ちょっと一言言わせていただきます!

月別アーカイブ :2009年11月

このトス配分率をどこまで維持出来るか・・・【2009/2010V・プレミアリーグ女子選評・2】

【有明コロシアム】 NEC1-3デンソー(16-25 25-18 16-25 12-25) 【NEC】 八幡 松浦 内藤 杉山 秋山 フォフィーニャ  L=井野 【デンソー】 ハイーネ 鈴木 矢野  井上   熊谷 細田  L=片下 A表 B表 NECが、松崎を外して内藤を起用した意図としては、何とかコート内の状況を変えたかった......続きを読む»

ライトには芝田を・・・【2009/2010V・プレミアリーグ女子選評・1-3】

【グリーンアリーナ神戸・TV観戦】 JT3-0東レ(25-18 25-19 25-23) 【JT】 谷口 石川 キム・ヨンギョン 位田 山本   竹下         L=井上 【東レ】   木村   荒木 大山加奈 バルボッサ  森 中道     L=濱口 A表 B表 やはりねぇ、怪我明けの大山とバルボッサを対角......続きを読む»

両チームとも苦い開幕【2009/2010V・プレミアリーグ女子選評・1-2】【生観戦】

生観戦レポ2試合目。 【有明コロシアム】 トヨタ車体0-3デンソー(18-25 21-25 14-25) 【トヨタ車体】 レナタ 堀崎 田原  眞   船崎 都築  L=八田 【デンソー】 ハイーネ 鈴木 矢野  井上   熊谷 細田  L=櫻井 A表 B表   「うちのチームは大砲がいないので・・・」 これは、ヒーロ......続きを読む»

パイオニアの勢いはどこまで持つのか・・・と言うか、NECは軽くヤバい!?【2009/2010V・プレミアリーグ女子選評・1-1】【生観戦】

さてさて、今年も選評をツラツラと書き綴っていこうと思うので、ひとつよろしくお願いします。 本日は生観戦と言うことで、有明①、有明②、神戸と3つに分けて記事をアップしようと思う。 【有明コロシアム】 NEC1-3パイオニア(22-25 25-23 22-25 22-25) 【NEC】 澁澤 有田 松崎 杉山 秋山 フォフィーニャ  L=井......続きを読む»

デンソー×トヨタ車体速報

デンソー3−0トヨタ車体(25-18 25-21 25-14) デンソー…4 2 20 34 8 5 L9 トヨタ車体…1 5 15 17 9 4 L11 1S…デンソーはハイーネの打数多い立ち上がり。車体は藤原、河村、金子と次々投入するも全くダメ。かと言ってデンソーもよくないが… 見応えがなかなか見い出すせないうちに、デンソーがリードを広げて逃げる。 2S......続きを読む»

NEC×パイオニア速報

NEC1−3パイオニア(22-25 25-23 22-25 22-25) N…5 4 6 16 2 8 L10 パ…3 2 23 7 0 5 L20 1S…NECはミスで自滅。ミスさえなければパイオニアはグダグタ。 2S…NECリードで展開は進むが、パイオニアも離されない。パイオニアが、23-23と土壇場で追い付くがフォフィーニャが踏ん張ってNEC。 3S…序盤はNEC......続きを読む»

V・プレミアリーグ女子~助っ人外国人評~

『チームの顔』はもう買いましたか? 『チームの顔』とは、野球などで言うところの“選手名鑑”に相当するものである。これについて毎年思うのだが、これの発売日は遅すぎるね・・・今年は開幕前日に発売だが、もっと余裕を持って発売できないものか。 しかも、発売日に都内大手書店でさえおいていないところがあり、今年も発売日に手に入れるのに四苦八苦した。 こう言うところからしても、Vリー......続きを読む»

あなた流の全日本候補選手を探せ!!~V・プレミアリーグ女子開幕直前・リーグ全体展望~

さて、11月28日(土)~4月10日(土)までの長い長いV・プレミアリーグ女子がいよいよ開幕する。 今年から、昨年の10チーム制から8チーム制へと移行された。 それに伴い、レギュラーラウンドの試合数も、10チーム総当たり3レグ制(27試合)から、8チーム総当たり4レグ制(28試合)へと変化。下位2チームの入れ替え戦出場と、上位4チームによるセミファイナル&ファイナルの......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~JTマーヴェラス

戦力分析の連載第8回(女子の最終回)は、JTマーヴェラスを特集したい。 巷的には、このチームの今年の躍進の呼び声が高いのではないだろうか。 ただ、私の見解としてはこちらの過去記事で表明したとおり、JTの躍進には、全幅の信頼を置いていない。 とは言え、大きな戦力を保有していることに変わりはないわけで、だったらこの際問題解決をするべきではないかと思うのだ。 全日本......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~岡山シーガルズ

戦力分析連載の第7回目は、岡山シーガルズをピックアップする。 よくも悪くも、毎年だいたい同じような感じのチームに仕上がるのがシーガルズ最大の特徴(って言うか、選手の入れ替えが年によって激しくあったりなかったりが少ないわけで・・・)。 更に、このチームのもっともいいところと言うと、兎に角粘って粘って粘り倒すと言うことである。シーガルズに負けたチームが一様に口にするの......続きを読む»

アルバラードは・・・あると思いません!

野村カープの補強話第3弾は、ジャンカルロ・アルバラード投手だそうだ。 アルバラード投手は、31歳。 193cmと長身ながら、極めて変則的なサイドスローの右腕である。変則的、と言うよりかは、如何にも嫌らしい投げ方である。 ↑こんな投手。 この写真は、08年アジアシリーズ決勝で、涌井と投げ合った時のピッチングである。 まぁ、確かに6回を3失点で抑えるような感......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~パイオニアレッドウィングス

連載第6回目は、パイオニアレッドウィングスを特集。 今年のパイオニアは別名、「99年葛和JAPANの21世紀ヴァージョン」と言うところだろうか。 多治見がいて、板橋がいて、成田(当時は大懸)がいて・・・ まぁ、板橋や成田が入ったというあたり、戦力増減を見てみよう。 (マイナス) ハニーフ・パーク・タイーバ  (WS)  →退団 庄司夕起  ......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~トヨタ車体クインシーズ

連載第5回目は、トヨタ車体クインシーズをピックアップする。 去年は、シーズン途中からサウスポー高橋をMBで起用すると言う、極めて面白い作戦に出た車体。セッター横のMBと言うポジションの新形体を見た。 ところがその、チームを長らく支えてきた高橋が引退。MBの及川も、復帰しながら結局引退と言うことで、こちらをどうするかが問題。一先ず、田原(旧姓:飯田)を日立佐和から獲......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~デンソーエアリービーズ

戦力分析の連載第4回目は、デンソーエアリービーズを特集。 今シーズン、昨年比でもっとも苦労しそうなのがこのデンソーではないかと思うのだ(まぁ、パイオニアも同じか・・・)。 岡野の引退に、横山が「?」な状態で、セッターに不安を抱えているのである。あからさまに去年は、横山の離脱によってそれまでの連勝街道から転落して、最後は命からがら4強に居残った、と言う感じだった......続きを読む»

植田JAPAN・課題と可能性、そしてロンドンへの希望・・・崖っぷちの2010年を乗り切って、2011年以降へと羽ばたいてもらいたい!~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009男子・vsブラジル~

さて、グラチャンが終わった。 結果は3位。 この出場国の中で3位を確保出来たと言うことは、一定の評価は出来ると思う。ただ、アメリカ、イタリア、フランス、ロシア、セルビア・・・などなど、世界の競合国がまだまだウジャウジャと沢山いるのも事実。 日本と同等のレヴェルの国として、中国やアルゼンチンや、オーストラリアもいるわけであり、そう言う意味では2010年世界バレー(イタリア......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~NECレッドロケッツ

戦力分析の連載第3回目目は、NECをピックアップ。 井野、内藤が入ったことで、高橋、成田の抜けた穴を随分防げるだろうと思う。 まぁ、このチームの今年の最大の目玉は、セッターの起用法だろうと思う。 秋山が正セッターとして考えられるが、松浦がOPに入ることによって1.5セッターみたいになることも出来るし、途中交代などで攻撃強化したりすることも出来るし・・・と、可......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~久光製薬スプリングス

戦力分析の連載第2回目は、昨年準優勝の久光製薬を取り上げる。 今回、監督を筆頭に選手が大幅に入れ替わった久光製薬。 正セッター、WS、助っ人などなど、刷新されたのだが、軸となるベテラン先野がキャプテンであり、正セッターと予定される原ももともとは久光の選手。狩野美雪あたりも復帰してくるだろうから、チームが変わったからと言って大崩れする、と言う可能性は相当低いと考......続きを読む»

植田JAPAN・言うほど悪い試合ではなかったと思うが、オプションの少なさが課題~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009男子・vsキューバ~

セットカウントだけを見れば、ストレート負けだが、あながち悪い負けではなかったなぁと思う。 例えば今年のWLで4試合戦っているが、その時はセットを取りながらも負けている。つまり、結果だけを見れば過去4試合の方がいい試合をしているとも言えなくもない。 が、内容をかみ砕いて検討してみると、ワンタッチを取れていたこと、粘りを持ってレシーブにあたれていたこと(特にディグ)、福澤と石島が......続きを読む»

V・プレミアリーグ2009/2010~開幕前戦力分析~東レアローズ

さぁ、今年もやります!「V・プレミアリーグ開幕前戦力分析」 第1回目は、昨年も優勝し、2連覇中の東レアローズをピックアップ。 まずは、主な戦力の増減を見てみよう。 (マイナス) 東山由香     (S)   →PFU 松下琴美     (MB)  →PFU 小松崎さ代子   (L)   →引退 張越紅     (WS)  →退団......続きを読む»

野村カープ、フィオレンティーノ獲得へ・・・

ヒューバーに続く助っ人として、野村カープはジェフ・フィオレンティーノの獲得に乗り出した。 フィオレンティーノのは、26歳の外野手で、右投げ左打ち。 今シーズンは3Aノーフォークで102試合に出場し、3割1分2厘、12本塁打、67打点、13盗塁の成績。左投手に対して3割1厘と打率を残している点、また選球眼がいい点が頼りになるシュールストロム駐米大使のお眼鏡に適ったようだ。 ......続きを読む»

【速報】植田JAPAN・とりあえず3位以上は確定

本日のグラチャン、日本戦(vsキューバ)を前にして、日本の3位以上が決定した。 今日の第2試合、ポーランド×イランの結果で、ポーランドが勝てば3位以上が決まる・・・と言うところだったのだが、そのポーランドがセットカウント「3-1」でイランを下したために、日本の3位以上がここに決定した。 イランはよく、ブロック制相手にプレッシャーをかけ、接戦に持ち込んだ。サーブ、サ......続きを読む»

植田JAPAN・勝負所で覚醒出来るのが真のエース!そう言う意味では今日の清水は立派!!~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009男子・vsイラン~

苦しみはしたが、日本は何とかイランをを下した。 イランは、徹底したサーブでの狙いと、しつこいブロックで日本に食い下がってきた。今年3試合目であり、今までの2試合はいずれも日本に負けていることもあって、目の色を変えて挑んできたイランだった。 福岡でのイランの2試合を、ある程度部分的に観たが、全くその時とは違う印象を受けた。やはり、“打倒日本”を今大会のキーワードにしてきていたのだろ......続きを読む»

おい、植田監督!!

イランに3-2で勝った。その試合の全体の解説については、後続の記事で書く。 この記事で問題にしたいのは、第5セット、15-14の場面での植田采配・古田INについてである。 あの場面の前を詳しく書くと・・・ 12-12 米山レフトからタッチアウト 13-12 清水サーブで崩し、ワンタッチを取って清水のバックライト 14-12 清水のサーブはわずかにアウト 14-......続きを読む»

植田JAPAN・エジプト戦解説補足~トス占有率についての推論~

さてさて、気づけばもうあと1週間でV・プレミアリーグの開幕でもある。毎年恒例のチーム分析記事も本腰を入れて書かないと・・・という時期だ。 グラチャンとの間に、もう1週の猶予があれば、余裕を持ってこちらも記事を書けるし、選手もコンディションを整えやすそうなものだが・・・ そんなことはさておき、昨日のエジプト戦の補足解説。と言うか、推論の域を出ないことなので、補足推論の方......続きを読む»

植田JAPAN・植田采配一部疑問も、エジプトはピラミッド大崩壊で自滅!!~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009男子・vsエジプト~

エジプトにとっては身も蓋もない試合であった。 9月の、WL2010プレーオフマッチで、清水も田辺もいない日本に2連勝して、“天狗”になっていたのでしょう。そんな感じがありありと見受けられたエジプト。試合前コメントでも「イージー!」と言っていたようであり、そんな心構えでは、清水と田辺の揃った全日本に首尾よくやられるのがオチである。 ピラミッドで言えば、きちんと自分たちいバレーを......続きを読む»

植田JAPAN・冴える阿部のトスワーク!ただ、布石を打った宇佐美の存在も忘れるべからず!~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009男子・vsポーランド~

ナイスゲームだったと思うが、まず前提として考えておきたいのは、TV中継で報道されていない事実である。 放送が始まって見てびっくりしたが、ポーランドはこの大会、正オポジットのブラズウィに加えて、正セッターのザグムニさえ登録されていないのだ。まぁ、欧州選手権にもブラズウィは登録されていなかったから、ある程度この不出場は予測可能だったが、まさか正セッターのザグムニを登録してこないとは......続きを読む»

植田JAPAN・敵国を踏まえながら大会展望を考えてみる

さぁ、日付変わって今日から始まるグラチャン男子。 全敗の可能性もあれば、一角崩しで3位入賞も・・・なんて言う可能性もなくはない植田JAPAN。さりとて、まぁ今回は怪我人続出だから、厳しい戦いになるのは間違いないわけで。ベストメンバーだったら、自信を持って一角を崩しに行くだけの力が充分にある、と書けるのだが、ベストメンバーではないから「可能性もなくはない」という評価に止まってしま......続きを読む»

植田JAPAN・ワールドグランドチャンピオンズカップベンチ入りメンバー14名

日テレの方で発表されたメンバー。 こう言うのって、JVAが先行して発表すべきだろうと思うけど・・・相変わらず仕事が・・・ねぇ。 メンバーはこちら。 1  田辺修    L   東レアローズ 2  阿部裕太   S   東レアローズ 4  枩田優介  MB  パナソニックパンサーズ 5  宇佐美大輔 S   パナソニックパンサーズ 7  井上裕介   L ......続きを読む»

広島東洋カープ2010スタッフ発表~注目の緒方は、“1軍野手総合コーチ”~

さぁ、野村新政権下のコーチングスタッフが発表された。 【1軍】 監督       野村謙二郎 (77) ヘッド兼投手  大野豊 (74) 打撃統括    内田順三 (72) 打撃       浅井樹 (82) 投手       山内泰幸 (80) 内野守備走塁 高信二 (71) 野手総合    緒方孝市 (79) バッテリー    植田幸弘 (84)......続きを読む»

真鍋JAPAN・またしても勝てる試合を落とした・・・結局すべては、選手選考の段階から問題は始まっているのだ!~ワールドグランドチャンピオンズカップ2009女子・vsイタリア~

勝てるを試合を落とした・・・と言うのはなかなか辛いところである。 今日のイタリア、ハッキリ言って調子は良くなかったと思う。特に出足は浮足立っており、軸であるジョーリ、ピッチニーニ、ロビアンコの悪さを感じたのである。 その3人の不調をきっかけに日本は一時は5点のリードをしたのだ。でも、その第1セットを取れなかったのだ・・・何故か。それは、木村のミスが端緒ではなかったか。 ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:11464701

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss