ちょっと一言言わせていただきます!

宇佐美にはこれを継続してもらいたい【植田JAPAN・バレーボールワールドカップ2011男子vs中国】

このエントリーをはてなブックマークに追加








恐ろしく歯応えのない中国だった、というのがまず思うところだ。
ここまで記録に残るミス、記録に残らないミスが多いうえ、粘りもへったくれもない中国というのは、珍しいのではないだろうか。そんな中国を相手にしているのに、各セットとも僅差であると言うのは不満なところ。
サーブが弱いこととこそが、接戦になってしまった要因ではないだろうか。

本当ににサーブの弱さというのは深刻ではないか。中国もサーブは弱かったが、あの程度のサーブが通じるのはアジアか、かなり世界ランクの低い国でしょう(アジアでもイランなんかだと、あれを綺麗にナディのクイックで切り返される・・・とtaknuno55氏からは指摘を受けました)。
100%の全力のサーブはもちろん、9割程度でコースもしっかり狙っていくようなサーブをもう少し打てるようにならないと、欧米とは勝負にならないでしょう。イタリアやロシア、アメリカなどの試合運びを観ていれば、やはりそれの重要性に行きつくはずなのだが・・・。兎にも角にも、現状のようなサーブでは明日からの4試合(アメリカ→ロシア→イタリア→ブラジル)は勝負にならないのではないと予想しておく。玉砕覚悟でミスを恐れず強烈な一撃を狙い続けるしか、日本は勝機を見出すことは出来ないでしょ。
因みに解説の川合氏は「サーブミスがー」などと言っているが、ああいう考え方が日本バレーを弱くしているわけで。ああ残念。


日本の良かったところと言うと、宇佐美のインサイドワークではないでしょうか。第1セット10点目あたりから、「クイッククイック雨クイック」と言わんばかりのクイックの連発。トータルでMBの打数が24本、占有率にして27%、決定率70%、効果率66%と申し分ない出来となっている。中国のブロックシステムがザル(に近かった)こともあったが、この出来は立派と言えるのではないか。
宇佐美はサイドへのセットがWLや大会序盤に比べればかなりよくなってきており、その上に今日はこのパフォーマンス。阿部が大会途中でチームを立て直した面はもちろん評価に値するが、この宇佐美自身の立ち直りというのも、評価していいのかもしれない。残り4試合、これを継続してくれればいいのだが・・・。


そうそう。永野、それから米山、更にリリーフブロッカーで入っていた山本が、オーバーでいいセットを上げているシーンがあったので、それは指摘しておきたい。
リベロのオーバーでのセットが、現代のバレーボールでは「基本のき」であることはゆるぎない事実なのだが、セッター以外の選手もきちんとセットをすることが出来ると言うのは、勝っているチームはかなり「当たり前」なことである。
実況解説が触れず、評価も褒めてもくれないのが残念なところではあったが、彼らのああいうプレーの積み重ねが、日本の浮揚の礎になることは間違いない。



日本3-0中国(25-23 25-21 26-24)


【日本】

石島  清水  松本
山村 宇佐美  米山    L=永野


(途中交代)

山本・・・1,2,3セット、リリーフブロッカー
八子・・・2,3セット、リリーフブロッカー


【中国】

仲為君  袁志  梁春竜
辺洪敏 李潤銘   張晨   L=任琦

 WS   OP    MB  
 MB    S     WS


P-2

P-3    









1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ワールドカップバレー男子2011
タグ:
阿部裕太
永野健
宇佐美大輔
鈴木寛史
山本隆弘
横田一義
田辺修
松本慶彦
山村宏太
清水邦広
福澤達也
八子大輔
石島雄介
米山裕太
バレーボール
男子バレー
ワールドカップバレー
植田JAPAN
龍神NIPPON

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

宇佐美にはこれを継続してもらいたい【植田JAPAN・バレーボールワールドカップ2011男子vs中国】

数字に表れない部分、つなぎと2段トス、ホントに課題ですよね。
正直ここが徹底していれば、もう1段階くらいは違うチームになると思うのですが・・・
今の全日本女子との違いは、素晴らしいディグのあとのつなぎが丁寧かどうかで、最後に良い形でスパイクにつなげられるかどうかだと思います。

正直あまりそういうプレーが苦手な清水がスタメンならば
レフトは米山や石島のような器用な選手じゃないと
つなぎがバタバタしていて見てられません

こんな記事も読みたい

週3ゆうこ☆【放浪美【雪】日記 ~スノーボーダー松谷美幸の雪山放浪日記~】

【過去記事】W杯中国戦、栗原恵(カザン)、五輪予選、エジプト戦、佐野・横山(イトゥサチ) 2011-11-28【排球博客】

ビーチバレー・ロンドン五輪の予選方式に思うこと【ビーチバレースタイルBLOG】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:11465899

(09月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss