ちょっと一言言わせていただきます!

越境同盟~ブログ開設2周年記念記事~

このエントリーをはてなブックマークに追加





今すぐに、幸せになりたいですか?
それとも末永く、幸せになりたいですか?


要するにそういうことなのだ。
眼の前の勝ちが欲しいのか、それとも再び日本が世界のバレー界に君臨する「時代」が欲しいのか。


たいてい、眼の前の幸せを掴もうとするとそこには陥穽が待っている。
全日本のバレーも全く同じで、眼の前の勝利を目指すことが、更に眼の前の勝ちさえも遠ざけているような状況になりつつあるのだ。

竹下佳江の招集とか。
恐らく、近視眼的に勝ち星を欲するから召集したがるのでしょう。けれども、「竹下の はるか上から スパイクズドン (詠み人知らず)」の状況は日に日に深刻になっている。その上、「テンのトス 読まれ止められ テンパるの (詠み人知らず)」というどうしようもないような状況が厳然とある。
そりゃ、竹下以外のセッターを呼ぶ事は眼の前の勝ちを遠ざけているのかもしれない。でも、他のセッターへのシフトチェンジを挑戦せずに竹下ありきの考えは、日本の視野をいみじく狭くしている。
そうじゃない、竹下を外すことで見える可能性が絶対にあるのだ。と言うよりも、何年も竹下に依存している場合ではないのだ。


男子もそう。
荻野や津曲と言ったベテラン勢からの脱却。
朝長も山本も代表からは退いて、今までとは全く違うチームになる。でも、率いるのは植田監督のまま。今までのやり方では、通用しなくなるところ出てくるはずだ。
だったら、ここは思い切った方針を採ってみようじゃないか。選手の招集だけが代表チームでの構築ではない。今、植田監督に求められているのは「優秀なコーチ」の召集ではないか。
さぁ、じゃあ植田JAPANがこれからどういうチームを目指すかと言うことについて考えてみよう。言い換えれば、何を主軸として世界と戦うかということであり、植田監督に足りないものは何であって、それを補えるコーチは誰かと言うことである。
ズバリ、植田JAPANが目指す今後の目標は「個人としてのブロック力強化とチームのブロックシステムの強化」である。そして、植田監督に求められるのはテンパらない冷静さが第一ではないか。
そう考えた時に、ある意味突拍子もない考えにたどり着いた。
「ゴードン・メイフォース氏のコーチとしての招集」。
賛否両論分かれるところだろう。現役のVリーグの監督である。しかも外国人。
呉越同舟だ、と言う意見がもっともかもしれない。異色なコンビであることは間違いなさそうだと自分でも思う。でも、今年のJTを見る限りでは上記課題の「ブロック」についてとても上手くいっていると思う。また、北京五輪で“恐怖政治”だった選手交代についても、ゴードン氏はスムーズに行っており、その辺りの結果もしっかりと出していると感じる。
植田監督の持っているいい部分とゴードン氏の持っているいい部分が、混ざり合えばこれはいい化学反応が起きるのではないだろうか。もちろん、衝突は免れないかもしれない。ある意味危険なギャンブルかもしれないが、今後の全日本の「指針と基盤」を作ると言う目的を果たそうとするならば、2氏が監督とコーチで率いるチームは有効ではないだろうか。
多分、このままのペースだと世界に飲まれてしまうだろう。だからこそ、先手を打って勝負に出てみるのもありだと思う。
この勝負、勝てばリターンは大きいと思う。しかし失敗しても残るものは多からずともあるのではないだろうか。
おりしも今日は、オバマ米大統領就任の日である。政敵であるヒラリー・クリントン氏を国務長官へ登用するようなあの姿勢は、この案とどこか似通うところがあるようにも思う。


「CHANGE」、「YES WE CAN!」と声高に叫ばれる時代。
発想のチェンジ。そして落ちた日本バレー界を、もう一度世界のトップへ引き上げようというYES WE CAN!という精神が必要だと思う。
そのためには、ファンが、眼の前の勝ちを欲しがらずに長期的視野に対する理解をもつことが求められる。
「臥薪嘗胆」の気持ちをあらゆる境を越えて結集させることこそが、今に日本バレー界にとってもっとも必要なことだと思うのである。



最後に・・・
おかげさまで、ブログ2周年となりました。
ひとえに読者皆様のお陰だと存じております。
これからも、拙いブログですがどうぞよろしくお願いいたします。





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他バレーボール
タグ:
越境同盟
バレーボール
女子バレー
男子バレー
植田JAPAN
植田辰哉
ゴードン・メイフォース
JVA
竹下佳江
バラク・オバマ
CHANGE
YES WE CAN!
ブログ開設2周年記念記事

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

越境同盟~ブログ開設2周年記念記事~

ゴードン氏のコーチ、おもしろそうですね。五輪が終わったあと、アメリカ男子監督のマッカーチョン氏が「入閣」してくれたらな、と思ったのですが・・。日本のいろいろなことに詳しいし、理解があるようなので。
今までのコーチは植田監督が信頼している「イエスマン」かもしれないけれど、中ではチームを強くするためにそれなりに「ケンカ」をしているものなんじゃないかなあ。
心の底から、「世界で勝負したい!」と思っている選手なら、きっと長髪、髭もひとまずやめて、自己アピールするでしょうね。


越境同盟~ブログ開設2周年記念記事~

2周年おめでとうございます!

植田さんが監督である限り、自分が個人的に代表に
呼んでほしい選手が何人も呼ばれないまま・・・
ってことがあり得るわけで、そのことを思うと
「はぁ~・・・」なんてため息がでちゃいそうです。(-_-;)

コーチが誰になるかって、ホント、今後の代表にとっては
行く末が決まってしまいそうなぐらい重要なことのような
感じがしますよね。
「イエスマン」ばっか集めていても、先はないっ!
そう言いたいです・・・。
それと、見た目で人を判断しないでほしい。
長髪だって、おヒゲ生やしてたっていいじゃん!
チャラ男は論外だけど、色眼鏡や、変な先入観なしに、
きちんと選手ひとりひとりを見てほしいと思います。

越境同盟~ブログ開設2周年記念記事~

隕石が地球に衝突する映画「ディープ・インパクト」があったのは10年ほど前ですかね~大統領役のモーガン・フリーマンに「お!黒人大統領かいな」と驚いた記憶があります~当時はパウエルさんが大統領になる可能性があったからでしょうかね~で2009年。アメリカ初の黒人大統領ですかぁ~
映画「2001年宇宙の旅」や「2010年」など近未来の話ってのは文明が発達して人類が進化している設定が多いもんなんですが、設定の年になっても映画とは違って現実はあんまし変わってないんですよね・・・3000年の地球っていっても想像つかんけど、案外日本って国もちゃっかりあって日曜の夕方は皆テレビでサザエさんなんか観てるような気もしますが・・・
2周年おめでとうございます。俺です。

「チェンジ」ですか。
そもそもバレーって何をチェンジすれば良いのか、どっからメスを入れていけば良いのかイマイチ分からないんですよね~アメリカの「チェンジ」ってのはまぁ分かるんですが、アメリカのリベラルな方達の考えてるチェンジってのは「アメリカが良くなれば世界が良くなる」ってな楽観的な部分があると思いません?で日本バレー協会のリベラルには程遠い方達の考えてる事も「代表が強くなれば全てが良くなる」って残念な勘違いをしているみたいで・・・翁も植田監督も長期的な戦略、ビジョンなんかを熱く語っておられるようですが、4年後、8年後もたいして変わらずに日曜の夕方はサザエさんを観ているような気がしないでもないですよ・・・

勿論スポーツの醍醐味は「勝利」というものなんでしょうが、勝利への追求が果たして今のバレー界をチェンジする突破口になるのかどうかは、いささかワタクシ疑問に思っております。簡単に言っちゃえばバレー界に必要なのは「チェンジ」ではなく「クーデター」なのかも知れませんねぇ~



こんな記事も読みたい

みんなの大先輩♪山下美弥子さん【『がんばれ!バレーボール部』編集部日記】

Vリーグ女子を観戦【スポーツマネジメントレポート】

VS NEC&大分三好【排球参謀】

ブロガープロフィール

profile-icontm1051004

                     
                     
【ひっそりとブログ5年目に突入です。】
                      

『週刊ベースボール』2009年度&2010年度の“ボールパーク共和国ベストナイン2番ショート”です!そうなんです、ボ共ベストナインなんです!!ありがとうございます!!                      

                      
                  
                      
                      
生観戦で各地へ行脚
カープとバレーのあるところ
古今東西飛んでゆく・・・
                      

                      
皆様からのコメント大募集です!ボチボチ、ある程度の割合については返信して行く従来のスタイルに戻そうかと考えております。批評から感想、「こんな記事を書いて!」というリクエスト、または情報提供・・・何でもOKです(ネチケットは守ってくださいね)。皆様からのコメント、待っております! 
尚、「出来ないくせに何を言うか、だったらお前がやってみろ」的なコメントや「当事者でもないのに批判するな」と言うようなコメントは、当ブログ趣旨とは反目するので、ご遠慮ください。
                      
今年もやってます、カープの試合全戦レポ、今季は、「鯉スルオトメ」と題しまして、144試合完全レポして行きますので、よろしければお付き合いくださいませ。                      
                      
バレーボールは旧態依然のJVAをバッサリ斬り捨てご免。世間的になかなか情報の流れないVリーグ情報を配信しつつ、一人でも多く生観戦に足を運んでいただければと思っております。
覚悟しぃや!
バレーボール国際大会全般について言及して行く予定。                      
好きな選手は前田智徳

生まれる前からカープファン
                      
立ち位置といたしましては、「反野村-大野体制」、「反松田オーナー」、「反体育会系思考」、「脱精神論」でございます。
今すぐにでも野村-大野体制をやめ、中長期的なモノの見方でチームを再建出来る実績のある外部の方にチームをお任せしたいと考えています。
今のカープ、あまりにも監督コーチが内部の色が強すぎますよね。有能な外部の血を入れ、「勝ちを知る人」を招かないことには、カープの低迷はずーっと続くでしょう。


      
【野球生観戦予定表】
神宮、横浜のカープ戦を随時予定。
                      

【Vリーグ2010/2011生観戦予定】
                      
8月:WGP2011(有明コロシアム)
                      
11月:男女W杯(@全国各地)
                  
                      

バレーはTV報道よりも新聞よりもマニアックな目線で追いかけたいと思ってはいるのですが。データ、過去の情報、個人的意見、裏話など多角的に書きたいと思ってはいます。
                     

野球とバレーを独自目線で勝手にバッサリと斬るもどこか微笑ましい。ユーモアを交えたちょっとだけ(!?)毒のある記事を書くブログですので、食あたりには気をつけてください。

因みに私の基本構造のだいたいは書籍:「B型 自分の説明書」に書いてあります。

                      


管理人:古都の侍より
                      


  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:11465908

(09月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真鍋JAPAN・読まれる女・竹下佳江(2)&上げられない女・佐野優子~ワールドグランプリ2009ファイナルラウンド(東京)vsドイツ【生観戦・写真つき】
  2. 両リーグ順位予想(2013ver)+カープ詳細展望
  3. 【吉例】2012年野球界を(カープ中心に)いろはで振り返る
  4. 竹下佳江の後継者を考える会「♪よーく考えよ~セッターは大事だよ~♪」
  5. 【吉例】2012年バレー界をいろはで振り返る
  6. 調子の悪い選手を代えないことの不思議【OQT2012女子vsセルビア】
  7. 2011年度全日本女子(真鍋JAPAN)メンバー24人発表!~選手はある程度固まった。「知」と「体」がどこまで世界基準になるかが課題では?
  8. 勝ったけど、凡戦【OQT2012男子vsプエルトリコ】【生観戦】
  9. 大村加奈子教員試験合格
  10. 眞鍋監督の中身が柳本監督になったんですかねぇ?ってぐらいベンチワークが悪すぎた一戦【OQT2012女子vs韓国】

月別アーカイブ

2013
03
2012
12
06
05
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss