ちょっと一言言わせていただきます!

眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

このエントリーをはてなブックマークに追加






あらかじめ言っておきたいのは、アテネ五輪以来「まともなチームで、まともな戦いが出来ていた韓国」ってのは、この試合が初めてであろう。もっとも、アテネ以前の韓国とこの試合の韓国を比べたら、それはもう以前の韓国の方がいいチームに決まっているのは間違いないのだが(苦笑)。


1セット目に見られるように、韓国はセット序盤に日本が少しでも走りかけようものなら、すぐにタイムアウトを取っていた。更に、1セット目早々にファン・ヨンジュをキム・ヘジンに交代。
バレーの内容も複雑なものではないが、以前よりもミドルの攻撃が「マトモ」になっていたし、何よりWSへ供給されるセットがだいぶ「現代仕様」になってきた。


対して日本。
まず、試合を通して竹下とキム・ヨンギョンをマッチアップさせる謎の采配。なぜ、ヨンギョンにプレッシャーをブロックで掛けていこうとしないのか、まったくもって謎である。第3セットは確かにローテをずらしたが、向こうもそれを読んでいたかのようなローテの変更をしていた。
そう言えば、去年か一昨年、王一梅に竹下をぶつけ、それまで不調だった王一梅が復調した・・・ってことがあったが、それを思えばあの時の反省がなされていなかったのではないか、という推測をすることも出来る。

選手交代もである。山口が全然機能していないのに、新鍋や狩野に全然交代させない。江畑もいいとは言えず、またサーブで押されていたことも踏まえると、「江畑→新鍋」、「山口→狩野」と言う交代がベストではなかっただろうか。ミドルに関しては、ブロックなどと総合考慮すると微妙なところではあるが、荒木のミスのスパイクミスの多さを踏まえ、平井と交代させるのがよかったのではないかと思う。

このあたりのことから私は、まるで控えを上手く使えない(そもそも控え自体いなかったに等しかったとも言えるが)うえに、相手に対応することに暗かった、柳本前監督時代の試合を観ていたように思えたのである。


また、ビハインド時に消極的なプレーが目立ったのも気になる。特にサーブ。ビハインド時こそ、逆転を狙うために強くサーブを打っていかなければならないのに、弱く弱くなっていくのでは窮地に自ら追い込まれていくようなもの。多くの解説者が「サーブミスがもったいない」と言うコメントをして、そのたびに「あーあ」と言う気持ちに駆られるのだが、この試合を観ていて同じ気持ちになったのは言うまでもない。
世界の強豪がビハインド時こそ強いサーブを打っているのを、見て学んでないのかねぇ・・・。


まだまだ書きたいことはたくさんあるのだけれど、長くなっても仕方ないのでこの辺で切り上げたい。

なんにせよ心配なことは、韓国相手にこれだけ弱点を露呈してしまった日本が、同じように(若手主体で脆さばかりの)キューバ、ロシア、セルビアにやられてしまわないか・・・ということである。



日本1-3韓国(18-25 25-22 18-25 13-25)


【日本】

江畑 山口 荒木
岩坂 竹下 木村  L=佐野


(途中交代)

迫田←江畑・・・第1セット途中から、1セット終了まで
江畑←迫田・・・第2セット最初から、第4セット途中まで
中道、狩野←山口、竹下・・・1,2,3セット、2枚替え
平井←岩坂・・・第3セット途中から、試合終了まで
新鍋←山口・・・第4セット途中から、試合終了まで
迫田←江畑・・・第4セット途中から、試合終了まで
狩野・・・第4セット、リリーフサーバ


P-3


P-2







1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
OQT2012女子
タグ:
迫田さおり
狩野舞子
江畑幸子
新鍋理沙
木村沙織
荒木絵里香
岩坂名奈
山口舞
佐野優子
平井香菜子
竹下佳江
中道瞳
火の鳥NIPPON
眞鍋JAPAN
バレーボール
女子バレー
OQT2012女子

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

自分的には狩野舞子の有効性が見当たらない試合でした。
先日のタイ戦以外で、2回目の術後の狩野選手の活躍は全日本であまりみたことがないです。
必要なのですかね~?

眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

あの場で、瞬時に判断と責任を負わされる立場と、そうでない立場とでは、ぜんぜん違いますよ。結果的にどちらが”正しかった”にせよ。

検討する、とかいいながら、持論しか述べていない。
真鍋監督の采配は間違いだったかもしれないけど、「スポーツインテリ」なら、なぜ彼がそういう判断をしたのか、なんのメリットがあってそうしたと考えられるのか、そういう視点も必要ですね。


つまりは、当記事のタイトルからもわかりますが、結局は「考える」といった理論派ではなく、単純に自分の考えだけを述べて、他者の判断を否定する、感情派にすぎない。(もちろん、それはそれでスポーツの楽しみ方としてはいいんだけもど!!)

あまりにも無残なベンチワーク

私も韓国戦のベンチワークはひどいと思っていました。1セット目中盤時点で相手のマークがきつかった江畑や調子が上がらなかった荒木などを新鍋や平井などと変えるべき、とテレビを見ながらブツブツつぶやいていました。

そういったような反省もあったのか今日のキューバ戦では迫田、新鍋、平井といった選手の投入時期が早く、少しは機能していたのではないか、と思っています。

でも、あくまで素人目ではありますが、去年のワールドカップの時よりも全日本の仕上がりは悪いのでは、と感じているのですが、プロの方から見てどうなのでしょう?

五輪最終予選、というプレッシャーもあるのかもしれませんが、バレーボール自体の質が、特に日本が目指してきているコンビバレーが全然機能していないですよね。

そういった分析をしていただけるともっと興味をもって読めるとおもいます。お願いします。

こんな記事も読みたい

キューバ戦、火の鳥は復活する。【五輪ピックンミクス】

ブロックとサーブの価値を考える -その4-【バレーボールのデータを分析するブログ。】

OQT韓国戦【happiness sports life♪】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:11464767

(08月03日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss