ちょっと一言言わせていただきます!

両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望

このエントリーをはてなブックマークに追加





さぁ今年もいよいよ開幕。


開幕と言うことは、「当たらないことでお馴染み」の順位予想の季節。
今年も例年通り、せパ両リーグの順位予想をしたうえで、更にカープについて少々細かく言及するというスタイルをとることにする。

なお、順位予想はあくまでも「ペナントレース終了時点」のモノを予想するものであって、プレーオフを含めての順位予想ではないので悪しからず。


まずパリーグ。


1位 西武
2位 ソフトバンク
3位 楽天
4位 オリックス
5位 日本ハム
6位 ロッテ


西武を首位を予想したい。

中島が抜け、中村がしばらく不在という状況ではあるが、野手陣に大きな穴があるようには見えない。ルーキー金子と復活に懸ける片岡が形成するであろう上位打線は非常に嫌らしく、中軸にかけて切れ目ない攻撃が期待出来そうだ。7番あたりで浅村が溜まった走者を返す働きをするとなると、非常に対戦相手は厄介に思うだろう。
中村復帰までを5割程度で戦い、彼の復帰後に一気に貯金を貯めると言う展開になるのではないだろうか。もちろん、中村復帰までの間に貯金生活を送ることも考えられるが。
また、ショートの長柄の守備も楽しみだ。

投手陣も目途が立つ。
大石がクローザー、その前をサファテ、坂元、ウィリアムズらが担うことで、今年は所謂「俺達」が見られるケースは減るのではないだろうか。
先発では涌井、岸、牧田、菊池の4枚がきっちり数字を残すだろうし、ベテランの石井一や西口、更には中堅どころの野上あたりもいるため、コマ的にも四苦八苦と言うことにはならないだろう。


2位予想には、ソフトバンク。
解説者の多くが首位予想をしているが、ペナントでは西武が上回るのではと予想した。

打線は重厚感がある。左を打てないというネックはあるものの、ラヘアの存在は怖く、更には2年目のペーニャもいる。柳田の成長も著しく、長打力ではパリーグ一となっていると言える。

投手陣は、山中が開幕ローテ入りし、更にパティーヤ、復活を期す帆足らもいるが、開幕ローテ漏れした東浜を含め、彼らがどこまで数字を残すかは未知数。攝津、武田、大隣の3枚は計算が出来るが、そこに続く先発投手でどれだけ勝ち星をあげられるかが、興味深い。


3位には楽天。
オリックスと悩んだが、投打のバランスを考えると楽天が上回る。
開幕に則本!というビックリニュースが舞い込んできたが、とにかく若手投手陣がいい。釜田、則本、美馬、辛島、そして田中。名前を見ただけでワクワクする顔ぶれだ。リリーフは抜群にいいわけでもないが、致命的な点があるわけでもなく、先発がイニングを消化してくれるようだと、かなり力を発揮しそうな感はある。

打線はAJとマギーの加入で厚みを増した。メジャー時代の実績が実績だけに、どれだけの数字を残せば「成功」と言えるのか難しいところだが、少なくとも彼らの加入で打線全体として昨年よりパワーアップしているのは確か。
長打力、機動力をバランスよく兼ね備えており、外野の守備も強力。


4位オリックスは、先発投手陣がどれだけ固定出来るかにかかるだろう。
ぶっつけ本番で開幕を金子に託すが、金子も怪我が少なくない。ノーヒットノーランの西、移籍の東野と八木、新戦力のディクソン、2年目のマエストリら、顔ぶれとしては面白いのだが。
リリーフは馬原が復活かと思いきや、オープン戦で離脱。復帰が待たれる。ただ、リリーフ全体で見ると役者は揃っている。
1点を積み重ねる野球が出来、先発が固定されれば、充分上位進出はあるだろう。


5位日本ハムは、首脳陣が大幅に入れ替わったことがどう出るか。
近年、中心選手が抜けてもすぐに代わりの選手が出てくるという環境にあり、田中賢介の代わりとして西川、糸井の代わりとして杉谷あたりが数字を残すのではないかと思う。
が、課題は投手陣ではないだろうか。リリーフをよく使う栗山采配である故、疲労が心配。


最下位にはロッテ。
補強に乏しいのが最大の理由である。
打線は一発の怖さには欠けるものの、確実性と機動力に長け、得点能力はそれなりにあると思う。
投手陣はゴンザレスを先発候補として獲得し、リリーフにルーキーの松永が入って若干の厚みは増したと思うが、年間を通して安定した成績を全体で残せるかと言うと・・・。
6球団全体を見た時に、どうしても戦力的に薄い感じである。
また、新監督がチームに合うのか・・・?という疑問も個人的には感じるところ。



続いてセリーグ。

1位 巨人
2位 ヤクルト
3位 広島
4位 中日
5位 阪神
6位 DeNA


巨人が首位不動。
もはや説明不要でしょう。阿部が長期離脱した時ぐらいでしょうね、このチームが2位に転落するのは。
1軍2軍親子優勝待ったなし。


2位にはヤクルトが来ると思うが、2位以下は6位まで接戦になるだろうと思う。
その中でヤクルトをここに持ってきた理由は、投手陣の充実だ。もとからよかったところに、ルーキーの小川、江村、大場、更に移籍の藤田とプラス材料が豊富。特にリリーフのメンバーの充実が目立つ。上記メンバーのほかに久古、松岡ら実績のあるメンバーもおり、昨年活躍した山本哲、平井、押本、日高ら多士済々の救援陣の顔ぶれ。

打線は川端、バレンティンを開幕に欠くものの、実にしぶといメンバーが揃っている。
怪我人が大量に出て「ヤ戦病院」となってしまうと厳しいが、それが少なければ少ないほど、巨人との差は詰まる。
5年目の強肩捕手、中村の成長も楽しみだ(4年後のWBC正捕手候補の一人ではないかと個人的には思う)。


3位には広島。
投手陣の充実に目が行くが、どっこい(どっ鯉?)今年は打線だ。
エルドレッドが4番に座って核が出来。また、これにより、本来4番のタイプではない栗原が4番を担わなくていいと言うのが大きい。
エルドレッドがシーズンを通して安定した成績を残すとはあまり思わないが、彼と同じぐらいの能力のあるニックが2軍で復帰に向けていい仕上がりを見せているのが心強い点だ。この二人が核となり、時に両輪となって暴れてくれれば、大変に面白い。
ただし、打線のキーマンはエルドレッドにあらず。エルドレッド、栗原、梵、堂林と続く「4~7番」が怖さを発揮するためには、上位を担う彼の存在が大事だ。そう、2年目の菊池。大胆さと俊敏さを兼ね備える期待の俊足の右打ちがコンスタントに活躍しない限り、打線は機能しない。丸と組む1,2番コンビが打線の起爆剤なのは間違いない。そしてその中で、年間通して1軍にいたことのない菊地の活躍こそが、今年のカープのキモだ。
1,2番と4~7番をつなぐ接着剤としての、3番ルイスも注目だ。

打線の課題は、堂林の好不調の波と、彼が万が一離脱した時にだれが穴埋めするかという点か。東出の離脱は単純に戦力がいなくなった以上にリーダー不在と言う意味で確かにマイナスだが、安部の昨季からの台頭がある分救われた。
外野陣は層が厚いために、今年は心配する点がない。むしろ、赤松をベンチに置いておけるという強みがある。


投手陣は、今村、ミコライオ、永川の3人が試合の後ろを締める。誰が抑えに入っても大丈夫と言うのが頼もしい。
中継ぎに入って一層力強いボールを投げている福井、ベテランの横山と河内が当面は1軍で彼らのわきを支えるが、中田、江草、ソコロビッチ、青木、上野・・・と更にファームには人材がいるため、入れ替えも可能。

先発は、まえけん、野村、バリントン、大竹の4本柱が不動。5,6枠目を久本、中崎が奪ったが、戸田、今井、齊藤、篠田らも下に入る。それぞれに現在の状況は違うが、遅かれ早かれ1軍に来るべき人材だ。そうなった時、久本を後ろに回すことも考えられ、そうなってくるとなお、チームとして強くなるのではないかと思う。


今年は(去年より)打てる!


4位には中日。
投手力は抜群だが岩瀬、浅尾の点でややマイナス。
そして野手陣に課題。チームとして過渡期にあるように思われ、今季は苦戦を強いられるのではないだろうか?勝ち方を知っているだけに、それでも大崩れはしないだろうが。


5位に阪神。
逆輸入の選手は必ずしもアテに出来ないと思うし、藤川の抜けた穴と、榎田を前に持って行ったことでできた穴が大きいと考える。
打つ方は、昨年よりかは・・・と思うが、投手の面でいささか苦労するかと。


6位は横浜。
打つことでは広島、中日を凌駕し、阪神とイーブンだと思うが、やはり投手力。
先行逃げ切りの形に持ち込める試合が多くなれば、勝ち星も伸びてくるだろうが、後手に回った時にどれだけ白星を拾えるかが課題になるだろうと思う。




以上、今年も当たらないことでお馴染みの、順位予想でした。







1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球全般
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望

>広島
>今年は打線
私もそう思います。
これまでは観てなかったのでオープン戦の成績だけで考えてたのですが、
今中継の映像見て、確実な手応え持ちました。
去年よりはだいぶいいですね。
正直今日の宮國なら、もうちょっと点取ってほしいですけど。
でも内容の無いバッティングしてる選手はほんとに少ないです。
堂林が微妙なのと、石原が酷いのぐらいで。

堂林も、最初の打席酷いなあと思ったら、次の打席に
あんなコンパクトなスイングで目の醒めるような打球放つんですから、
ほんとに不思議というか、面白い、そして空恐ろしい打者です。
今季は、シーズン前半は苦戦して、後半に開花する展開を予測します。

こんな記事も読みたい

2013、イーグルスの闘いが始まる【楽天イーグルスまで100Km】

祝・セリーグ開幕!頼むぞ、藤井!!【DB.スターマンの憂鬱】

『1日からOK!』 プロ野球公式戦の会場案内スタッフ募集中!!【スポーツスタジオSporlish公式ブログ】

開幕巨人戦を迎えるにあたっての留意点【きたへふ おおの かわくち つた゛】

いよいよ開幕―対巨人―【cahyのCARPに物申す。】

開幕戦 対巨人戦【赤ヘル優勝への道】

かいまく前【だったらファンをやめなさい~野球を観るのもやめなさい~】

2013年 球春到来です【赤ヘル日記】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:11466180

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss