お父さんお母さんごめんなさい。私この人と結婚します。

心のままに生きてゆけばいいさと君は笑っただろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.youtube.com/watch?v=YYd1ln5Mwrc&feature=player_detailpage

0-2で迎えたハーフタイム。
珍しく、てゆーか故障以外ではおそらく初めて前田監督が動いた。それもいつもの金太郎飴式の交代策ではなかった。
FW坂田を下げて石津を投入。
石津は左MFに。
成岡が右MFに移り、城後がFWに上がった。


すると石津が左サイドからキレのあるドリブルで岡山DFを翻弄する。これまで右サイドで鎖に繋がれたような動きしかできなかったFW城後が躍動する。
末吉はFWを追い越す動きで岡山DFにプレッシャーを与え、その飛び出しから生み出されたラストパスに反応した城後が右足を豪快に振りぬいた。

1-2

なおも攻め続ける福岡。高い位置からのプレスがやまない。足が止まらない。
岡山はボールが繋がらない。自分たちの形がつくれない。

中盤から右サイドは成岡が掌握し、和田は迷いなく外を駆け上がっていく。たぶん彼にあのエリア横のスペースが与えられたのも今季初だっただろう。エンドライン際からクロスを放り込む。

ロングボールしか蹴れなくなった岡山のパスは古賀小原が跳ね返す。


観ていて楽しい、福岡のサッカーがそこにあった。










・・・







・・・








・・・ってこれ去年までのサッカーやん!?




だったら最初からやれ!!




これまでの36試合返せ!!!










『ポゼッション』っていう耳触りのいい流行り言葉と、『全攻切守』っていうよくわからん造語に振り回された一年はなんだったんだろう。

以前にも書いたけど、蜂は2011年のチームが好き。
結果こそ出なかったけど上位チームをも苦しめた攻撃的なショートカウンターが大好きだった。

この1年で篠さんと浅野さんが築いてきたスタイルは無残に壊された。
と思ったら身体は覚えていたってことかな。
「我々の狙いとするサッカーが~」とか言ってる監督いたけど、後半のサッカーはあなたのやらせてきたサッカーじゃないってほぼ全てのサポーターは思ってるんじゃないのか?
少なくともスエと城後の動きを見てたらほんとにそう思った。

あと、2人目と3人目の交替には疑問。いつもの金太郎飴だった。

実質的に岡山はロングボールをDFラインの裏にだすことしかできなかったんだから、DFを1枚削ってって選択肢もあったでしょ。点取らなきゃいけないんだから。例えば成岡をトップ下の位置にずらして右にオズとか、ミンジェとサミルを替えて和田が絞って3バックでサミルにCHで起点になってもらうとか、相手の状況、ゲームの流れを考えた上でやれることはいろいろあるはずなのに、結局いつもの感じになっちゃった。


スカパーの解説は毎試合毎試合『福岡は能力のある選手が多いですから』って、もう聞き飽きた。






'それ逆を言えば選手は能力があるのにってことだから。





それを消して余りあるほどの何かがあるってことだから。'










先日の成岡のゴールでベストゴールは何回目だろう。



もちろんうれしいけど、普通のゴールでも充分うれしいから。


勝てば最高にうれしいんだから。



スーパーゴールを決めるタレントを数抱えながらクラブ史上最低の結果になりそうなこの2012年のチームを蜂は決して忘れないだろう。










・・・いかん。今回愚痴ばっかだな  (- . -;)














1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アビスパ福岡
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

明日?に走る?


懐かしい思いでみてました岡山戦後半。

自分も篠田サッカーが好きだったのでなおさらです。明日が未だみえない前田サッカーとの違いが、これほど明確にでるとは皮肉なものですね。
破られても残っていた翼は、やはり魅力的でした。

初めまして

初めまして、篠田体制からアビサポになった者です。

ブログの内容、同意します。後半何故よくなったのか、観ていて面白いと感じると同時に、なぜか懐かしさが出てきましたが、完全に去年のサッカーでしたね。六反が河田に、松浦が石津に、ユースケがオズになっただけですね。

いやー、約10ヶ月かけて壊された篠田サッカー、しっかり生き残っていたことに感動しつつも、どうしてこれを継続しなかったんだよとフロントに言いたいですね。そして同じく現監督、今まで何してたんだ。

前半現監督の前田ッカーでいいようにやられ、後半去年の遺産サッカーで相手を上回る攻守、監督の能力の差が如実に表れましたね。

ちなみに、個人的に岡山のサッカーは観ていて面白かったです。前田ッカーにないポジションチェンジ、スペースを作る動き、スペースを使う動き、連動してプレスをかける守備、いずれも疲れがでた後半はなりをひそめましたが観ていて面白かったです。

・・・これいずれも去年上のカテゴリーでアビスパが相手に対して行っていたことですけどね。

こんな記事も読みたい

Jリーグ  熾烈なJ2降格争い【サッカーのネットショップ店長ブログ】

【白鳥城の騒霊】勝つことと成長することは等価値ではない ~28節 新潟vs神戸~【白鳥城の騒霊】

【J1第28節】 G大阪戦 リャンと途中出場の中原がゴール!空中戦を制して勝利!【せんだいサッカー日和】

赤青懐古。【■booby論■】

オジー賛歌。【■booby論■】

福岡1-1町田 【吉塚FC日記+】

壊れるほど愛しても3分の1も伝わってない【お父さんお母さんごめんなさい。私この人と結婚します。】

少人数制。【■booby論■】

ブロガープロフィール

profile-icontinyp22

ポルコ・ロッソならきっとこう言う。

『かっこいいとはこういうことさ』

かっこいい人になりたいです。
  • 昨日のページビュー:2121
  • 累計のページビュー:109175

(02月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 名前のない時間の中で二人夢を抱きしめてた なにも亡くさないと信じていたあの頃に
  2. 気づいたの。あなたがこんなに胸の中にいること
  3. 旅を続ける人々は いつか故郷に出会う日を たとえ今夜は倒れても きっと信じてドアを出る たとえ今日は果てしもなく 冷たい雨が降っていても
  4. 壊れるほど愛しても3分の1も伝わってない
  5. 心配ないからね君の思いが誰かに届く明日がきっとある
  6. 高価な墓石を建てるより安くても生きてる方がすばらしい
  7. 心のままに生きてゆけばいいさと君は笑っただろう
  8. あたしは君のメロディーやその哲学や言葉全てを守る為なら少しくらいする苦労もいとわないのです
  9. 私は泣いたことがない ほんとの恋をしていない 誰の前でもひとりきりでも 瞳の奥の涙は隠していたから
  10. 酒は霧島、タバコはマイセン、燃えて上がるは桜島

月別アーカイブ

2017
02
2014
01
2013
10
03
2012
10
09
08
03
01
2011
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss