タイガースを応援しよう

大和FA

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

スポナビブログももうすぐ終了…

このブログもなと何回更新できるか分かりませんが、最後まで楽しんでやっていきたいと思います!

さて、前回の予告通り今回は大和選手のFAについて。

俊介選手は

「球団からいいお話を頂いた」

とのことで残留。

一方大和選手は…

「移籍前提ではない」としながらもFA権の行使を決断。

私は今年の初めからずっとこの大和選手のFAを気にしてきました。

絶対出ていって欲しくない! そう思いながら…。

理由としては、

今のタイガースに最も必要な選手の1人だと思うこと。

大好きな選手であること。

自分がタイガースファンであること。

大きく分けてこの三点です。

大好きなタイガースで大好きな大和選手のチームを救うスーパープレイをもっと見ていたい。

ということです。

ですが、大和選手の立場で考えるなら…

長打力がないという弱点を補って余りある鉄壁の守備力を持ちながら、レギュラーどころか、ポジションさえも固定されない今の環境は権利の行使を決断する大きな要因の1つだと思います。

レギュラー以外は必要とされていない…

なんてことは私も思ってませんし、大和選手もそのようには思っていないでしょう。

むしろ凄すぎてレギュラーで出すのではなく試合後半の12球団No. 1の守備固めとしてベンチに置いておきたい。

そんな感じではないかなと思います。 どのポジションに代打を出しても大和がいればどうにでもなりますからね。

さらに言えば今のタイガースの守備軽視とも取られかねないコンバートに次ぐコンバートや、ファイヤーフォーメーションと言われるものも大和選手ありきです。

おそらく12球団で1番大和選手が必要なのがタイガースなんじゃないかとさえ思います。

ただ、選手としてはやはりスタメンで出たい。

その気持ちは当然です。

契約年数や年俸だけの問題ではない。

という気持ちはメチャ分かります。

今回のFA宣言はタイガースファンとしては複雑ですが、大和選手のファンとしては彼がより活躍できる場所を求めて決めた決断なら応援したいとも思います。

もちろん彼に弱点がないなんてことはなく、先ほども少し書いたように長打力のなさ、スタミナのなさ、盗塁やバントもあまり上手くないなど、物足りない部分もあります。

ただそれを補ってあまりある守備での存在感。

完璧な選手なんてあるはずがありません。

全盛期のイチロー・スズキ選手くらいなもんです。

彼のようにはっきりとした長所がある選手はチームにとって貴重な存在です。

獲得に乗り出すと言われているベイスターズやバファローズのチーム事情はよく知りませんが、それらのチームは彼をレギュラーとして欲しがっているのでしょうか?

セカンドでも、ショートでもセンターでも彼のディフェンスは超一流です。

彼を欲しくない球団なんてないでしょうが特に名前の出ている2球団は関心が強い、つまりレギュラーとして迎える用意があるということなんですかね?

そうなると残ってはくれない可能性も出てきますね…

高卒で入団してきた彼もプロ入り12年ですか…

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「大和FA」へのコメント

prinprinさん、こんにちは!
もし選手の能力を守備、攻撃で数値化するなら大和選手は北條選手、糸原選手らと比べると現状は大和選手の方が上でしょうね。

それでも若手優先、打力優先という今のタイガースではなかなかフラットに見てもらえることはないかもしれませんね…

ただ12球団のファンの中で1番大和選手を評価しているのがタイガースファンだと思います。ま、当然といえば当然なのですが…

それは困った時の大和!
という起用法がそう思わせているのかもしれないとも思います。

大和選手には悪いですが、案外今の起用法が1番彼の価値を発揮できる起用法なのかなと…

ただそれではやはり本人は満足できないでしょうから今回レギュラーとして彼を求める球団があるなら移籍も仕方ないかと思います。

ただ、大好きな選手ですしもし来年違うチームにいたとしても彼のことは応援したいと思います!

prinprinさん、度々のコメントありがとうございました!

まだ何本かはブログ投稿の予定はありますが今までこんなしょーもないブログを読んでいただいたことにお礼を言わせていただきます。

これからもタイガースを応援していきましょう!

移籍

 どんすけさんも同じくらいにスポナビブログをはじめたんですね。

 大和が移籍先を模索してると同じように、自分も移籍先を探しています。
 (移籍しないことを願っていますが・・・)

 このたび、自分は『Tigers-net』というプロバイダを契約しました。
 たまたまここを知って(現状を解約するデメリットを除くと)迷わず契約することを決めました。
 関東にいながらして阪神タイガースが大好きなもので。シーズンが終わると日々の楽しみがひとつなくなってしまう感じです。
 『Tigers-net』ブログがあるようですが、まだ詳しくは分かりません。
 スポナビでも自分のブログの移籍先をお知らせするつもりです。

 こちらこそ、コメントにいつも返信してくださることがうれしく思っていました。
 ありがとうございました。

「大和FA」へのコメント

コメント失礼します。

大和に残ってもらいたいです。
しかし今のチーム状況だと出ていった方が本人にとっては良いように思います。

金本監督はベテランよりも若手、守備力よりも打力を重視して起用していることは明らかで、フラットな競争をさせていません。(この方針が悪いわけではない。)

今年はスイッチヒッターにチャレンジし、高い打率を残しました。慣れてきた来年はさらに飛躍が期待できます。
ショートだけで見ても北條や糸原に劣るところはほとんどないでしょう。

CSでは大山に次いで当たりが出ていました。しかし3戦目では早々に糸原に替えられました。
結果を出しても使ってもらえない。
大和としては思うところがあったと思います。

チーム事情として強打の可能性を秘めた若手を優先することは分かる。
しかしフラットな競争では負けない。

金本監督は大和について「フロントに頑張ってもらうしかない。」とコメントしていました。恐らく起用方針を変えることはないでしょう。

大和の立場で考えると、レギュラーの確約なんてなくてもいいから、フラットな競争環境のチームにいった方が良いと思います。

「大和FA」へのコメント

夏でも掛け布団さん!こんばんは!

レギュラーがスタメンで出る選手だけではないということですね。

私も以前そのようなことを考えたことがあります。

学生の野球ならともかく、プロ野球の世界ではそれぞれの役割というものがしっかりとあります。

スタメンで出るという役割の選手、そして試合後半の切り札となる役割の選手。

そう考えればいいんちゃうかな?って。

でも子供の頃を思い返してみるとやはりスタメンで出たいという思いは誰しもが持っていたんじゃないかと思います。

それはプロになっても同じなんじゃないかなって…

もちろん控えでも彼の守備力はビッカビカと光りますが、スタメンで年間通して出た時に一体どれほどの失点が防げるのかと考えた時にやはりもったいないとも思います。

もしかしたら最後になるかもしれませんからお礼を言わせてください。

夏でも掛け布団さんは私と同じ時期にブログを始められたと記憶しています。

たくさんのコメントを頂きありがとうございました。

また貴方の記事もほとんど見させていただいています。

またどこかでタイガースについてお話しできれば嬉しいです!

コメントありがとうございました!

こんな記事も読みたい

”全員を調査しますよ”【ViVaDra!!】

ゴールデングラブ賞受賞おめでとうございます 来シーズンはサード部門で! 【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

宮崎落選は逆に凄いわw【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

引越しします【ラテンアメリカの虎】

来季の阪神打線【阪神を応援しよう】

阪神タイガース 一塁手補強【ラテンアメリカの虎】

あと少し【タイガースを応援しよう】

日ハム中田翔選手【一生涯阪神ファンの想い】

ブロガープロフィール

profile-icontigerintiraymi

尼崎市のタイガースファンです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1059893

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 赤星憲広と高橋由伸
  2. FAについて思うこと…
  3. 藤川球児
  4. 超変革って何?
  5. 原監督の決断!とタイガース
  6. 懲罰交代
  7. 今のタイガースと藤川球児
  8. 大和FA
  9. 変わらへんのか?
  10. 5割復帰の日に思ったこと

月別アーカイブ

2017
11
09
08
06
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
02
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss