ちょっと一言言わせていただきます!

月別アーカイブ :2007年04月

Vリーグ日韓トップマッチ女子2日目

試合結果と感想 第一試合 現代建設2-3JT 15-25 25-22 25-23 16-25 7-15 JTは1セット目を取った後、流れが悪かった。これはレギュラーシーズンから見られたJTの悪癖である。2・3セット目はミスが目立った。しかし、それ以後完璧に立て直すのがやはりJTの底力だろう。 宝来、江藤のセンター線に加え、キャプテン高木の活躍が目立った。 敗れた現代......続きを読む»

カープ戦跡07 26/144~4連勝~

13:30 広島市民球場 T4-7C 勝=黒田(3-2) 敗=小嶋 S=永川(1-2-7) 黒田は不調でしたね。球は上ずるし、コントロールもさほどでない。この3連戦を通じて言えることだが、阪神の中軸(特に金本・今岡)の調子の悪さに助けられた部分がかなり大きい。今日も結局打たれたのは下位が中心。次の3連戦、中軸が目覚めたら・・・嫌な展開になるかもしれない。 打線は、タイムリーは無い......続きを読む»

カープ戦跡07 25/144~3連勝~

13:30 広島市民球場 T1-5C 勝=佐々岡(1-2) 敗=能見 S=永川(1-2-6) 阪神の拙攻に次ぐ拙攻にとことん助けられた。13本ヒット打たれて、1失点。奇跡に近い。佐々岡もピリッとせず、挙句最終回は河内・梅津・永川がそろい踏み。9連戦にもかかわらず無駄にピッチャーを多く使った訳でブラウンの采配ミスである。 打線も、初回は確かに良かった。廣瀬はよく打ったし、つなが......続きを読む»

ショッキング・ド・ピンク Vリーグ日韓トップマッチ女子1日目

試合結果と感想 第一試合 現代建設 0 - 3 久光製薬 14-25 16-25 13-25 久光の実力の差が如実に出ていた。現代建設は、日本のムードに呑まれて実力を100%発揮できてなかったのかもしれないが、それにしても久光の安定した試合運び、相変わらずお見事である。 試合全体を通じ、センター線をうまく使っていた。先野・大村が高さと巧さを遺憾なく発揮していた。 初の対戦......続きを読む»

カープ戦跡07 24/144~キタ―(゜∀゜)――!!!~

13:30 広島市民球場 T4-8C 勝=フェルナンデス(1-1) 敗=杉山 思わずタイトルに“キタ―(゜∀゜)――!!!”とやってしまいました。 いやぁ、実に待っていた打線の目覚め。今日はかなりよかったのでは。 まずは、天谷。やってくれましたね!一昨日もヒットと盗塁で相手をかき回して、得点につなげてましたが、今日の活躍は予想を遥かに超えていた(本人には失礼ですが・・・)。......続きを読む»

昼間に強いカープ 今年もそのジンクスで勝てるか?

昨年、カープは昼間のゲームでは21勝16敗と勝ち越している。 そして、今日から始まる9連戦、そのうち7試合がデーゲームである。 先発は長谷川→佐々岡→黒田とくるだろう。黒田は目下デーゲーム無傷の10連勝中!佐々岡は昨年のデーゲームの成績が4勝(1敗)と相性抜群。長谷川も、ナイターよりデーゲームのほうが好きなようで気分も高揚! この3人で9試合中6試合を恐らく投げるだろうから、頼......続きを読む»

ストッパーの座一朝一夕にあらず 上原に果たして務まるのか? 

明日にも、巨人の上原が1軍に登録されるようだ。 当面の起用ポジションはなんと抑え。ストッパーに就くらしい。 今まで、抑えの経験のまったくない、ましてや実践登板今季0の上原にこの座は務まるとは思えない。スタミナに自信がないからという理由で後ろに回ったらしいが私はこれについて解せない。 体力に不安が残るなら、下でもっと鍛えればいい話である。抑えは連投稼業である。投げない試合でも......続きを読む»

ファームから見るカープ

<投手> 高橋・・・4・26ファームで先発。7回・3被安打・1四死球・無失点。      その前の登板も5回無失点。       調子は悪くなさそうである。上に来て活躍できるか? 小山田、佐竹あたりも1軍に戻れるだけの調子になりつつある。 <野手> 廣瀬は復帰間近か? 末永、吉田、山崎らも上に上がるチャンスはある。 チームが低迷......続きを読む»

Vリーグ日韓トップマッチ~女子~

先週末には男子の大会が行われたのですが、日本勢(サントリー・東レ)はいいところなく共倒れ。なので、今回の女子の大会で日本勢は雪辱を晴らしてもらいたいですね。 まず、簡単に韓国勢のチーム紹介。 <興国生命ピンクスパイダーズ> 大黒柱は高校生時代に代表に入り一躍世界に名を知らしめた、キム・ヨンギョンである。今季も2期連続のMVPを取る活躍。その対角にはアメリカ代表のケイティ、ライトには......続きを読む»

カープ戦跡07 23/144

18:00 ナゴヤドーム C3-0D 勝=大竹(3-1) 敗=朝倉 S=永川(1-2-5) はぁ~・・・久しぶりの勝利でしたね。 大竹は、“それなりのピッチング”が出来る投手になったように思う。“それなりのピッチング”とは、悪いなりに抑える、試合を作れるということである。今日の大竹はまさにそれだった。コントロールがさほどいいということでもなく、ずば抜けたいいボールがあった......続きを読む»

Vリーグ“生観戦紀”5-2~女子決勝および3位決定戦~

この記事の投稿がとてつもなく遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。もう、相当過去の話ですが、書きます。 決勝戦 久光製薬スプリングス×JTマーヴェラス <1セット 22-25> 浮き足立つ久光は、得意のサーブカットが総じて乱れ劣勢にいきなりたつ。一方のJTはしっかりと流れをつかみ、久光を尻目に安定したサーブカットから竹下にボールが供給され、2-8と大量リ......続きを読む»

カープ戦跡07  21・22/144 合併号

4・24 18:00 ナゴヤドーム C3-4xD(12回) 勝=浅尾(プロ初勝利) 敗=横山 いったい誰がどう、こう、という問題ではない。 栗原はよく打った。特に岩瀬からのホームランは天晴れである。 もう、それ以外は何も言うことは無い。 4・25 18:00 ナゴヤドーム C1-5D 勝=石井 敗=青木高 ついに崩れてしまったか、が感想で......続きを読む»

懲りずにまたもや・・・嶋スタメン!

1番 セカンド 東出 6番 センター 緒方 7番 ライト  嶋 まぁ、もう口がすっぱいを通り越えて、口内炎になりつつあるような感じですが、大好きなカープのため、しつこく進言させていただきます。 ブラウンさん、いい加減見切りつけろよな。若い選手、ファームのの調子のいい選手、腐るよ。 兎に角、エースの投げてる今日くらい、まともに勝って欲しいですね・・・ホント・・・ ......続きを読む»

これがカープのお勧めオーダーだ!!!

その1 二 東出 捕 倉 中 尾形 三 新井 左 前田 一 栗原 右 森笠(中東) 投 XXX 遊 梵 その2 遊 松本 二 東出 中 尾形 三 新井 左 前田 一 栗原 捕 倉 右 森笠(中東) 投 XXX 以上。奮起せよ、打線!!! ...続きを読む»

インコースを突くことの重要性

いくらアウトコースにいいボールを100球投げたとしても、インコースに1球でも投げなければ、そのアウトコースの球はいいボールにはならない。 赤いものがより鮮明に目立つのはまわりに黒や青などの色があるからだ、という事と同じである。 昨日、一昨日の永川のピッチング・・・倉、石原のリードは嘆かわしいものがある。 インコースを突かねば、アウトコースのいいボールでさえも踏みこまれて甘い......続きを読む»

カープ戦跡07 20/144~もう、知らねぇよ~

13:00 横浜スタジアム C3-4×YB 勝=クルーン 敗=永川(1-2-4) 永川よ、頭を冷やせ。球威があっても打たれる。それは何故か。それはインコースを使わないからだ。インコースさえ、しっかり一球でも突けば、アウトコースの球は遠く見え、仮に真ん中に入っても、まだどうにかなる。そこら辺のことを重々承知していただきたい。 フェルナンデスは、前回よりは目途の立つピッチング。立ち上......続きを読む»

カープ戦跡07 19/144+カープ07観戦紀 #2

14:00 横浜スタジアム C2-×3YB 勝=木塚 敗=永川(1-1-4) ブラウンよ、いい加減見切りをつけよ!嶋はもはや使い物ではない。ファーム選手と即刻入れ替えるべき選手だ。スタメンには、尾形だとか、中東を使った方が若手の成長にも即つながり、見ていてもその方がよっぽど面白い。 その嶋に象徴されるが如く、カープは貧打。シロウトはロースコアの試合を総じて投手戦と訳す傾向......続きを読む»

真価の問われる今日のカープ

昨日はめでたく快勝したのだが、これが続かなければ意味がない。 今日は、佐々岡と土肥が先発だろう。 土肥に対してカープは相性が良い。つまり、昨日の流れをもって、更に相性の良い投手との対戦なのだから、是が非でも勝たねばならぬ。 打線も1夜限りの奮起ではどうにもならない。 真価の問われる今日、私はこの眼でその姿を観にいく。是非、勝利してもらいたい。そして、流れをいいムードを......続きを読む»

落ち目の選手をFAで補強しその選手が活躍しないの法則

アンチ巨人の立場でまず一言。あっぱれ阪神! しかし、あれだ。巨人と言うチームほど学習能力に乏しいチームも珍しい。希少種だ。 毎年毎年、FAで選手を掻き集める。しかし、“眼”のない巨人はいつもその選手の過去の栄光ばかり気をとられ、その選手が真に働く選手かどうか、確かめることが出来ていない。FAで補強した選手が巨人に行くと大概活躍しないのは、活躍しない選手をとっているからだ。 ......続きを読む»

カープ戦跡07 18/144

18:00 横浜スタジアム C7-1YB 勝=大竹(2-1) 敗=三浦 大竹、今日のピッチングをファンは何年待ったことか。本人はヒーローインタビューで照れながら「プロ入り一番良いピッチングだったのではないでしょうか・・・(笑)」とのこと。ん~、6裏の2死無走者から村田にストレートのフォアボールを与えた点は反省点ですが、それ以外はGOODですね。アウトローの直球とスライダーのキレが特に良......続きを読む»

ブラウンの奇行

昨日の試合開始前、真意はわからないがブラウンが打撃好調の倉と、投手以外のバットを全てぶん投げた。 ほんとに真意はわからないが、本人曰く、米国流のチームのこぶの仕方!?らしい。 まぁ、選手からしてみれば商売道具を粗末にされたのだから不愉快だっただろう。 尤も、バットを投げたくなるブラウンの気持ちも解らなくはないが・・・ 兎に角、チームの雰囲気が悪い事に変わりはない。変えるた......続きを読む»

カープ戦跡07 17/144~崩壊~

18:00 京セラ C1-8G 勝=木佐貫 敗=長谷川(1-1) 長谷川は例の精神的甘さの見られる投球内容に思えた。しかし、打線があまりにも援護をしてくれないので、集中力が切れてしまった、といううがった見方も出来なくは無い。 マルテは1軍にはお呼びでは無い。コントロールが甘すぎた。ボールの勢いだけでは通用しない。 打線は毎度毎度の貧弱っぷり。頼みの新井もお疲れモードで、まぁ仕方......続きを読む»

カープ戦跡07 16/144~4戦連続見殺し~

18:00 京セラドーム C2-3G 勝=金刃 敗=青木(高)(0-3)S=豊田 見殺し。しかも4戦連続。 打線、どうにかしろよ! どっかのドラマではないが、今日はもう一言打線に言って終わりにする。 いい加減目覚めなさい! ...続きを読む»

管理人の独断によるVリーグチーム別MVP(女子)

このMVPはわたしがシーズンの初めから決勝Rまでの成績などを考慮し、独断で選んだものです。 ◎久光製薬スプリングス=狩野美雪選手・・・移籍1年目ながらとてもチームに馴染んでおり、チームの基盤となるサーブレシーブから、効果率の高いサーブ、スパイクもコースからブロックアウトまでソツなくこなし且つバックアタックまで打つというユーティリティーさ。解散に追い込まれた茂原から一転して優勝のチームへの華......続きを読む»

猛打・恐怖の8番打者の倉

カープファンでも、「まさか」と思うほどである。 カープの正捕手倉の打撃成績がとんでもないくらい素晴らしい! 石原の離脱により、事実上中東との捕手争いを演じた倉。オープン戦も、中東を主に使っていたブラウン監督は、倉に発破をかけて奮起を促していたのだと推測するが、当のブラウン監督も、まさか倉がここまで・・・と内心驚いているに違いなかろう。 4月17日現在の打撃成績は・・・ ......続きを読む»

Vリーグ“生観戦紀”5~男子決勝および3位決定戦~

まずは、決勝戦から。 サントリー×東レ=3-1 <1Sets 25-20> 立ち上がりに失敗したサントリーは16-14で2度目のテクニカルタイムアウトを迎える。しかし、高い打点から伸びてくる山村のジャンピングフローターサーブで東レのレシーブを崩すと、ブロックも機能し逆転に成功する。すると流れはサントリーに傾き、荻野のサーブで突き放すと、最後は越川の鋭いスパイクが東レのコートに突き刺......続きを読む»

カープ戦跡07 15/144~10番目の野手はボールボーイだった!~

18:00 スカイマーク C3-1G 勝=黒田(2-2) 敗=姜建銘 S=永川(1-0-4) ボールボーイ君はもしもカープが負けてたらボコボコにされていたでしょうね。まさに、球史残る珍プレー。 しかし、あの6回に点数を取れずに相手に流れが言ってもおかしくない場面でも黒田の集中力は切れておらず、ナイスピッチング。初回、2回の立ち上がりは相変わらず不安定さはあるもののそれ以降の状態のつか......続きを読む»

ベスト6選考の妙~Vリーグ女子~

生観戦紀は写真も織り込みたい都合上もうしばらく待ってもらいたい。 で、本題。 今大会のベスト6にデンソーの井上が選ばれた。今まで、下位のチームからは選出されることが少なかったが、今回のこの選考は実に巧い、いい選考である。 今年、彼女はブロック賞を受賞した。彼女はデンソーに在籍しているが彼女以外のブロックは昨年まではまったくダメだった。それが今年、昔東レの監督をしていた達川氏を招......続きを読む»

宮崎充登 登録抹消

本日、4月16日付けで不振に喘ぐ宮崎投手が1軍登録を抹消された。 代わりの投手は明日にも上に上がる見込みで、恐らくは手薄なサウスポーの中継ぎ(広池か佐竹)になりそうだ。 宮崎投手は、自慢の剛速球が影を潜め、ピッチング全体が小さくまとまり過ぎという印象がある。コントロールも悪く(とても悪く)、フォームやリリースポイントの修正もあるかもしれない。即戦力ルーキーの呼び声が高かった選手だ......続きを読む»

カープ戦跡07 13/144・14/144合併号

4・14 14:00 広島市民球場 D1-6C 勝=大竹 敗=朝倉 大竹がようやく今季初勝利。6回無失点で切り抜けた。「こういうピッチングをすれば勝てる」というピッチングではなかったか。 そして、「半ばやけくそで打ちました」(本人談)の梵の2ラン、前田にも1号が出て、めでたしめでたし。 4・15 13:30 広島市民球場 D7-1C 勝=中田 敗=佐々岡 ......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:11465689

(08月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss