ちょっと一言言わせていただきます!

悪い自分たちが相手コートに【OQT2012男子vsオーストラリア】

このエントリーをはてなブックマークに追加







ミドルブロッカーの低いクイック(しかも途中から使わなくなる)、サイドアタッカーがブロックに正面衝突したり、叩きつけたりして決まらない、ブロックの基準がめちゃくちゃ、サーブが弱い・・・そう、中国戦で日本がしていたバレーを、まさしくオーストラリアがしていたのである。


あれだけ「身長が高い」オーストラリアであっても、その打点を活かさなければ「低い」わけである。ミドルのあの窮屈そうに腕を折りたたみ、背中をかがめて打つスパイクを観ただろうか?ウィングスパイカーがブロックが待ち構えているところに打ち下ろし、けんもほろろになっているのを観ただろうか?
一般に「高い」と言われるチームであっても、ああなのである。
翻って日本。宇佐美がアタッカーの打点を活かすようなセットをサイドに上げ、福澤、石島が打ちこむ打ちこむ。ミドルの打点は決して活かし切れているとは言えなかったが、宇佐美史上最多じゃないの?と言いたくなるほどに、ミドルに打数を打たせる。ブロックがきっちりついた時、奥へ押し込んだりする工夫を見せる。やれば出来るじゃないの、と思わず言いたくなるほどのバレーであった。何故これが中国戦で出来なかったのか、というのはもっと言いたくなったが。


しかしオーストラリアも人材は豊富なはずだったんだけど(少なくとも4年前は今よりかはいい12人では?)、ホワイトという穴があったのが大きかった。スパイク技術、レシーブ技術ともにかなり覚束ない。第3セットに、ようやくロバーツと交代したが、第1セットでさっさと下がっていればオーストラリアもまだよかったんじゃないの?と思う。
またのオポジット、かつてはキャロルというなかなかいいサウスポーがいたのだが、今日いただいたツイッターのリプライによれば、「医者志望でバレー重視じゃないのかも・・・」とのこと。真偽はわからないのだが、エドガーのポジションにキャロルがいたらと思うと、やはり怖い。



サーブで攻めていたし、余計な選手交代や、意味不明なタイミングでのタイムアウトなどもなく、後味のいい感じで終わったこの試合。
プエルトリコに実力の差をきっちり見せて、上位陣に星をつぶし合ってもらい、イランとの五輪切符マッチへと行きたいところだ。なお、当方は土曜日曜と連日東京体育館に詰めることとなっている。4年前の再現なるだろうか?



日本3-0オーストラリア(25-22 25-23 25-12)


【日本】

石島  清水  山村
松本 宇佐美   福澤    L=永野


(途中交代)

山本・・・1,2,3セット、リリーフブロッカー
越谷・・・1,2セット、リリーフレシーバ



【オーストラリア】

  エドガー  ジンジェル   ホワイト
                 (→ロバーツ)
ユーディン    パシエ    ピーコック     L=タットン
                 (→スコチェフ)


      OP           MB              WS
      WS           MB               S



P-3


P-2








1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
OQT2012男子
タグ:
龍神NIPPON
植田JAPAN
OQT2012
男子バレー
バレーボール
富松崇彰
米山裕太
石島雄介
福澤達哉
清水邦弘
山村宏太
松本慶彦
永野健
山本隆弘
越谷章
宇佐美大輔
近藤茂

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストラリア戦【バレーと野球と・・・】

ビーチバレー写真集PR第8回 西村晃一選手【ビーチバレースタイルBLOG】

中国戦【バレーと野球と・・・】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:11466255

(09月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss