ちょっと一言言わせていただきます!

オリンピック最終予選(OQT)2008男子

異種バレー観戦紀

先日、6月7日(土)にOQTを観に行った時の余禄ネタ。 試合と試合の間の楽しみと言えば、そう「海外の選手のサインを頂くこと」である。 あるポイントへ行くと国際大会でも(特に東京体育館はもらいやすいと思う)サインはいただける。もちろん、V・プレミアの会場のほうがもらいやすいと言うのは言うまでもないのだが。 因みに、よくいるのが警備の人の指示を無視して暴走している人......続きを読む»

植田JAPANのOQTを総復習する歌

今はこんなに嬉しくて 涙も枯れはてて もう二度と五輪には 行けないかと思ったけど そんな時代もあったねと いつか笑える日が来るわ(←暗黒16年間) あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ(←暗黒16年間) だからもうくよくよしないで 北京の風に吹かれましょう まわるまわるよ試合はまわる 喜び(←オーストラリア戦とアルゼンチン戦は特に)悲しみ(←イタリ......続きを読む»

男子バレーに光は見えたのか?~vsアルジェリア~OQT男子第7日目

ベタな表現で言えば有終の美を飾った、ということだ。こういうチームを作り上げることが出来た、だから北京へ行けた、と言うことを証明した気がする。 出場権を獲得したからと言って気が緩むようなチームではない。アルジェリアと言う対戦経験が少ないチームに対しても試合を追うに連れきちんと修正能力を発揮することが出来た。この「修正能力」という部分は非常に評価できるポイントではないか。 「修正......続きを読む»

OQT男子第7日目試合結果

大会最終日。結果はこちら。 タイ1-3韓国(18-25 25-20 18-25 21-25) アジア勢同士の戦いは韓国に軍配。 イラン3-0オーストラリア(25-18 25-16 25-23) 厳しい言い方をしてしまえばオーストラリアは空中分解してしまっている。怪我人などは仕方なしにしても気の持ちようの部分で負の要素が大きかった。 ちなみにこの試......続きを読む»

植田JAPAN・五輪決定と五輪への課題~vsアルゼンチン~OQT男子第6日目

改めまして、北京五輪出場おめでとうございます。 さて、昨日の試合で見えたことは何だったのか。そして、この大会で一番大事な試合はどこになるのか。その辺りを重点的に見つつ昨日の試合を振り返ろう。 日本3-2アルゼンチン(26-28 25-13 25-19 17-25 20-18) 【日本】 石島 山本 松本 山村 朝長 松本  L=津曲 ア......続きを読む»

絶望から希望へ~植田JAPANの奇跡と軌跡

声出ません。のどガラガラです。 2005年、グラチャンが終わり・・・明けた2006年から、この写真の大会から植田JAPANの上昇は始まった。 この2006年ワールドグランプリ、初戦をセルビアモンテネグロ(当時)にストレート勝ちしたのだ。その後11連敗したものの、写真の試合(vsポーランド)ではもう少しで勝てたというところまで、フルセットまで縺れる大接戦を演じて見せたの......続きを読む»

植田JAPAN、ありがとう

日本3-2アルゼンチン(26-28 25-13 25-19 17-25 20-18) 1セット目、日本の動きがイマイチ。アルゼンチンのセッターのトス回しが良い。 2セット目、長めのジャンプフローターでリベロを狙うサーブで崩す。いい流れ。 3セット目、チャベスの集中力切れ気味。 山本の調子上向き。悪い流れを立て直した荻野は流石! 4セット目、山本を代えるべ......続きを読む»

OQT男子第6日目試合結果

韓国3-1イラン(25-19 25-20 22-25 25-21) 韓国…6 15 16 4 7 11 L5 イラン…9 4 7 6 8 12 L3 1セット、効果的なブロックとディフェンスの韓国。ヨン様ならぬムン様は黄色い声援にしっかり応える活躍。でも途中から崩れて交代。 オーストラリア3-1アルジェリア(25-22 25-19 18-25 25-20) ......続きを読む»

OQT男子第5日目試合結果

大会第5日目の試合結果。 タイ0-3アルゼンチン(15-25 20-25 16-25) イラン0-3イタリア(16-25 20-25 18-25) アルジェリア0-3韓国(9-25 19-25 17-25) 大会もいよいよ佳境。全体1位はやはりイタリアなのであろうか。もう、ほぼ手中にしているといっていいかもしれない。 ...続きを読む»

植田JAPAN・結集と発散で北京へ大手!~vsオーストラリア~OQT男子第5日目

勝って兜の緒を締めよ。 油断してはならない。まだ、通過点。まだ、北京が決まったわけではない。 でも・・・今日はよくやった。ベストゲームだよ。誰がということでなくて、全員が良かったと思う。中でも荻野と石島、コート内で乱舞し鼓舞し、チームを盛り上げた。 日本3-0オーストラリア(25-22 28-26 29-27) 【日本】 石島 山本 松本 山村......続きを読む»

本日の豪州戦と掛けまして古畑任三郎と解く

今日が天王山。 今日勝てば、北京が眼の前に近づく。 今日の相手は、強敵であるオーストラリア。しかしながら勝てない相手ではない。 誰もが少しは浮き足立ってしまうだろう今日。何せ、勝てば久しぶりに五輪に出られる可能性が高くなるのだから。全日本男子の五輪出場は、悲願である。絶対に成し遂げてもらいたいものであるし、また成し遂げねばならないことでもある。 天王山......続きを読む»

OQT男子第4日目試合結果

大会第4日目試合結果。 アルゼンチン3-1イラン(25-27 27-25 25-19 25-9) 韓国3-2オーストラリア(27-29 25-21 21-25 25-20 15-10) 選評 イタリア3-0アルジェリア(25-15 25-21 25-20) ここまでの暫定順位 順位 国  勝―敗(得セット―失セット) 得......続きを読む»

OQT男子第3日目試合結果

大会3日目の試合結果。更新がいささか滞ってしまいました・・・申し訳ありません。 アルジェリア0-3アルゼンチン(18-25 24-26 22-25) オーストラリア0-3イタリア(17-25 9-25 16-25) 選評 イラン3-1タイ(19-25 25-15 25-23 25-14) ...続きを読む»

復讐の旋律と山本の奮起~vsタイ~OQT男子第4日目

何が良かったかと言う勝ちではなく、レヴェルの違いを見せ付けることが出来た勝ちであった。 公式記録を見ると日本の出来がいいようには見えない。が、この試合はし日本がしっかりと修正能力を発揮して、試合中に的確に相手に対応したからこそ相手が崩れていったと言う典型である。そういう意味では今日はいい試合だったといってよい。 修正能力と言うのは主にブロックである。タイのクセのある(と言うより女......続きを読む»

OQT男子第4日目試合結果~番外編:韓国×オーストラリア~

韓国=クォン・ヨンミン ハ・ギョンミン チャン・カンギュン ムン・ソンミン イ・ソンギュ  シン・ヨンス L=ヨ・オヒョン オーストラリア=ハーディ キャンベル キャロル ロバーツ ハワード オルダーマン L=デサルボ 第1セット 昨日の引き続いてレセプションの不安定さが目立つオーストラリア、対して韓国は昨日とメンバーを入れ替えて臨んだのが功を奏したか、立ち......続きを読む»

窮地を救った朝長のトスと陰のヒーローたち~vs韓国~OQT男子第3日目

第2セットを落としたとき、少しばかり不安めいたものがあったのだが窮地を救ったのは途中出場の朝長のトスワーク。メリハリの利いたトスワークでセンターがこの大会初めて(!?)ではないかと言うくらい活きた。 日本のセンターが活きる→サイドもマークが軽減されて楽になる→相手(韓国)にとってみれば拾いきれない(ブロックで引っ掛けられない)→レシーブが徐々におかしくなる→チームの状態も徐々におかしく......続きを読む»

OQT男子第3日目試合結果~番外編:イタリア×オーストラリア~

【イタリア】 フェイ    ビラレッリー   マルティーノ ズラタノフ マストランジェロ  ベルミリオ  L=マリオ 【オーストラリア】 キャロル  キャンベル ハーディ ユーディン ハワード  オルダーマン L=デサルボ 第1セット ズラタノフの連続バックアタックで好調にスタートしたイタリア、1stTTOの前にキャロル、ユーディン、ハー......続きを読む»

OQT男子ポルトガルラウンド~ポーランド五輪行き決定&イタリア・イラン戦の哀歌

OQT男子ポルトガルラウンドが昨日終わり、ポーランドが五輪行きを決めた。 出場国は、ポルトガル(POR)・ポーランド(POL)・プエルトリコ(PUR)・インドネシア(INA)・・・見てもらえば解るが、アルファベット3文字での略式表記が解り辛い!よくぞここまで集めたものだと感心・・・ 試合結果 第1日目 インドネシア0-3ポルトガル(23-25 17-2......続きを読む»

OQT男子第2日目試合結果

1戦の重みは各チーム同じ。特に目の色を変えて火曜日の直接対決へと臨むであろうオーストラリアとイタリア。弾みをつけたいところだが果たして・・・ タイ0-3アルジェリア(23-25 21-25 15-25) タイがサーブで攻め切れなかったと言うこともあるがアルジェリアは粘り強くタイの攻撃をしのいだ。 アルゼンチン0-3オーストラリア(16-25 20-25 18-2......続きを読む»

宇佐美のトスワーク次第で~vsイラン~OQT男子第2日目

この2試合をどう評価するのか。大きく分けて2つあると思う。 (1)昨日は御の字で今日はよく勝った。 (2)昨日はもともと負けもOKの試合、しかしあの負け方は許せない。今日も3セット目は何だったのか。 私の意見は(2)の方である。何をしているのか。今日は当然にストレート勝ちを収めるべき展開だったはず。確かに、一晩経ってみて思い直してみれば、イタリア戦はもともと負けても仕方なし......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:90
  • 累計のページビュー:11478626

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 大村加奈子教員試験合格
  9. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss