ちょっと一言言わせていただきます!

ワールドカップバレー女子2011

絶望の中の希望【植田JAPAN・バレーボールワールドカップ2011男子vsキューバ】

開幕3連敗。 3-1、3-2と負けて、今日はストレート負け。 今日が一番“酷い負けではないか”と思った方もいらっしゃるかと思うが、今日が一番“内容のある負け”だったと思う。今日のようなバレーが出来るならば、中国、エジプトぐらいには勝つことが出来、全敗ということは回避出来るのではないだろうか。 宇佐美に代わって、第1セット早々に出てきたのが阿部。「前衛で使......続きを読む»

竹下の成長【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsアメリカ】

日本戦の直前に行われた「ドイツ×中国」の試合で、中国が勝ったために日本のW杯での五輪行きはなくなっていた。アメリカは日本戦で優勝がかかった大一番。そんな中でのこの試合、日本はアメリカをストレートで下して見せた。紛うことなき素晴らしい試合で。 竹下の成長と言うのが非常に大きい。昨秋の世界選手権の3位決定戦(vsアメリカ)で、一瞬「理解しかけた」のだが、Vリーグと今......続きを読む»

竹下とワイス、眞鍋監督とジョバンニ監督【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsドイツ】【生観戦】

全日本も好きだけど、ドイツ女子も好きという非常に微妙な立場の私にとって、日本もドイツも3位がかかったこの試合を生観戦すると言うのは、身を引きちぎられるような思いがしたわけである。 しかも試合内容が試合内容。いやいや、もう心の中の感情の揺れ動きが尋常ではなかったねぇ。“二股”を掛けるなんて、私には出来ないと痛感させられました(違)。 両チームの良かったところ、悪......続きを読む»

大一番へ向けて・・・【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsケニア】

順当に超格下のケニアを下した眞鍋JAPAN。得点率を相当良くする白星であったことはなにより。 ただ、竹下や木村、佐野を出ずっぱりにさせる必要があったのかどうか、甚だ疑問である。超前時代的な「いつもの6人」采配から脱却したのは認めるが、明日のドイツ戦、明後日のアメリカ戦を踏まえれば、主力の体力は温存させておきたいところであろう。攻撃的WSを途中から迫田に、OPを新鍋→......続きを読む»

ゆっくり高く【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsブラジル】

いやいやいやいや、やれば出来るんですよ。ホントに。 今日の日本のしていたバレー、このブログをお読みいただいている方ならすぐに分かったと思うのだが、サイドへのセットが「ゆっくり高く」であったのだ。これまで竹下のセットが「低くて速い」ケースが多く、それゆえ乱れ、得点に結びつかないばかりか、失点につながるケースさえ多くあった。ところがどっこい、今日はセルビアやドイツ、この......続きを読む»

当たり前に勝てる相手だからこそ・・・【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vs韓国】

もはや「格下」以外何物でもない韓国に、順当にストレート勝ち。フジテレビは「永遠のライバル」などと煽るけれども、ここ最近の対戦成績を見れば、どう考えても「勝ち星を計算出来る相手」にすぎないわけだ。 そんな韓国、今回の大会は国内事情もあってベストメンバーではない。もはや、言い方は雑になってしまうが、ボーナスステージ状態である。 連戦の中で、こういう相手の時にどれだ......続きを読む»

上からベリコ【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsセルビア】

セルビア戦、厳しい試合になるだろうと思っていたが、やはりそうだった。 この試合、セルビアはそれまでMBでスタメンを張っていたクルスマノビッチではなく、ベリコビッチがスタメンで起用されていた。 このあたり、普通の解説ならばすかさず「何故ベリコビッチが起用されたのか」ということを指摘するかと思うのだが、なかなかフジテレビの地上波の解説はそれが出来ない。まさか、じゃんけ......続きを読む»

バレーボールワールドカップ女子2011、前半戦終了時点の順位

ワールドカップ11連戦も、前半の5試合が終わった。ここで順位を見ておこうと思う。 なお、この大会の順位の決め方は勝ち点制である。ストレート、或いは3-1で勝った場合は勝ち点「3」、フルセット勝ちなら勝ち点「2」、フルセット負けだと勝ち点「1」となっている。勝ち点で並んだ場合は、勝ち星数、セット率、得点率で順位を決定する。            勝ち点  勝-敗  セッ......続きを読む»

MB隠し【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsドミニカ共和国】

第5戦目は、近年力をつけてきているドミニカ共和国が相手だったわけだが、危なげのないストレート勝ちであった。 何よりよかったのは、今後に向けて「荒木を隠して」試合を終えられたことでしょう。10本打って5得点と決めてはいるが、あまり目立ってはいなかったと思う。本来ならば荒木はもっと打数をこなして行かなければならない選手だが、格下相手にわざわざ荒木と言うカードを多数切......続きを読む»

モントルーは何処へ?【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsアルジェリア】

格下のアルジェリア相手にストレート勝ちしたこの試合。 日本の女子バレー史上、歴史的快挙とも言えるのが、「木村や竹下」と言う主力を途中で下げたことである。まぁ、もっとまともな国ならば“完全休養”としてベンチにずーっと置いたままにするんだろうけれども。 試合が進むにつれ今まで控えとなっていた選手が主体となったわけだが、感想は「モントルーはどこ行った?」である。 ......続きを読む»

弱さ【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vs中国】

時間がなくてまだ中国戦を観ることが出来ていない始末。とりあえず結果だけアップしておくので、あとから内容についてコメントを付記します。 日本2-3中国(25-20 19-25 25-20 23-25 23-15) 【日本】 新鍋 岩坂 木村  江畑 荒木 竹下  L=佐野 (途中交代) 中道、狩野←新鍋、竹下・・・全セット、2枚替......続きを読む»

王道【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsアルゼンチン】

イタリアに負けて迎えたこの試合は、格下のアルゼンチンが相手。調べてみたら対戦は随分久しぶりだ。 そのアルゼンチン相手に、王道バレーで勝てたと言うのは、安堵したと言うか当然だなぁと思ったと言うか。紛れやゴチャつきがあまりなく、余分な手や策を使わずに、きっちりと相手を倒すことが出来たと言う点で、やはり評価すべきなのだろう。 また、控えの選手も全員出場させ「場馴れ」......続きを読む»

痛すぎる敗戦【真鍋JAPAN・バレーボールワールドカップ2011女子vsイタリア】

さて、いよいよ始まったワールドカップである。初戦の相手はイタリアで、このところの対戦成績もいい。しかもオルトラーニは直前に離脱した。日本も手負いのチーム状態とはいえ、ここは絶対に叩いておかなければならない相手である。 ところがどっこい、1-3で負けてしまった。 第2セットまでは接戦で、日本もなかなか悪くないバレーをしていたと思う。その要因は、江畑を中心にアタッ......続きを読む»

バレーボールワールドカップ2011女子日程

いよいよあと1カ月後に迫ったワールドカップ。 とりあえず、まずは出場国をば。 開催国:日本 欧州代表:セルビア 北中米代表:アメリカ 南米代表:ブラジル アジア代表:中国 アフリカ代表:ケニア 5大陸選手権で2位の5チームの中から、世界ランク上位4チーム :ドイツ、ドミニカ共和国、韓国、アルジェリア FIVB推薦国(ワイルド......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:11473244

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss