ちょっと一言言わせていただきます!

月別アーカイブ :2007年12月

2007年をカープを中心に振り返る

2007年の色々をいろはカルタで振り返ることで、今年最後の記事とさせていただこうと思う。 い:1位じゃなくても日本一 ろ:ロッテからYFK総流出 は:長谷川昌幸に来季は期待 に:25年ぶりのBクラス(西武) ほ:ホームラン王に39歳山崎武司 へ:隔たり埋まらぬブラウンと選手 と:ドタバタ継投のブラウン ち:中日ドラゴンズ日本一 り:リリーフ左腕に泣くカープ ぬ:ヌ......続きを読む»

バレーボール2007総決算

さて、2007年最後のバレーネタは今年あったこと、思ったことなどを「いろは」で締めくくる。 い:1位になったアジア選手権女子 ろ:ロシアに善戦、W杯全日本男子 は:8月決戦大惨敗(WGP女子) に:西に敵わぬ日本バレー ほ:ポーランドにもフルセット負け(WGP女子) へ:Hey!Say!JUMPを祀り上げ と:とっくに忘れた「-2」(アンダーツー) ち:地上の仕事人佐......続きを読む»

タイトルのない2007年総括

北京オリンピックを目の前にして全日本は前進したのか停滞したのか後退したのか。 女子も男子もW杯では結果を残せず惨敗。 女子はアジア杯優勝、男子はWLでイタリアやフランスから勝ったということもあったのだが、トータルで見ると今年は課題の多い年になってしまった。 光が見えた部分だってある。 女子ならば、佐野の代表復帰&大活躍。ニューヒロインともてはやされた庄司の台頭。一応、中国にも勝っ......続きを読む»

天皇杯・皇后杯のみどころ

今年度から新設された大会、天皇杯・皇后杯。 うがった見方をすれば、V・プレミアリーグ期間中に決勝ラウンドを入れなくてもいいのではないかとも思う。 男子も女子もセミファイナルラウンドから入ったVプレミア勢が優勝の鍵を握る。そこに、大学やV1リーグのチームがどう対抗して割って入れるか、ここも注目だ。 1月2日、セミファイナルR第1日目は男子は全ての試合が「Vプレミア×それ以外の......続きを読む»

5チームが同率首位の大混戦!【VLN9】(12月23日の女子試合結果)

エライことになってきた。実に面白い!(福山雅治風) 4勝2敗のチームが10チーム中5チーム、次いで3勝3敗で追うチームが3チーム。稀にない大混戦、団子状態で越年することとなった今年のV・プレミア女子。波乱の12月23日の試合結果は以下の通り。 静岡―2 パイオニア0-3東レ(23-25 18-25 24-26) パイオニア=小濱 栗原 庄司 セナ 佐々木 多治......続きを読む»

杉山マルコス復活!【VLN8】(12月23日の男子試合結果)

12月23日の男子の結果を。 大阪府立体育館―1 パナソニック2-3サントリー(21-25 15-25 25-21 25-20 12-15) パナソニック=谷村 白澤 今井 ルイスフェリッペ 森田 宇佐美 L=小糸 サントリー=坂本 栗原 越川 山村 レオナルド マルコス L=津曲 サントリーは負けなし4連勝で年内フィニッシュ。4試合目にして始めてセットを失......続きを読む»

キューバ五輪出場決定~北中米選手権まとめ~

バレーボール女子・北中米選手権が行われ、キューバのオリンピック出場が決定した。 準決勝 ・キューバ3-0プエルトリコ(25-23 25-19 25-12) ・カナダ3-0ドミニカ(27-25 25-17 25-19) 3位決定戦 ・プエルトリコ3-2ドミニカ(25-22 25-23 23-25 15-25 22-20) 決勝 ・キュー......続きを読む»

WCバレー11・30・12・1・2の結果

11月30日の結果 Aサイト(東京体育館) ・アルゼンチン0-3ブラジル(20-25 22-25 16-25) ・ブルガリア3-2ロシア(25-21 23-25 25-22 22-25 15-12) ・日本3-0アメリカ(18-25 25-27 19-25) Bサイト(駒沢体育館) ・プエルトリコ3-0チュニジア(25-17 25-17 25-23......続きを読む»

WCバレー11・26・27の結果

この1月ばかり、忙しいものでその日その日の結果を更新できず早1月ばかり。大変申し訳ありません。今更ながら、残り5日分の試合結果の更新。 11月26日の結果 Aサイト(マリンメッセ福岡) ・アルゼンチン0-3スペイン(24-26 22-25 18-25) ・エジプト0-3ロシア(19-25 18-25 19-25) ・日本0-3プエルトリコ(23-25 2......続きを読む»

永川劇場現状維持

永川が現状維持の8000万にプラス出来高で契約更改した。 今シーズンは61試合に登板したが、救援失敗は実に14回! 23%の確率(およそ4回に1回)で“永川劇場”を見たという計算になる。胃が痛い。 四球も33とこれまた多く、コントロールを乱してストレートでカウントを取りに行ったところを痛打されたりフォークを見切られたりとコントロールの向上も課題だ(まぁ、コントロールに関しては毎......続きを読む»

女子は混戦模様【VLN7】(12月22日の試合結果)

さて、女子は混戦模様を呈してきた。男子は3試合終了時点ながら差が出来つつある。 女子の結果 愛知―1 パイオニア0-3NEC(20-25 21-25 19-25) パイオニア=小濱 栗原 庄司 セナ 佐々木 多治見 L=吉田 NEC=高橋 杉山 有田 松崎 エリン 秋山 L=成田 要所要所でのサイドの決定率の差が勝敗に現れた。 パイオニアは佐々木、栗原、......続きを読む»

【VLN6】今週のV・プレミアリーグ

【男子みどころ】 今週は東レ(静岡)、サントリー(大阪)、堺(堺)のホームゲームが行われる。 特に注目すべきは、まず土曜の堺会場での「堺×パナ」だろう。全勝対決であり、同じ大阪を本拠地としたチーム同士の戦いである。 堺はエンダキ、パナはルイスフェリッペという助っ人がいるが、最初の2戦だけを観て判断すると、フェリッペのほうがチームに溶け込んでいるという印象を得た。 同じく全......続きを読む»

【VLN5】河合由貴はJTへ

今年のワールドカップで現役高校生セッターとして全国に名を馳せ、注目されていた東九州龍谷の河合由貴のJTマーヴェラスの入団が内定した。 同時に、同じく東龍の川原麻実、京都橘の井上琴絵の入団も内定した。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/volley/headlines/20071220-00000104-jij-spo.html 竹下......続きを読む»

カープ08年の4番は誰か?

ラミレスが巨人に行ったようだ。144勝出来るような羨ましい限りの戦力であるけれども、生え抜きの若手が活躍の場を失うことになるという裏面の問題もある。 対して我がカープは手塩に育てた生え抜きがどんどん出て行くという、巨人とは全く逆と言ってもいいかもしれない状況だ。その分、生え抜きにはどこの球団よりもチャンスがあるといってもいいかもしれない。ただ単に、補強費用がない、と言ってしまえばそれま......続きを読む»

ようこそ先輩~吉原知子編~の感想

改めて思った、吉原さんをいずれはまた全日本に戻したいと。監督かコーチかそれは解らないが、吉原さんが指導者に適任である事は確かである。 授業の内容が「吉原特別ルールのバレーボール」。ボールは保持をしてプレーし、アタックやトスの変わりに投げたりパスすることによってボールを回す。それを相手に3回で返すというものだ(1or2回で返すのを禁止したのはそれをOKにすると巧い子ばかりに依存してし......続きを読む»

昨年4位という共通点【VLN4】(12月16日の試合結果)

12月16日の結果。男子の2試合はTV観戦で。 まずは女子から。 茨城―1 日立佐和0-3JT(19-25 25-27 20-25) 日立佐和=井西 二川 張 松尾 飯田 黒羽 L=菅原 JT=竹下 谷口 宝来 ケニー 高木 坂下 L=小酒 谷口、高木という両レフトがよく活躍したJT。先週課題だったセンターも、坂下が入った事により改善。宝来も調子が上が......続きを読む»

負傷の木村沙織をカバーするチーム力【VLN3】(12月15日の試合結果・生観戦)

男子の開幕を東京へ観に行くか、女子の好カードを川崎へ行くか悩んだ挙句、今年は男子の試合が比較的関東近郊で多いので、関東での試合数の少ない女子を優先。 川崎―1 JT3-1シーガルズ(25-19 25-22 22-25 25-20) JT=竹下 谷口 宝来 ケニー 高木 坂下 L=小酒 シーガルズ=神田 山口 高松 若浦 森 岡野 L=吉田 JTは菅山をスタメンか......続きを読む»

明日開幕V・プレミアリーグ(男子)

いよいよ明日から男子のV・プレミアリーグが開幕する。 開幕戦とその次の日は、有明コロシアムで一挙8チームが交じり合う(4試合)バレーファン垂涎(!?)の日程。以後、全国各地を転戦して4月1週目のさいたまスーパーアリーナでの決勝戦を目指す。 男子は女子以上に各チームの戦力が拮抗しており、どこが抜け出すか予想つかない。 昨年は、豊田合成が破竹の連勝を見せ、バレーファンをある意味とて......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析18~サントリーサンバーズ

女子は昨シーズン優勝の久光製薬から始まり、最終回の第18回は昨シーズン男子優勝のサントリーで締める。 連覇。過去に5連覇を成し遂げたこともある、Vリーグ切っての強豪サントリー。選手層は厚く力のある選手が揃う。 助っ人のレオナルド・メロも2シーズン目を迎えより日本に順応しただろう。 サイドは、越川、荻野という全日本組みに加え、サウスポーで過去にスパイク賞受賞の桑田、ベテラ......続きを読む»

〜プレミアリーグの戦力分析17〜JTサンダーズ

第17回はJTサンダーズを取り上げる。 アントロポフ体制2期目となるJTはサマーリーグを制し、若手も力をつけてきた。 昨シーズンは故障者の多さに悩んだ。 ウクライナ出身のパンテレイモネンコ・マキシムは初の海外リーグとのことでそこが若干心配にならなくもない。 おなじみ加藤や平野といったベテランはおそらく控えだろうが、いざという時にチームを救ってくれる。 スーパーエースには......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析16~パナソニックパンサーズ

第16回はパナソニックパンサーズを取り上げる。 今シーズンから南部氏が監督に就任したパナソニック。 主将には移籍2年目の宇佐美を据えての新体制で今年のVに挑む。 セッターはその宇佐美が入るだろう。高速的な展開を見せてくれると思われる。が、長らくチームを離れていたことが懸念材料。山本とは合うと思うのだが。 そのスーパーエースの山本は全日本のみならず、チームの得点現であり......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析15~大分三好ヴァイセアドラー

第15回は大分三好ヴァイセアドラーを取り上げる。 昨シーズンはV・プレミアリーグ昇格1年目であり、2勝26敗と壁の高さを痛感した年だったかと思う。 昨年は増成がプレイングマネージャーとして、監督&セッターの二束のわらじをはいたが、今年からは監督にミュンヘンの戦士である西本哲雄氏を招聘した。 昨年の得点王、フィリップ・マイヨに代わる助っ人は同じくケニア出身のオンソム・デニ......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析14~東レアローズ

第14回目は東レアローズを取り上げる。 昨シーズンは惜しくも準優勝であった東レ。 今年は新外国人としてレアンドロ・アラウジョ・ダ・シルバを獲得。昨シーズンはニコロフが入ったスーパーエースポジションに入るだろう。高杉がスーパーエースの控えとなるだろうが、この高杉もまた良いため甲乙がつけがたい。 レフトは昨シーズン急成長し全日本にも召集された今田、ベテランの笠原、若い角田や米山......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析13~堺ブレイザーズ

第13回目は堺ブレイザーズを取り上げる。 ブラジル、そして全日本で鍛えた石島が戻ってきており、サイドの決定力は飛躍的に向上するだろう。 キャプテンの千葉も充分に攻守で活躍してくれるだろうし、北島や西尾らも控える。 助っ人はフランスリーグでも、活躍したブラジル人のエンダキ・エムブレイ。 センターは沢畠、伊藤と高さがある2人が今年も入るだろう。 セッターは金井がメーンにコー......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析12~NECブルーロケッツ

第12回はNECブルーロケッツを取り上げる。 昨シーズン、まさかの7位と低迷し入れ替え戦に回ったNEC。それは故障者の続発が原因であった。 昨シーズンのファイディンの代わり今年は助っ人としてブラジルのエベルトン・コンセイソンを獲得。得点源としての活躍が見込まれる。 サイドは、細川や浅倉、キャプテンの大村に、昨シーズンは内定選手だった金子、2年目の前田と役者がそろう。 ......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析11~豊田合成トレフェルサ

いよいよあさって開幕する男子のV・プレミアリーグ。戦力紹介の第11回目、男子の先陣を切って紹介するのは豊田合成。 昨シーズン、悲願の4強入りを果たした合成。開幕から怒涛の連勝で正直、他チームをゾッとさせるほど驚かせた。 だが、後半戦は前半ほどの勢いもなく、セミファイナルラウンド以降では完全に息切れ。ポストシーズンどう戦うか、またチームの体力をどう維持させるのかという課題を残し......続きを読む»

黒田はドジャース?&カープ助っ投・投・投

黒田はドジャースが濃厚なようである。MLBは年間で1試合か2試合くらいしか観ない私であるが、来年は黒田が投げる試合くらいは観るようになるだろう。 さて、去るものの話題は短く。来るものの話題をしよう。 http://sports.yahoo.co.jp/news/20071212-00000045-nks-base.html ・コルビー・ルイス(右投げ右打ち・28歳) ......続きを読む»

JT開幕2連敗【VLN2】(12月9日の試合結果)

寒くなる一方のこれからの季節ではあるが、コートの中は暑くなる一方。開幕2試合を終えて、明暗がくっきりと分かれた。 滋賀―1 トヨタ車体1-3久光製薬(25-21 18-25 22-25 21-25) スタメン(第1セット・サーブ順) トヨタ車体=船崎 都築 前田 高橋 今西 及川 L=八田 久光=狩野美雪 先野 狩野舞子 パブロワ 大村 橋本 L=佐野 トヨタ......続きを読む»

セッターの重要性【VLN1】(12月8日の試合結果)

VLN=V LEAGUE NEWSの略。シーズン終了までの間、様々な角度からVリーグにかかわるニュースを発信しようと思う。 国際大会の記事よりもざっくばらんに色々なことを書き尽くすつもりである。 さぁ、今日から始まったV・プレミアリーグ。滋賀と神戸でそれぞれ行われたが、中継があったのは滋賀会場の試合(GAORA)。今日はそこで行われた試合を中心に全5試合の簡単なレポを書く。 ......続きを読む»

~プレミアリーグの戦力分析10~東レアローズ

第10回は女子の最終回。東レアローズを取り上げる。 昨年は、サーブレシーブも木村、打つのも木村と木村、木村、また木村。大山加奈の怪我、他絶対的エースの不在が響いた。セッターが大山未希と若いことも災いしたといわざるを得ない。 今年は、助っ人として先のワールドカップでも大活躍したドミニカのデラクルス・ベタニアを獲得。大山加奈も昨年よりは試合には出られそうであり、木村ワンマン体......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:11478222

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 大村加奈子教員試験合格
  9. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss