ちょっと一言言わせていただきます!

月別アーカイブ :2010年03月

あー、春休み【また君に鯉してる~カープ戦跡2010~5/144】

試合開始時刻・・・18:00 球場・・・マツダZoonZoomスタジアム スコア・・・T6-4C 勝利投手=久保(1-0-0) セーブ=藤川(0-0-4) 敗戦投手=齊藤(0-1-0) T 105 000 000  6 C 200 101 000  4 「あー、春休み」って感じの4連敗。花冷えもいいところで、ズムスタは外気も......続きを読む»

合成、滑り込み【2009/2010V・プレミアリーグ男子選評・28】

書いたつもりでいたんですが、書いてなかったですねぇ。春高だとか、全日本メンバーだとか、セリーグ開幕だとかの記事を書いている中で、忘却の彼方にありました。 痛恨の極みですね。申し訳ない。 【宮崎市体育館】 サントリー3-0FC東京(25-20 25-23 25-16) 【サントリー】 テオ 山村 柴小屋 米山 鈴木  栗原  L=津曲 【東京】......続きを読む»

永川劇場、一時休止

大野コーチ曰く、永川を抑え降格させるようだ。 これについては、判断がしがたい。シーズン序盤で思い切って配置転換するということを「英断」ととらえるか、それとも「短気」だととらえるか、難しいところである。 個人的に思うのは、下手にリリーフで使うぐらいなら、ファームで走りこみでもさせればいいのに、ということである。大竹や今井がおらず苦しい台所事情だが、ストッパー再生に並々な......続きを読む»

どうして倉じゃないんだろう、どうして永川なんだろう、どうしてまた横山続投なんだろう、どうしてヒューバーと廣瀬の打順を入れ替えることさえしないんだろう・・・【また君に鯉してる~カープ戦跡2010~4/144】

試合開始時刻・・・18:00 球場・・・マツダZoomZoomスタジアム スコア・・・T6-3C 勝利投手=能見(1-0-0) セーブ=藤川(0-0-3) 敗戦投手=青木(高)(0-1-0) T 121 101 000  6 C 100 200 000  3 本拠地開幕戦、惨敗である。 今日も、野村采配に疑問である。 ......続きを読む»

春高2010大会第7日目試合結果

遅くなりましたが・・・ 【男子決勝】 東洋3-0鎮西(25-20 25-18 25-21) ん・・・意外と言えば意外な結果である。ストレート、という結果に終わるとは思えなかった。 終わってみれば柳田という将来の全日本エースの誕生を予感させることが、この大会の一番の出来ごとになりそうな気がしてならない。前衛からはもちろん、バックアタックもなかなかいい......続きを読む»

永川劇場、解禁【また君に鯉してる~カープ戦跡2010~3/144】

試合開始時刻・・・14:00 球場・・・ナゴヤドーム スコア・・・C7-8xD 勝利投手=高橋(1-0-0) セーブ=() 敗戦投手=永川(0-1-0) C 000 240 001 0  7 D 000 303 001 1x  8 永川劇場、解禁 右手で目を覆いながら天を仰ぐポーズをするカープファンの姿が、なん......続きを読む»

いい投手を打てない病・・・ポイントは2つ【また君に鯉してる~カープ戦跡2010~2/144】

試合開始時刻・・・15:00 球場・・・ナゴヤドーム スコア・・・C0-7D 勝利投手=チェン(1-0-0) セーブ=() 敗戦投手=ジオ(-1-0) C 000 000 000  0 D 000 004 30×  7 今季初の黒星、負けるべくして負けたと思う。 ポイントは2つ、初回の梵のエンドランと、中軸の不振だ。 ......続きを読む»

開幕戦5連勝はマエケンのお陰だが・・・~【また君に鯉してる~カープ戦跡2010~1/144】

試合開始時刻・・・18:00 球場・・・ナゴヤドーム スコア・・・C3-1D 勝利投手=前田健太(1-0-0) セーブ=永川(0-0-1) 敗戦投手=吉見(0-1-0) C 200 100 000  3 D 000 010 000  1 今年も、144試合完全レポをします。 早いものでもう、ブログ初めて4年目ですからねぇ・......続きを読む»

セリーグ順位予想2010

毎年のことながらの順位予想。 今年も例によって、各球団の戦力を点数化してみる。 【巨人】 投手陣・・・4.4 打線・・・4.7 守備走塁・・・3.7 総合・・・4.4 戦力分析詳細 【中日】 投手陣・・・4.5 打線・・・3.6 守備走塁・・・3.9 総合・・・4.0 戦力分析詳細 【ヤクルト】 ......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~広島東洋カープ~

連載12回目(最終回)は、広島東洋カープを特集。 今季のカープ、まったく期待していない。いや、出来ない。 ファンがこういうことを言ってしまうのはどうかと思うが、Aクラスさえ厳しいと見る。 原因は、野村新監督である。そもそも、就任に否定的だった私だが、どうしても就任後もいいビジョンを見ることが出来ないのだ・・・ 機動力野球が形になりつつあるのはいいの......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~横浜ベイスターズ~【スペシャルバージョン】

連載第11回目は、横浜ベイスターズを特集。 今年も昨年に引き続きまして、横浜ファンの悪友氏に「戦力分析」の執筆を依頼したところ快諾していただきました。よって、よって今年もそういう感じで横浜の戦力分析をします。 以下、私の文ではありませんので・・・ 2年連続最下位に沈んだ横浜。今季は巨人から尾花新監督を迎え、球団社長も交代、大量......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~阪神タイガース~

連載第10回目は、阪神タイガースを特集。 昨年は真弓体制1年目だったが、4位。今季は城島を補強したことで話題を集めたが、果たして・・・ 投手陣は、久保田を後ろに回したことで、後ろにいくらかの厚みが出た。ただ、アッチソンが抜けた穴は大きく、メッセンジャーも穴を埋めるだけの活躍を期待するには期待薄。右の西村、左の筒井が伸びてきたことが救いだが、藤川につなぐのに苦労......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~東京ヤクルトスワローズ~

連載第9回目は、東京ヤクルトスワローズを特集。 昨年は、前半戦リードしながらも、後半戦は苦労して、最終的に何とか4位に入ったというヤクルト。 高田体制3年目だが、投打にわたって不安がいささか。 投手陣についてだが、先発は左の石川、右の館山の2枚看板が柱。館山に関してはキャンプ中に肩を痛めたが、どうにか開幕には間に合わせてきた。石川に関しては言うことなしの......続きを読む»

春高2010大会第6日目試合結果(男子)

大会6日目は、準決勝2試合が行われた。 【準決勝】 雄物川1-3東洋(20-25 14-25 25-17 25-27) 1,2セットは点差の通り、東洋のペース。だが、エース柳田の調子は一向に上がらず。 第3セット、エンジンのかかりだした雄物川は、相手ミスにも乗じてリードをジワジワ広げる展開。 そのまま第4セットも進んだのだが、東洋は何とか中盤から立て直し......続きを読む»

春高2010大会第6日目試合結果(女子)

大会6日目は、いよいよセンターコートで準決勝。 【女子準決勝】 東九州龍谷3-1鹿児島女子(25-18 29-27 22-25 25-21) 今年も東龍が、決勝進出。 鹿児島女子はセッター南を中心に、鳥越や藤田が健闘したが。 古川学園3-0共栄学園(25-9 25-22 25-19) 古川学園決勝進出。 古川がどちらかと言えば正統派なバレ......続きを読む»

春高2010大会第5日目試合結果(男子)

大会5日目は、準々決勝が行われた。 【男子準々決勝】 東洋2-0弥栄(25-17 25-16) 唯一残っていた神奈川県勢だけに、何とかセンターコートに進んで欲しかったんだけど。 まぁ、東洋の実力の高さについては言うまでもないのだが、弥栄も去年今年とよく頑張ったと思うよ、ホントに。 習志野0-2鎮西(12-25 14-25) ともに高さのある......続きを読む»

春高2010大会第5日目試合結果(女子)

大会5日目は、準々決勝4試合が行われた。 【女子準々決勝】 東九州龍谷2-0山形市立商業(25-13 25-15) 比金を中心に攻撃を展開した東龍が、格の違いを見せつけた。山形市立商業も、下北沢成徳を破るなど快進撃を続けてきたものの、ここまで。センターコートには行けず。 鹿児島女子2-0八王子実践(25-18 25-23) そうか、言......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~中日ドラゴンズ~

連載第8回目は、中日ドラゴンズを特集。 毎年、しぶとくAクラス入りしてくる中日。“オレ流”と評される落合采配が、常に注目されるところである。 今季は、アライバの配置転換が最たる話題だったが、開幕を前にして荒木が怪我で戦線離脱。井畑をショートに戻し、センターを守る予定だったセサルをセカンドで起用することが濃厚だ。 そのセサル、オープン戦ではあまりよくなかったが......続きを読む»

12球団戦力分析2010年版~読売巨人軍~

連載第7回目は、昨年の覇者ジャイアンツを特集。 言うまでもなく、優勝候補最右翼。 投手陣に不安があるが、他のチームで言う不安と、このチームで言う不安はわけが違う。あくまでも、あの強力打撃陣に比べればいささか不安だ、と言う感じの不安である。 山口先発転向が当たるか外れるかが、チームの成否を分けるところの1つだが、まぁ山口先発転向というのも、投手陣全体に......続きを読む»

春高2010大会第4日目試合結果(男子)

女子同様、3回戦が行われた大会3日目。果たして結果は・・・? 【男子3回戦】 東洋2-0福岡大付属大濠(25-19 25-20) 松山工業0-2弥栄(18-25 20-25) 都城工業2-0東海大四(25-23 25-14) 宇部商業0-2鎮西(21-25 17-25) 雄物川2-0別府鶴見丘(30-28 25-16) 鹿児島......続きを読む»

春高2010大会第4日目試合結果(女子)

大会も半ばを過ぎた4日目。強豪どうしの試合も増えてきた。 【女子3回戦】 大和南0-2共栄学園(21-25 18-25) 誠英0-2八王子実践(18-25 28-30) 東九州龍谷2-0増穂商業(25-18 25-21) 人間環境大岡崎学園0-2古川学園(18-25 15-25) 九州文化学園2-0津商業(25-17 25-23) ......続きを読む»

2010年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー33人発表!~このメンバー召集は2009年に行うべき!チグハグさ満点な召集に疑問、あえて希望を見出すならば期待の選手が数名入ったことか(下)

解説が長くなりすぎたので、上下にわけております・・・ (上はこちら) 次に、各部門の問題や課題について。 どうせ今年も竹下固定なんだろうけども、今の全日本において一番のネックは間違いなく低身長の竹下であることは間違いない。 組織的ブロックを完成、更には高い位置でボールを捌くことによる高速バレーの完成には、高身長セッターは必須である。 ましてや今年は、......続きを読む»

2010年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー33人発表!~このメンバー召集は2009年に行うべき!チグハグさ満点な召集に疑問、あえて希望を見出すならば期待の選手が数名入ったことか(上)

去年は、4月の中頃に発表されたメンバーだが、今年は意外と早めに発表された。 今回選出された33名のメンバーの中から、6月の欧州遠征、夏のWGP2010、そして秋の世界バレー(日本開催)が選ばれることになる。 それでは、まず最初に33人を見てみましょうか。その後に、解説を入れさせていただく。 1  竹下佳江  (S)  JTマーヴェラス 2  横......続きを読む»

春高2010大会第3日目試合結果(男子)

それでは、大会3日目の男子の結果を。 【男子2回戦】 聖隷クリストファー0-2弥栄(23-25 17-25) 東洋2-1大村工業(29-27 23-25 25-16) ともに優勝候補の一角であるチーム同士の試合だが、エース柳田の踏ん張りが最後はモノを言って、東洋の勝ち。 大村工業は、ブロックとディフェンスで粘ったが、及ばず。 駿台学......続きを読む»

春高2010大会第3日目試合結果(女子)

大会3日目は、2回戦が行われた。 【女子2回戦】 下北沢成徳2-1宮崎日大(20-25 25-20 25-20) 大竹にボールを集めた成徳が、しだいにリズムをつかんで試合をものにした模様。 結局は、そう言うバレーになるんでしょうねぇ。 氷上0-2共栄学園(24-26 18-25) 春高常連同士の試合は、堀川のいる共栄学園に軍配。 第1......続きを読む»

春高2010大会第2日目試合結果(男子)

女子に引き続いて、男子の方のレポも書きあげていきましょう。 【男子1回戦】 鎮西2-0作新学院(25-20 25-13) 作新学園の監督がうなるほどに完成度の高いブロックを発揮した鎮西。どうやら、看板に偽りなしの模様であり、このブロック力を武器に上位進出を窺う。 聖隷クリストファー2-0五所川原工業(25-19 25-16) 宮崎工業2-......続きを読む»

春高2010大会第2日目試合結果(女子)

波乱が起こるのが、春高。 そして・・・「私が大会前に立てた予想が必ず外れる」・・・それも、春高。 そんなことはさておき、サクサクっと、結果を見ていきましょう。 今日は未消化の1回戦と、2回戦の一部が行われた。 【女子1回戦】 北陸0-2氷上(25-27 19-25) 博多女子2-0川崎橘(25-19 26-24) 一応神奈川県勢として注目......続きを読む»

篠田、求める段階にないのではないか~2010年カープオープ戦記vs阪神

試合開始時刻・・・13:00 球場・・・マツダZoomZoomスタジアム スコア・・・T10-6C 勝利投手=能見(2-1-0) セーブ=() 敗戦投手=篠田(0-2-0) T 001 144 000  10 C 100 310 100   6 オープン戦ととはいえ、負けると悔しいし、特にあの二人に打たれるのは悔しい。 ......続きを読む»

合成、4強入りにリーチ【2009/2010V・プレミアリーグ男子選評・27】

【三島市民体育館】 パナソニック2-3堺BZ(22-25 25-23 26-28 25-22 11-15) 【パナ】   清水   小西 川村 タヴァレス  白澤 宇佐美  L=永野 【堺】 エンダキ 松本 北島  石島   大道 今村     L=井上 A表 B表 4強を決めたどうしの試合だが、途中出場の西尾の活躍もあり、堺のフルセ......続きを読む»

春高2010大会第1日目試合結果(男子)

女子に引き続き、男子の方もサクサクっと書いていきましょ。 【男子1回戦】 東山1-2創造学園(14-25 25-19 23-25) 壬生監督率いる創造学園が、競り合いの第3セットをものにして1回戦突破。創造学園の192cmのセッター渡邊のツーで得点して、3セット目の25点目を取ったようで、この渡邊に今後注目か。 大商大0-2雄物川(23-2......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:11465713

(08月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss