていた人工芝も張り替えられて、もう優勝できなかった時の言い訳はなくなりました。私個人はアンチ巨人ですが、球界の為にはそこそこ頑張ってもらわないとまずいですね。 投手陣は、先発の上原とパウエルが故障で戦列を離脱しましたが、内海や高橋尚ら役者がおり、木佐貫の復調も......続きを読む»

今日の最大の収穫は・・・

今日の最大の収穫は、河内であろう。 7回1死満塁、打者イスンヨプ。実践を意識したブラウンはここで宮崎から河内にスイッチ。 すると初球は外、2球目はインコースに放り、3球目、4球目は外角へ流れるようなスライダーでイのバットは空を切った。あっぱれ! 今日のようなピッチングであれば、いかなる時も安心できる。頼もしき左腕がカープの今年のブルペンを潤してくれそうだ。 林も、ナイスリリーフを今日も見......続きを読む»

残り3試合 ミラクルを起こせるか?

JTサンダーズが窮地だ。残り3試合、3戦3勝しない限り4位パナソニックには追いつけない。さらにパナソニックはあと1勝すれば4強入りは決まる。JTは自らの手で勝ちをモノにし、更に、強運のない限り4強は不可だ。 そんな両チームの試合を明日GAORAでは当日録画で放送する。パナソニックは豊田合成と、JTは堺BZとである。見逃せない。 JTは明日ホームゲームという地の利を活かし、大声......続きを読む»

残り2試合 奇跡の大逆転へ

NECレッドロケッツが土壇場で踏ん張っている。残り2試合、山場は明日のJT戦。目下8連勝中のチームである。NECも前回のJT戦(2・18)以降負け無しの9連勝中。勢いは互角である。 NECに勝機がないわけではない。サーブで崩し、得意のブロックでJTのサイドを封じれば、特にケニーを潰せば勝てないわけではない。ただ、JTのサイド陣は元気である。それ故厳しい。 NECはJT、次......続きを読む»

黒田乱調も大きな心配にはならず

本日の黒田の投球 直球がシュート回転していてそれで打たれていましたね。実践感覚不足といわれる方もいらっしゃると思いますが、過去の実績から考えてその点は心配無用ではないでしょうか。 ただ、気になるのが“立ち投げ”になっていたこと。もっと右手の投げたあとのフォローが地面すれすれまで来ていて、それにつられて体ももう少し前に行くのがいいときの黒田だと思うのですが、どうもそれが見られなかった。1点それ......続きを読む»

本日開幕 パ・リーグ順位予想

日本ハム 新庄、小笠原の退団で戦力的に大幅ダウンは否めない。投手陣も先発はある程度こまが揃っているものの、中継ぎ以降は安定感と層の厚さを欠く。 評価(5段階) 投手 3.5 打撃 3.5 守備 3 総合 3 注目選手 投手 ダルビッシュ有 武田久 野手 森本稀哲 金子洋 ソフトバンク 投打の戦力の充実を図った今オフの成果は如実に形になろうとしている。多村、小久保、ガトー......続きを読む»

春高雑感

予定より1日遅れの更新お詫びします。 春高生観戦雑感 (1)実力伯仲・実践×九文 着いていきなりの試合が八王子実践×九州文化学園! 実践は、鈴木のブロックを掻い潜るアタックが炸裂。一方の九文は出てる選手のすべてがポテンシャルの高さを感じさせるプレーをしていた。特に峯村はサーブ、アタック、ブロックとすべてに巧さを見せてチームを勝利に導いていた感があった。......続きを読む»

念願叶い・・・

かねてよりの願いがようやく叶い、明日“春高”を観に行きます。 ですが、私恥ずかしながら高校バレーに関しては知識は乏しいんです。そのため、お勧めの選手・好カードなどがありましたら、このブログに書き込みをしてください。 よろしくお願いします。 観戦紀は明日か明後日の内にUPします。乞うご期待! ...続きを読む»

1番・捕手・中東

本日の試合、カープ×阪神の感想 (1)1番・捕手・中東 中東―東出―梵 ブラウン監督の掲げる“出塁率重視”に則った策がこの打順だと感じる。正直、ルーキー中東にここまでの負荷をかけるのは可愛そうだ。やはり、中東はいろいろ苦慮することもあるだろうから、しばらくは下位を打たせるのがベターだと思う。よって1・2番は梵―東出がいいと考える。 (2)嶋の不調は深刻 最終打席、久保田に対し速球の......続きを読む»

12球団戦力分析~東京ヤクルト~

東京ヤクルト 岩村がメジャーへ移籍し、抜けたサード争いが最大関心事であったキャンプからオープン戦。宮出や度会が鎬を削ってきたがやはり、打撃面から考えて宮出を起用するのではないか。そして試合終盤に守備固めに守りのいい人を出す。恐らくこの形になると思う。 去年ヤンキースで松井の代役として活躍していたガイエルが加入し3番右翼で出場が濃厚で、この選手の活躍如何で打線の迫力、厚みが大分違う。 投......続きを読む»

痛い!前田開幕絶望的か

「『右太もも二頭筋短頭筋損傷』で2週間の加療が必要だとのこと。3~4日経たないとハッキリした復帰時期がわからない」・・・チームトレーナー談。 ショッキングなニュースですね。今年はキャンプから気合が入っていて順当にいけば2000本安打だったのですが・・・ 私の見解では、復帰は4月後半から5月初旬あたりではないかと思う。開幕に無理にあわせるよりも、丁寧に治療してしっかり完治してもらいたい。 ま......続きを読む»

カープ07観戦紀 #1

いやぁ~寒かった。気温も、試合内容も・・・ (1)大竹粗末―――昨年からの反省無し! ボール、ボール、四球。そして甘く入った真ん中付近やら高目やらの球を痛打され・・・6勝13敗の昨年の反省がまるでない。結局5回途中KOですか。情けない。マーティーはローテに入れるようなことを言ってますが、最後までわからないと言い、本人にプレッシャーを与えたほうが結果を出すのでは? (2)ここに来て中継ぎ......続きを読む»

球春到来・新年一発目の野球観戦

今日の浜スタでの試合、カープvsベイスターズを観て来ます! 注目は、先日HRを打ち、調子を上げつつあるか否かの嶋。そして好調投手陣。中でも一番は、絶好調新井の打棒ですね。 相手先発は工藤らしいのですが、是非とも粉砕してもらいたいです。 ...続きを読む»

ファイナルラウンドの前哨戦

本拠地をともに兵庫県に置き、代表選手を多く擁し、人気実力伯仲の2チーム久光製薬(1位)vsJT(2位)の直接対決が3・18(日)に三重差サンアリーナで行われる。 ここまでの直接対決は・・・ 1・14 3-0 久光(JTは本調子に程遠かった) 2・4  3-2 JT(2セット久光UPから、残りすべてのセットをデュースでJTが取った) 今回の直接対決見所は・・・ ......続きを読む»

リベロ論

少々気は早いが、全日本のリベロに誰がいいかを考えてみる。 私が見るに、日本はやはり諸外国に比べ、リベロの質が高いと思う。誰を起用するか、特に女子は悩みどころである。 男子の候補 津曲勝利(サントリー) 酒井大輔(JT) この2名に絞られると思う。このようにあげてみると、意外と男子は手薄な感が浮き彫りになってきた。で、結局代表入りを果たすのは津曲だと睨んでいる。彼のほうが、サーブ......続きを読む»

12球団戦力分析~阪神~

阪神 ポスト井川争いが投手陣の最大の関心事である。能見、岩田、江草、三東、中村(泰)・・・一年間安定した成績を期待はあまり出来ない感じがする。頼みの安藤・福原は開幕“?”であり当面は、下柳、ジャン、ボーグルソンらがスターターの核になりそうだ。 ブルペンは、藤川と久保田をシフトチェンジするようである。藤川は楽観視出来るが、久保田はまだまだといった感が否めない。久保田の復調が、阪神ブルペンには求......続きを読む»

JT(女子)を支えるルーキー

位田愛(いんでん・あい)がすごい。 寺廻監督もチームで指折りに入ると評するほどのレシーブ力は今や、JT快進撃の影の原動力となっているといっても過言ではない。 先日の武富士戦でプロ初スタメンをものにすると、今季勝ってない武富士相手に臆することなく立ち向かい、チームに勝ちをもたらした。 アタックも試合ごとに良くなることが見受けられる。新人賞もあり得るかもしれない。 ......続きを読む»

アンフェアなのは誰か?

西武金銭不正授受問題。公の秘密のような気もしますが・・・ 木村投手の件に関しては、本人の言うことをそのまま受け取れば、同情する部分もあり、情状酌量でお咎め無しにしたいですが・・・ 早大外野手はどうなんだ?学費に1025万円でしょ。親も貰い過ぎとか感じないのかね。少ない金額なら、「経済的に・・・」という理由で若干理解しようとも思いますが、1025万。学費としては明らかに莫大。厳正なる調査と......続きを読む»

白熱する首位争い

Vリーグ男子も3レグを終了し、明日から4レグに入る。 3レグの各チームの勝敗は・・・ サントリー 6勝1敗 東レ    4勝3敗 豊田合成  4勝3敗 パナソニック6勝1敗 JT    3勝4敗 堺     4勝3敗 NEC   1勝6敗 大分三好  0勝7敗 サントリーがこのレグに一気に勝ち越し首位に躍り出た。荻野を中心にバリエーション豊富な攻撃パタ......続きを読む»

12球団戦力分析~中日~

中日 投手陣は平井を先発に上げてスターターの充実を図った。その代償として薄くなったブルペンに3人の外国人を入れた。一先ずこの3人はオープン戦で結果を残しているので誰が最終的に一群に残るのかはまだ判断できない。 野手は、韓国のイチローこと李炳圭(イビョンギュ)の加入が最大のプラス要因。外野守備もさることながら、その通称に相応しく打撃がとても良いようだ。他球団の007も戦々恐々としているであ......続きを読む»

武富士とNEC

武富士が落ちている。ここ3試合はホームゲーム2試合を含めて3連敗。更にその2試合をNECにやられている。 NECはルンルンとしているだろう。2位の武富士から2つ勝ちをもぎ取ったのを含め、先日は3位パイオニアにも圧勝した。 この2チームの状況を比べると非常に対照的である。 開幕当初・・・ 武富士=エステスを中心にするも、足立や吉澤、石田などを効果的に使い多彩......続きを読む»

Vリーグ“生観戦紀”4

3月4日(日)に浦安市運動公園にて トヨタ車体×東レ シーガルズ×デンソー   の試合を観てきた。 <第一試合> この試合は、サーブの非常にいいチーム同士の戦いであり、コートエンド最前線で観ていてとても良かった。落ちる、伸びる、曲がる、間を狙う・・・と様々なサーブを観、これだけでも奮発した甲斐があったと本当に思った。 1セット目は、トヨタのセン......続きを読む»

投手王国復活か~広島カープ~

20イニング連続無失点! いくら、打線のお寒い巨人・楽天を相手にしてきたとはいえ、素晴らしいできばえのカープ投手陣。 「Marvelous!」 先日も、復活を期す高橋、長谷川が好投。黒田も故障開けの不安を見事払拭し、佐々岡、大竹らも順調、更には、宮崎、青木高のルーキーコンビと出来の良いな先発陣。 林、佐竹、広池、梅津、横山、永川らリリーファーも文句のつけようがない。 ここに......続きを読む»

NEWSの野郎がまたバレー中継!?

今年の春の高校バレーのオフィシャルサポーターに、あの飲酒騒動で05年のWGPにミソをつけたNEWSのメンバーである手越・増田のコンビ(テゴマス)が採用された。 シンジラレナ~イ まさか、えっ、と思った方、大勢いると思います。 って言うか、もう、止めにしませんか。アイドルを起用したバレー中継。 バレーはスポーツであってアイドルのコンサートではない。 ......続きを読む»

代表入りあり得る期待の新人~トヨタ車体都築有美子~

昨日浦安までバレーを見に行ったのですが、生観戦紀は時間の都合上後日。 しかし、この選手のことだけはすぐに書きたかったので先に書かせていただく。 トヨタ車体、都築有美子、ルーキーである。 この選手は打っても良し、レシーブも良し(サーブレシーブ成功率リーグ12位の72.0%)、そして何よりジャンピングサーブの威力(サーブ効果率リーグ6位の12.8)が半端ない。コート左から放......続きを読む»

復活への夜明け~広島・尾形佳紀~

その打球は、吸い込まれるようにライトスタンドへと刺さった。 尾形佳紀は今から2年前、右足の十字靭帯損傷で一気に奈落のそこへ突き落とされた。以前にも故障した箇所で今度は復帰に相当の時間を要し、昨年は1年丸ごと棒に振った。 9回2死ランナー無し。楽天川岸のスライダーをものの見事にたたき、人生初となるサヨナラ本塁打になった。 もともと、打撃に定評があった彼は充分に1番打者になる資格をこの一発......続きを読む»

Vリーグ女子3レグ開始

3月3日(土)の注目カード 武富士×NEC  武富士ホームゲームで先週に続き2試合連続となるこのカード。前回はNECが終始武富士上回り3-1で勝利を収めた。その前が、3-2で武富士が辛うじて勝っている。NECは4強入りのために落としたくない一戦だ。完全アウェーの状態で上位チームに2連勝すれば、俄然4強入りも見えてくる。 パイオニア×東レ  こちらもパイオニアのホームゲ......続きを読む»

ダグラスに代わる熾烈なローテ争い

広島カープ昨シーズン9勝をあげた右腕ショーン・ダグラスが昨年より痛めていた右肘の状態が思わしくなく開幕に間に合わないことが発覚した。昨季途中より痛めており、シーズン途中で離脱。今季の開幕に合わせて治療を進めていたが主治医ヨーカム意志の許可は下りなかった。最悪、前半戦絶望説も囁かれている。 球団は、当面新助っ人を補強する事は無いと言っていた。 ここで気になるのが、その穴を誰が埋めるかである......続きを読む»

Vリーグ女子が2leg終了 4強争いはどうなる?

(1)NEC猛追 2レグを7勝2敗で通算成績を8章10敗にまで戻し、東レ・シーガルズ・デンソーを抜いて5位に浮上した。リーカの調子が上がり、有田(沙)や仁木の負担が減った事が、彼女たちの本来の力を引き出すようになり、結果としてNECらしいバレーになってきた。また、杉山の対角のセンターとして田口が収まったこともチームの安定材料か。ただ、本日GAORAで解説していた番平(全日本女子コー......続きを読む»

1 2 81 82 83 84 85 86 88

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 大村加奈子教員試験合格
  9. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

このブログを検索

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss