ちょっと一言言わせていただきます!

竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」

このエントリーをはてなブックマークに追加




どこかの総理大臣みたいに「やるやる詐欺」なんて言われないように、過去に宣言していた企画をやろうと思う(「そのうちやりたいと思う。」と言っていながら、やっていない企画や記事がどれだけあるのかこのブログ・・・猛省)。



去年の12月、真鍋氏が全日本女子の監督に就任することが決まった時に書いた記事がこちら。そして今回は、そのときの公約を果たすべくアフラックのCMに乗せて、全日本女子のセッター(=竹下の後継者)を考えてみよう。


氏名        所属  年齢   身長       指高      最高到達点
 
竹下佳江     JT   30    157      205       280

河村聖子     JT   24    174      222       283

河合由貴     JT   18    168      216       280

秋山美幸    NEC   24    163      212       290

冨永こよみ  パイオニア 19   175      228       303

橋本直子   久光製薬  24   172      222              288

三上彩     久光製薬  24   175     226       302

横山雅美   デンソー  26    170     211       285

鈴木裕子   デンソー  19    171     224       295

大山未希    東レ    23    179    225        288

堀口夏実 大阪国際滝井高 17   164    212       274

田代佳奈美  東レ(内定)  18  171    ---      280

古藤千鶴   PFU       26  169    ---      297


※堀口と田代以外のデータは、『V・LEAGUE チームの顔2008/09』を参考にしている。堀口と田代は、およそ1年前の春高の時のデータを参考にしている。なので、この2人は最新のデータとは言いがたいのでご了承下さい。


各選手の短評

・竹下佳江
まぁ、この人にいつまでもおんぶにだっこの状況はダメでしょう。
天性のバレー才能は万人が認めるところだが、戦術的理解度の部分で難点ありなのが、ブロックの穴以上に厳しいところ。そのため07年後半辺りからはトスが読まれてブロックの餌食に合うこともしばしば。

・河村聖子
竹下と17cm身長が違うのに、最高到達点が3cmしか上回っていないと言う事は問題である。

・河合由貴
柳本前監督が残していった選手。「平成枠」とも言われているが・・・
プレー機会は少ないものの、JVAは既に竹下の後継者と決め打ちしている節がなくもない・・・
やはり最高到達点280cmは厳しい。今後、どこまで伸びるか。

・秋山美幸
やっぱり最高到達点290cmは最低欲しいよね(出来れば3m欲しいけど)。
目下のところNECで活躍しているが、真鍋氏の下でセッターとしての戦術的帝王学を学習すれば、非常に面白いと思う。
運動能力、運動量ではなかな評価できる。

・冨永こよみ
まだ10代。サーブレシーブ、トス、アタックと全てこなせる万能プレーヤー。
指高、最高到達点ともにここに上げた選手の中では最高。
ツーセッター制にすれば、かなり生きるだろうと思われる選手。将来どこまで行くか怖いくらい楽しみ。

・橋本直子
最近は見ないが、強烈なジャンプサーブもあるサウスポー。ツーアタックも得意な、真鍋門下生。真鍋氏の懐刀として、代表に招集される可能性あり。
ただ、昨年12月に膝を手術したことがやや気がかり。
まだまだ発展途上であるが、こちらも期待値の高い選手だ。

・三上彩
橋本と同じ久光に所属。高さで橋本を上回る。
経験がないために、先日の橋本負傷時にはなかなか本来の力をフルに発揮できなかったのが残念。

・横山雅美
ついこの前、右膝の十字靭帯を伸ばしてしまい、現在は戦線離脱中。この故障が早く治ることを願うばかりである。
キャリアは充分であるが、Aキャッチ依存率が高いのが難点。ただ、素質が高く戦術的トスワークをマスターすれば非常に活躍できるのではないか。
ブロックランキングにランクインするなど、ブロックがいいのも持ち味。

・鈴木裕子
セッターに転向して間もないヤングプレーヤー。横山の負傷に伴い、現在はメーンセッターを務めている。結果はなかなか出てこないが、成長は目に見えてある。
ジャンプトスを意識的に多用するなど、アタッカー目線のトスができることが利点。
経験を積んで更に高みを目指してもらいたい。

・大山未希
大山加奈の妹。
元アタッカーだが、数年前にセッターへ転向。しかし、昨シーズン、今シーズンともにセッタースタメンの座を中道に奪われている。

・堀口夏実
史上最年少でV・プレミアリーグに出場した選手。
河本門下生らしい選手だといえる。ハンドリングに長け、トリッキーさが持ち味だ。
ここからどのように成長するかが楽しみな逸材。

・田代佳奈美
高速トス回しが身上の選手。
中道からレギュラーを奪取するだけの力はあるのではないか。ジャンプ力などをもっとつけたい。

・古藤千鶴
こういう突飛な選手がいてもいいと思う(と言うか、個人的に海外相手に古藤がどんなプレーをするかが見たい)。
前衛ではアタッカーになるセッター。多分、日本一攻撃的なセッターだろう。セッターなのに、アタッカー部門のランキングに入る事は、チャレンジリーグでは当たり前の光景になりつつある。


とりあえず、こんな感じでしょうか。
重視するのは単純な身長と言う指数ではなくて、指高とか最高到達点の方になる。トスワークや運動量、その他持ち味なども加味して代表選びをしたい。
あちらを立てればこちらが立たないというか、一長一短的なところがあるのだが、やはり代表候補争いの軸となりそうなのが、「橋本、秋山、冨永、横山、そして竹下」ということになるんですよね、真鍋さん??
真鍋氏的には、竹下を呼ぶ気満々なようだが、個人的には反対である。最悪、セカンドセッター。メーンはやはりどんなことがあっても世代交代しないと・・・





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他バレーボール
タグ:
V・プレミアリーグ
女子バレー
バレーボール
全日本女子バレーボールナショナルチーム
真鍋JAPAN
真鍋政義
竹下佳江
河村聖子
河合由貴
秋山美幸
冨永こよみ
橋本直子
三上彩
横山雅美
鈴木裕子
大山未希
堀口夏実
田代佳奈美
古藤千鶴

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

『竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」』への返信(4)

donさま、コメントありがとうございます。

あ~、そういえばまだ読んでません。今月の月バレ。確か、付録つきでしたよね。
真鍋氏が「全員がリベロ」と言っていましたが、上げるだけじゃどうにもならん!2つ目のボールの処理が日本は粗いわけでして、要するに本質は「全員がセッターを目指せ」の方がニュアンス的には正解に近いと思います。
もともと、日本のアタッカーと言うのは諸外国プレーヤーに比べ、セッターへの依存度(トスへの依存度)が高いですからねぇ。いいトスでないとなかなか打てない、自分の思うところに来ないと打てない・・・諸外国なんかはお構いなくバスーンとありますけどね。

竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」

今月の月バレに
デンソー鈴木選手のコメントが載ってましたね。
「アタッカーへの未練」みたいなのがあったことを
正直に語っていて初々しさに好感度があがりました。
でも、横山選手復帰でまた出番皆無状態に。。。。
パイオニア戦とか
少しでも出してあげればよかったのになーと思いました。

代表のセッターで言えば、
エリツィン杯とかでもいいので、
木村、有田、富永、松浦、鈴木、庄司とか
セッター転向説のあったアタッカー6人とかで
組んだ試合を見せてくれないかなー。
ほかに誰かいましたっけ?
(舞子?山本?)

Y監督の全員セッターができるくらいを目指すっちゅうのを
ドリームチームで。。。。
今年くらいは飛び道具も試してみましょうよぉー。


って、そんな遊び心もないのが協会なんですけどね。。。

『竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」』への返信(3)

ナムルさま、コメントありがとうございます。

すっかり遅くなってしまいましたが・・・お許しを。
要するにセッターに求められることが多いわけで・・・
・ブロックの穴にならない
・高い位置でボールが捌ける
・技術がある
・戦術的理解度がある
・出来れば若い方がいい     などなど
去年の春高を観ましたが、反則レヴェルに強かった東龍。ああいうバレースタイルはありだと思います。松浦もどこまでVで通用するかわかりませんが、「冨永―松浦」のツーセッターが可能ならば試してみたいと思いますね。
「冨永―木村沙織」の1セッターながらも、冨永の横にセンターとして高橋(車体)を配置し、そして冨永の対角に木村(東レ)配置し、実質あわせ2枚(1+0.5+0.5)セッター制にしても面白いと思います。

竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」

古都の侍様、こんばんは。以前お願いしいたセッターの特集をしていただき、ありがとうございます。

プレミアリーグを見た限り、正セッターの中では次期全日本を任せたい選手はいませんでした。国内では通用してもやはり高さの無い選手は厳しいですからね。
個人的な希望としては、
・現在チームで正セッターでなくても高さのある有望な選手を召集
・中田久美氏を全日本セッター専任コーチに就任してもらい、徹底的にセッターの技術・メンタル・戦術を鍛えてもらう
以上から、冨永、三上、大山あたりを召集してもらえたらなと思っています。冨永-三上のツーセッターなんていかがでしょうか?

あと、今回のリストには入っていませんが、NEC内定選手の松浦はどうでしょう?180cmと上背では最高ですし、NECのHPではポジションがセッター(サイドアタッカー)となっているので、勝手にNECではセッターでいくのかと期待しています(笑)。
もし、セッターの素質があるのであれば、冨永-松浦、三上-松浦のツーセもいいですね^^

こんな記事も読みたい

今日のヤング【枚方バレーボールアカデミーの日記】

名将は常に「世界」を意識していた Number 722号より【へそ曲がりのダンディー】

身近に感じられる、親近感の湧く選手はいますか?【月の道】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:11464701

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss