ちょっと一言言わせていただきます!

月別アーカイブ :2010年11月

全日本に選ばれていない若手の成長が著しく頼もしいねぇ!!【V・プレミアリーグ女子2010/2011選評・3】

【加古川市立総合体育館/中継=GAORA/解説:吉川正博】 久光製薬3-2デンソー(25-27 25-18 25-21 21-25 15-13) A表 B表 相変わらず、エリザンジェラに怖さを感じないんだよなぁ・・・と思うんだが、まぁそれはどうでもいいとしてまずはお詫び。 開幕前の助っ人外国人活躍度予想で、エベの評価をとても低くしていたのだが、いや......続きを読む»

喉もと過ぎればなんとやら、竹下は所属チームに帰れば元の木阿弥【V・プレミアリーグ女子2010/2011選評・2】

【加古川市立総合体育館/TV観戦(GAORA):解説=吉川正博】 トヨタ車体3-0JT(25-17 26-24 25-23) A表 B表 2週間前の竹下佳江という選手は、どこへ消えたのだろうか。 たぶん真鍋政義監督の指揮下にあり、その指示を忠実に守っていたからこそ、竹下は世界選手権3位チームのセッターであったのだろう。 あの世界選手権で見せた、高......続きを読む»

奥田恭子、新鍋理沙がいいと聞きつけて、会場に行きたい気持ちが高まる秋の夕暮れ【V・プレミアリーグ女子2010/2011選評・1】

今季も始まったV・プレミアリーグと、V・チャレンジリーグ。 今季はブログの端っこにも書いたとおり、V・チャレンジリーグの観戦予定もきっちりと立てている。11月~1月が忙しいために、その時期の生観戦の数を減らさざるを得ないのだが、2月に入るころからは一段落して生観戦に行きまくることが出来ようかと思う。 今書いたとおり、11月~1月が忙しいために、今年は「全試合レポ」という形......続きを読む»

マルーフのトスワークを完全に分析しきった日本の勝ち!そして宇佐美のトスワークにはハナマル差し上げます【植田JAPAN・アジア競技会準決勝vsイラン】

龍神NIPPON、アジア競技大会優勝である。おめでとうございます。 アジア競技大会を制覇したのは4大会ぶり、つまり16年ぶりということである。まさか、カープの方が優勝から遠ざかることになろうとは・・・というのは、言わないお約束。 まぁしかし、先にくぎを刺しておこう。 今年、前半はずーっと筋トレをして植田坂を走ってと、まったく実戦をこなさなかった。その結果、201......続きを読む»

カープ、2,3軍コーチ陣発表

バリントンと合意したようだねぇ。前にも書いたけれども、バリントン獲得には賛成である。先発ローテとして活躍してくれることを願いたい。 さて、本題。 1軍コーチ陣に徹底したテコ入れがされなかったので、せめて2軍だけでも・・・特に投手部門は積極的に、と前にも指摘したんだが、私が望むほどのテコ入れがなされなかった。 大野コーチが1軍でヘッド職を解かれ投手コーチに選任......続きを読む»

開幕前展望とリーグの展開予想【V・プレミアリーグ女子2010/2011】

例年だと、「各チームごとの戦力分析記事」をアップするんだが、今年は時間がないのでそれは割愛。 まず、ざっと各チームの今年の様子について書いてから、リーグの展望と注目したい点、そしてざっくりとした順位予想をしようかと思う。 【東レアローズ】 リエスベットにもサーブレシーブをさせ、リベロとサイドの合わせて3枚でサーブレシーブに当たるというのが今年の東レの方針......続きを読む»

ああ~夢にみてた~恐れていた~恐怖采配・・・【植田JAPAN・アジア競技会準決勝vs韓国】

NHKBS-1で中継のあった、アジア競技会(男子)の準決勝。解説は米山一朋氏で、実況は我らが新タ悦男アナ。 「フロント」などという最新の(?)用語も駆使して、詳細かつ極めてわかりやすい解説ではなかったかと。決して専門用語の羅列ではなく、適宜注釈を入れながらの解説。今日は、より「解りやすさ」に重きを置いて喋っていたのではないかと推測。いやはや新タさん、あなたのお陰で日本バレー......続きを読む»

バリントン獲得とか、ファン感謝デーとか

先発投手陣補強に向けて、全米ドラフト1位のブライアン・バリントンを獲得する方向を示したカープ。 まぁ、大竹が秋季キャンプでまた怪我をしたようだし、先発を獲得すると言うのは賛成だなぁ。ジオの残留も決まったので、バリントンが獲得出来れば、なかなか厚みのある先発投手陣になると思う。今村や中村、伊東という将来の先発候補は、上の先発がしっかりしていれば、下でじっくりと育成出来るし......続きを読む»

豊田清入団会見

豊田が入団会見を行った。 その様子はこちら。 しかしまぁ、豊田が現役生活の中で1度しかBクラスを経験したことがないということに驚いた。確かに、西武→巨人と常勝軍団に居続けたのだから、当たり前っちゃ当たり前のことなのだが・・・。しかしながらこの経験はすごいねぇ。「勝ち」を知っているわけだから、この点を若手が吸収してくれればと思うのだ。 特に岸本、フォークの具合から緊迫......続きを読む»

助っ人活躍度合い予想【V・プレミアリーグ女子2010/2011】

早いもので今週、もうプレミアリーグが開幕。並行してチャレンジリーグも開幕。 全日本につながるような意義深いシーズンになってくれれば、という思いが強いのはいつものシーズンと同じ。それに加えて、メダル特需でどれぐらい客が増えるものか。まぁ、あんまり増えないと言うのが私の予想なんだが。 その件に関してはまた別の機会に論じるとして、今回は助っ人評価を書いてみようかと。 ......続きを読む»

ジョバンニ劇場

なんてことない企画なのだが、要は面白系監督である、ドイツ女子ナショナルチームのグイディッティー・ジョバンニ監督を激写しまくった(!?)と言うだけの話である。 今回、ジョバンニ監督は比較的おとなしい方だった。例えば、去年の東京でのWGPなんかでは、時々怒髪天を衝くような仕草もあったのだが、今回はそれはなりを潜めていた。 とは言え、相も変わらずなパフォーマンスは随所に観ら......続きを読む»

また来たくなる会場とは?

これを読んでから、以下をお読みいただきたい。 http://togetter.com/li/68465 バレーボール会場として、どういう会場が「また来たいなぁ」と思えるのか・・・という点は、非常に問題がたまっているところだと思うのだ。 まず、国際大会においてはあのスティックバルーンだとか、DJの問題。スティックバルーンなんて、全部割ってやろうかと思う......続きを読む»

獲得“し過ぎ”に反対!内川かトレーシーのどちらかで充分

FA交渉が解禁になったが、カープは早速「誠意」を見せるために野村監督直々で、どの球団よりも早く交渉の乗り出した。 内川を獲得しようとすることに関しては、大賛成であるのだが、確か内川は「やるからには勝ちたい」というようなコメントを残しており、現状のカープを見れば「どちらかと言えば勝てるチームではない」わけであり、その点が大きく不安なのである。その、勝てない原因が監督の采配......続きを読む»

狩野舞子、セリエAパヴィアに入団

いやぁ~、寒いのなんのって、この腰痛でしょ。冷えが天敵である故に、この急な寒さにはほとほと参った。1ヶ月ほど前の急な冷え込みの際には、左肩首の痛みと痺れも腰痛とともにやってきて、大変苦しめられた。 風邪なども流行りつつある折、皆様もどうかご自愛くださいませませ。 さて、セリエAに移籍し、パヴィアに入団した狩野舞子。アキレス腱の怪我の回復具合が気になるところだが、とりあ......続きを読む»

V・プレミア女子~新加入情報~デンソーエアリービーズ、パイオニアレッドウィングス

新外国人情報が2チームから。 まずデンソーだが、若手の助っ人補強だ。リベロが片下が抜けたわけだし、シャイーヌも抜けたわけだし、ディフェンスも出来る助っ人がいいと思うんだが、エベってディフェンス能力高かったっけ? エベ・リスベル  WS   19歳  ドミニカ共和国 同じドミニカ共和国の助っ人だと、数シーズン前にロンドンがいたが、それに匹敵する活躍をするか......続きを読む»

石原残留/豊田獲得&菊地原復帰

まさか、カープが優勝するより先に全日本女子が三大大会でメダルを取るとは思わなかった・・・ 是非とも、カープも近いうちに優勝してもらいたいんだが、まぁ後3年ぐらいは耐えしのばないといけないんだろうな、という実感を得る今シーズンであった。 何はともあれ本題。 まずは、石原がFA宣言せずに残留を決めた。私としては嬉しいところではあるのだが、石原には大きな課題もあると見......続きを読む»

竹下のトスワーク、サーブでの攻め、そして第4セットの25点目がカギ!【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)ファイナル(3位決定戦)・東京vsアメリカ】

あらためてだが、銅メダルおめでとうございました。 夏のWGP決勝ラウンドでストレートでボコボコにされたこともあり、「今日はダメだろう」と思っていたネガティブファンがいたが(まぁ、私だが)、そんなファンを見事に一笑に付す試合だったねぇ。 ベンチワークが活きた点は、観てわかる通り、石田を投入し、荒木を投入したことがまず大きい。 江畑が今一つの中、石田を投入し、し......続きを読む»

バレーボール世界選手権(女子)表彰選手一覧&最終順位

32年ぶりの世界選手権でのメダル、おめでとうございました。 開催国有利など色々あるが、この「3位」という結果については評価してもいいのではないかと思う。こと、夏に通用しなかったアメリカにきっちり勝負して勝ったという点は大変良い。 また、昨年から取り組んできたブロックシステムが実を結びつつあること、この大会から「高くてはやいバレー」になりつつあること、この2点はとてもいい傾......続きを読む»

撒き餌をまけた1,2セットと、そうでなく漫然とサイドに上げただけの3,4,5セット【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)セミファイナル(準決勝)・東京vsブラジル】

これは・・・勝てる試合を落としたとしか言えないでしょう。 1,2セット善戦してモノにした理由は、セットの序盤の組み立てにあると見る。第1セットはいきなりBクイックを起用し、更には江畑のバックライトを2本使った。これでブラジルとしては焦ったんだろう。ブラジルらしさが影を潜め、日本のペースになった。 第2セットも序盤に決まりはしなかったが、Bクイックを2本使った。このトス......続きを読む»

ゴールデングラブ賞4人受賞!そして・・・

いやぁ~、嬉しいね。 投手部門で前田健太、遊撃手部門で梵英心、外野手部門で赤松真人と廣瀬純。この4名がゴールデングラブ賞を受賞した。 沢村賞に引き続き、またしても賞の増えた前田健太。まえけんはついつい投球ばかりに目が行ってしまうが、フィールディングも上手いのだ。欲を言うなら、一塁への牽制が横山竜士レヴェルまで引きあったら尚いいんだけど。 ショートの梵は、今シーズ......続きを読む»

バレーボール世界選手権女子セミファイナルラウンド日程

こう言う情報、JVAがもっときめ細やかに解りやすく掲載してくれればいいんだけどねぇ・・・ 【セミファイナルラウンド・代々木第一体育館】 12:30~ ポーランド×オランダ  (9位~12位決定戦) 15:00~ ロシア×アメリカ     (準決勝) 18:00~ 日本×ブラジル     (準決勝) 【セミファイナルラウンド・東京体......続きを読む»

木村依存バレーの限界・・・真鍋正義監督が犯した3つのミスがとにかく手痛すぎる!【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)第2次ラウンド・東京vsロシア】

手っ取り早く今日の真鍋采配のミスをあげる。 (1)第3セットローテーション表を書きミスしたこと (2)木村沙織の控えを用意していないこと (3)レシーブ体制 (1)については、男子の植田監督みたいなミスだとツイッターでも散々話題になった。初歩的なミスだ。 井上に代えて第3セット頭から荒木を起用しようとしたのだが、提出したメンバー表には「井上」と誤植。......続きを読む»

“格”の違いを見せつけたという意味ではいい試合だったと思うが・・・竹下、そのトス配分はないだろ!!【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)第2次ラウンド・東京vs韓国】

バレーボール世界選手権において、日本女子が28年ぶりに4強に残った。予選ラウンドで、アメリカにも、イタリアにも、ブラジルにも、キューバにも当たらずに4強に残った。 男子の世界選手権では開催国のイタリアが有利になるような組み合わせだったが、それに勝るとも劣らない・・・いや、会場がずっと代々木で固定と、移動がないと言う意味ではイタリア以上に恵まれてると思う火の鳥NIPPON。「開催......続きを読む»

エバタが翔んだ~エバタが翔んだ~佐野は一人でアンダーしてるのね~【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)第2次ラウンド・東京vsトルコ】

トルコ相手(←しかも締まりのあまりなかったトルコ)に、ビシッと力の差を見せるべくストレートゲームをしてほしかった・・・というのが本音。 だが、第2セットの泥沼の展開の中、最後の最後で栗原の強烈なジャンプサーブで連続得点をし、23-25まで追い上げたことがこの試合の味噌。あのセット、栗原のサーブのお陰で「悪いセットの落とし方」ではなくなった。まぁ、平たく言えば「トルコに傾......続きを読む»

この中国に勝てないとは何たるや・・・真鍋采配の迷走っぷりが露呈された試合【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)第2次ラウンド・東京vs中国】

いやぁ~、酷い試合だったねぇ。お互いに。 日本は出だし、井上が2連続でクイックを決め(しかもセッター前)、この上なくいい形でスタートした。が、終わってみれば、井上+荒木+山本のMB3選手の合計した決定率はわずか38%にとどまった。井上はブロックで活躍していたからまだいいとしても、山本はつなぎ面こそよかったがそれ以外がさっぱり。第3セットになってようやく荒木と交代させられ......続きを読む»

バレーボール世界選手権(通称:世界バレー)女子、第2次ラウンドの日本の日程と対戦相手情報について

第1次ラウンドのA組を1位通過した日本は、引き続き代々木第1体育館で第2次ラウンド4試合を戦う。 この第2次ラウンドは、プールAとプールDのそれぞれ上位4チームが、総当たりで対戦する4連戦である。従って日本は、プールDの上位4チームであるロシア、韓国、トルコ、中国と対戦することになる(因みに、プールAの上位4チームは日本、セルビア、ポーランド、ペルー)。 対戦日程はこ......続きを読む»

酷似~前田健太と木村沙織の境遇~

目下、バレーボール世界選手権女子(通称・世界バレー)が行われている最中だが、その中で打ちまくって、拾いまくっているのが木村沙織である。 数字を出すまでもなく、「とんでもなく働かされてるんだろうなぁ~」ということは感覚的にお察しいただけるかと思うんだが、事実そう。普通だったら、攻守にこれだけ負担のかかる選手は(いや、世界の常は主力選手であれば)格下相手の試合などでは温存される......続きを読む»

大雑把軍団に勝って5連勝だけれども・・・いいのかそれで?【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)予選ラウンド・東京vsセルビア】

大アマちゃんな予選Aグループ、5連勝で1位通過おめでとうございます。プールBやプールCを無傷の5連勝で突破したら素直に喜ぶところなんだが、私はご存じのとおり素直ではない。よって、このアマちゃんグループを5連勝で突破しても、「だって開催国有利になっていて、とんでもなく相手に恵まれてるんだから、これぐらいしてもらわないと」と思ってしまうのである。 とは言え、ここ2年分の悪かった......続きを読む»

まえけん、沢村賞受賞・・・だが。

前田健太が沢村賞を受賞。 これは非常に喜ばしいことで、カープを象徴するエースになったことを決定づけたと言っていいと思う。過言すれば、「まえけん世代」と言っていいことになるでしょうね。「マー君世代」といういい方はOKだと思うけども、「ハンカチ世代」なんかじゃないでしょ。 まぁ、そんなことはどうでもいいとして・・・ 今季のような使い方をしている以上、まえけんは壊れる......続きを読む»

コスタリカが世界バレーに出ていいのかという、制度的問題点に行きつく試合【真鍋JAPAN・世界選手権2010(女子)予選ラウンド・東京vsコスタリカ】

FIVBの世界ランキングが明らかにおかしいって言うことは、言うまでもないことである。そして、「真の世界一」を決めると謳っているこの大会に、コスタリカやアルジェリア、ペルーというチームが出ている反面、強豪ぞろいのため欧州大陸予選を突破出来ないクロアチアフィンランドやアゼルバイジャン、ベラルーシというチームがいないというのは矛盾でしょう。 というような話にも発展した今日のツ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:11466321

(10月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss