ちょっと一言言わせていただきます!

両リーグ順位予想(2012ver)+カープ詳細展望

このエントリーをはてなブックマークに追加






お久しぶりでございます。最終更新日が昨年末で、それ以来勝手に長期休暇に入っておりましたが、このたびブログを復活する運びでございます。

休んでいた間もツイッターの方では活動していたんですけれどね(苦笑)。一応、忙しくしていたことと、右ひじの状態が思わしくなく、ブログの長文を書くことが若干億劫だったことが休んでいた理由でございます。


閑話休題。

さて、開幕前のこのブログの恒例行事と言えば、当たらない順位予想。「当たらない予想と言えば達川光男氏か私か」と言う状況であるが、今年も「恥」と言う言葉を横に捨てて、順位予想を私なりに立ててみたいと思う。

(なお、順位予想はペナント144試合終了時点のものとし、CS以降の最終順位は、秋に発表する予定である。ま、これも例年通りですが)


まずはセリーグから。

ペナントトップは巨人でゆるぎない。杉内、ホールトンら先発投手陣の補強で、ローテーションが充実。リリーフに一抹の不安が・・・と言う見向きもあるが、枚数でカバー出来るでしょう。個人的には充実の先発から、澤村をストッパーに回すのが面白いと思うのだけれども、まず間違いなく少数意見でしょう。
野手に目を向けると、打線を固定するのかしないのかが気になる。あれだけの戦力、打線はある程度固定して、各自に役割を明確に意識させるのがいいのかなぁと個人的には思うところだ。ボウカーが何番に入るのかが気になるところだが、「2番ボウカー」となると攻撃的で嫌らしい。松本や藤村が入るのも嫌らしいのだが、ボウカーの攻撃的2番というのは、対戦相手にしてみればプレッシャーである。


2位以下は混戦模様になりそうだ。

まず、昨年2位のヤクルトだが、新外国人のロマンがなかなか手ごわそうである。石川、館山らが形成する味わいある先発ローテに、また1枚面白い投手が加わった格好と言える。リリーフも林昌勇の出遅れは痛いが、松岡やバーネットら顔ぶれは多彩。増渕が後ろに回ったことで、力強さは増したのではないだろうか。
野手の方では、宮本や相川を脅かす若手の台頭が一つキーになりそうな気配はある。ポスト青木は、ひとまず上田で落ち着きそうだが、新人比屋根もなかなか嫌らしく、なにやら活躍しそうな気配がある。
新外国人ミレッジの打撃が凄まじく、畠山との中軸は威力抜群。それだけに彼らにつなぐ2番打者となるであろう田中浩康が、打線のキーマンではないだろうか。


和田新監督になった阪神も怖い。前政権においては采配が・・・アレであったが、今年はチーム事情を熟知した和田監督が、上手くごまかしながら(←豊田泰光氏のコラムから言葉を拝借)チームを再建してくれるのではないだろうか。
問題は、金本や城島の使い方。守備にどこまで目をつぶるのか、打撃力を優先させるのか・・・この按配が難しいところだ。
投手陣は能見、岩田、メッセンジャー、スタンリッジ、安藤、久保ら先発投手の顔触れが頼もしい。リリーフが固まってくるようだと、最後の藤川へのスムーズな継投となり、試合運びにも安定感が出てくる。


苦戦を強いられそうなのが中日。
落合監督が強力投手陣を中心に、上手いことチームを回していた印象だが、どうも高木新監督を見ていると「外向き」に野球を展開していて、チームの内的部分でどうなんだろうか・・・と思うのである。
投打にベテラン選手が多いのも気になるところで、若手がどれだけカバー出来るか、突き上げることが出来るか、ここは問題でしょうねぇ。
高木監督の下、上手いこと歯車がかみ合えば、もともと勝ち方を知っているチームなので上位進出はありうるだろうが、例年よりも上位進出の可能性は高くないのでは?


中畑監督を迎えた横浜DeNAは、投打ともに戦力がプラスされたが、いきなり上位進出と言うのは難しいだろう。
国吉、三浦、高崎、ジオでどれだけ勝ち星を稼げるかと言うことが、まず見どころである。リリーフの方はコマ数は揃っており、顔ぶれも面白い。山口までの継投は、ベンチ次第ではとても強力なモノになりえると思う。
捕手は鶴岡は復帰し、黒羽根が成長。捕手をなかなか固定出来なかったここ数年の悩みは解消方向にある。
打線は、ラミレスや中村、筒香の一発に期待したいところだが、怪我がちだたったり出遅れているのが頭痛の種。しばらくは脚でかき乱す野球を徹底し、故障組が復帰した時にそれと融合する下準備をしておきたい。


さて、我らがカープだが、今年は戦力は充実(例年比で)。
投手陣は、マエケン、バリントン、篠田、福井、大竹、野村の豪華ドラ1ローテ。大竹に関しては方に不安があり、齊藤や中崎らの出番があるだろう。後ろは今村が好不調の波が激しいが、ミコライオや大島、江草、岸本らが控えていて、サファテへの橋渡しを担う。
リードする保守派、石原が、「外を狙っている相手に内側をどれだけつけるか」と言う点で課題を残す。この課題をクリアできればいいのだが。ただ、打撃に魅力の會澤も悪くないリードを展開しており、場合によっては正捕手もあるかもしれない。
打線は、松山の台頭が著しく中軸を担いそう。ニックの一発のある打撃も魅力で、栗原の前後を固めそうだ。ただ、本当は栗原は4番適正のある打者ではないと言うのが私の持論(詳しくは過去記事参照)。東出、梵の1,2番から、ニックや松山へとつなぐ3番としての活躍を、私なら栗原に望みたい。
調子の上がらない廣瀬が気がかりだが、6番廣瀬が機能すれば、課題の下位打線の薄っぺらさも向上するだろう。
多くの人が言っている通り、「野村監督次第」と言える今年のチーム。普通に戦えば5割は間違いないだろうが、過去2年の采配を見ていると・・・うーん。


と言うことで、セリーグ順位予想はこちら。


1位 巨人
2位 ヤクルト
3位 阪神
4位 広島
5位 中日
6位 DeNA

カープに期待を込めて4位予想。5位からの卒業を願いたい。むろん、Aクラス以上に行って欲しいし、他球団と比較した中で行けるメンバーだとは思うのだが、如何せん・・・。


さて、パリーグの方も軽く触れておこう。

昨年日本一のソフトバンクだが、こちらは戦力ダウン。新外国人次第の色合いが強く、Aクラスは固いだろうが、優勝までは?

戦力充実一途の西武、ベテランに過度の期待は禁物であり、涌井や岸の爆発に期待したいところだ。彼らが普通に10勝以上するようであれば、優勝も見えてくるはず。

ダルビッシュの抜けた日ハムは、ダルビッシュの穴よりも梨田監督の穴(と言うか栗山監督)が不安材料。解説を聴いていても「?」と思うことが多かったが、果たして・・・?

井川を開幕直前に獲得したオリックスは、投打に戦力アップ。岡田監督3年目の今年、ガチで優勝を狙いに来るだろう。また、それだけの戦力がある。最大の補強は、ミンチェの獲得では?

ロッテは、投手陣に藤岡、釜田、中後が加入し、戦力的にこれはとても大きい。打線も井口、ホワイトセル、サブローで核が出来、前後に機動力と長打力がバランス良く配置されている。最下位脱出、待ったなし。

楽天は相変わらず厳しい戦いを強いられそうだ。
牧田の台頭が嬉しいところだが、外国人頼みの打線と、厚みの乏しい先発投手陣は頭の痛いところだろう。投打に柱となる日本人の選手が、もう少しでてこないと、上位は厳しいのではないだろうかと思う。


と言うことで順位予想。


1位 オリックス
2位 西武
3位 ソフトバンク
4位 ロッテ
5位 日本ハム
6位 楽天

4強2弱、こういう構図になるのでは?



順位予想の答え合わせは秋!こうご期待!!!


さぁ開幕、ブログもまた日刊方式で更新!








1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球全般
タグ:
順位予想
カープ
広島カープ
広島東洋カープ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

開幕直前!2012パリーグガチ順位予想【SAKUVERworld】

パ・リーグ順位予想。【スポーツ徒然草】

【虎の独り言】【虎の独り言】

開幕の日【カープ応援瓦番】

オワリ ナゴヤで ハジマリ【常勝軍団と呼ばれるその日まで】

セリーグ・各球団の先発投手を分析 番外編【Color of the Carp】

2012年の注目選手【ひとり野球評論家】

開幕【ボンちゃんのひとりごと】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:11466140

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss