ボールは王様

浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和の試合は久々の更新です。

この試合は、浦和も札幌もマイボール時と相手ボール時で違うシステムで戦っていました。そのため、布陣図を2枚貼っておきます。

浦和ボール時
tetsu11k-353014.jpg
札幌ボール時
tetsu11k-353015.jpg
ペトロビッチのチームが4-4-2に強い理由 浦和のペトロビッチ監督が4-4-2を打ち破る事を研究してきたというのは有名な話です。では、その浦和の所謂「4-1-5への変化」というものが何も対策をしていないオーソドックスな4-4-2を相手にした時に、どのような状況を導きやすいのかを見てみます。
tetsu11k-353016.jpg
2人のセンターバックとアンカーの鈴木の関係性で、3対2を作って相手の2トップのラインを突破すると、ゾーンで守る相手はボールサイドにコンパクトな陣形を取ります。この時、幅の広い間延びした守り方をすると、水色のゾーンの内側、世にいうバイタルエリアで簡単に前を向かれて大変なことになります。そのため、図のように浦和が守備側から見て中央より左サイドから侵入した場合、右サイドバックは少なくともペナルティエリアのラインより内側まで絞ってきます。そうなると当然、5枚目のFWが逆サイドで余るため、そこに長いサイドチェンジのボールを送ると大きなチャンスを作ることができます。 これが長所の全てではありませんが、4バックのチームの中でも自分たちの形を重視した守り方をしてきたチームを相手にした試合、後半戦では清水戦、鹿島戦だとか、風間監督になってからの川崎戦では、面白いようにチャンスを作ったというのが好例です。 浦和対策あれこれ では、どのようにして対策をしようかという所で、代表的なところで磐田がやってきたのが、4バックは変えずに前プレで浦和の後方から余裕を奪うというやり方です。 守備側から見て潰さなければいけないのは、 A・・・ボールサイドにグラウンダーでつけられてバイタルエリアを使われる B・・・大きなサイドチェンジでフリーなスペースを使われる この2点です。 Aを消せばBを使われ、Bを気にするとAをやられるというのが、基本的な浦和の強みですが、AとBを同時に消すやり方として、ボールホルダーから徹底的に自由を奪うというものです。
tetsu11k-353018.jpg
こんな感じですね。寄せてGKまで下げさせてから長いボールを蹴らせれば、浦和の前線には高さや強さがある選手がいないので簡単にボールを回収できるという狙いです。この、前線の選手たちの短所は後で重要な話になります。 反面、このやり方にはデメリットがあります。まず、運動量の確保が厳しいことと、ボールロストをした瞬間の状況次第では、プレスに行けない場合があることです。何らかの形で2シャドーの足元にパチンとボールをつけられたら、その瞬間に5対5の状況を招くか、前述のサイドチェンジを受けてかなりピンチになります。 そんなことで、現実的な対策として5バックに近い守備組織で臨むチームが増えてきて、きちんとそれに対して苦戦をしているのが浦和の近況と言えるでしょう。特に下位チームに対して勝ち点を稼げていないのは、なりふり構わずに相手の良さを消しに来るからだと推測することもできます。 札幌の対応と浦和の手詰まりあれこれ では、札幌はどのような形で浦和対策をピッチ上に表現したのかと見てみます。
tetsu11k-353019.jpg
4-4-2のような形で攻撃する札幌が後方で5バックに変化するためにやったのは、ボールロストしたらプレスをかけてディレイすることです。浦和は後方でボールを大事にするサッカーを展開するので、GKを使ってでもボールを落ち着けようとします。その時間を使って、後方を固めていきます。浦和も両ワイドが下がって5バック気味になるので、彼らが上がるまでにそれなりの時間はあります。特にサイドバックが上がるほど攻撃に時間をかけられていないので、左サイドには多少余裕があります。 札幌は4-4-2から5-4-1への変化を右サイドで1枚ずつ落とす形で実行しているので、その対象になる古田と前の2人は運動量的にかなり厳しかったと推測されます。そんな中で2得点を挙げた古田と同時に、対面が途中でフレッシュな選手に代わりながらも1試合走り切った前も称えられていいと思います。話がそれました。そんなこんながあって、大体こんな状態になります。
tetsu11k-353020.jpg
札幌は当然5-4のブロックの隙間をコンパクトにして、バイタルエリアを使うために縦に入れるボールをロックします。同時に、逆サイドにも1枚補充したので、サイドチェンジも怖くありません。 この時、浦和としては相手の5-4のラインの間を広げたいところです。そのために有効な1つの形が、前線の選手が裏のスペースへ抜ける動きをすることで相手の後方のラインを下げることと、後方の選手たちがドリブルで運ぶことで相手の前のラインを引き出すことです。 浦和は、後者を実行する人材には恵まれているものの、前者を実行する選手がいないので、相手の2ラインがコンパクトに保たれやすく、背負って受ける強さがある選手にも恵まれていないので、ボールをサイドへ逃がしていく傾向にあります。 ところが、左右両サイドともにメンバー構成的なものも含めた手詰まり感を露呈し始めています。結果的に、相手の守備ブロックの外側で左右へ行ったり来たりするボールの動きが目立ってきています。
tetsu11k-353021.jpg
左サイドでは、中に切れ込んで仕事をしたい選手が重なってノッキングする場面が多くみられます。特に、5バック状にスペースを埋めてくる相手に対しては、無いスペースをさらに外側から押しつぶすような状態になりがちです。宇賀神が起用された時の方がバリエーションが増えるのは、彼には縦という選択肢があるからです。ただ、どうしても後方を経由して右サイドへ持っていくことが多くなります。
tetsu11k-353022.jpg
坪井は平川の外側を追い越してオーバーラップをするような選手ではないので、平川の対面は縦への突破をケアすることでサイドハーフと協力してブロックを作ることができます。ここで、簡単に中央に放り込んでも浦和の前線の選手たちは空中戦に良さを発揮する選手や横からのボールに合わせるのが長所というタイプの選手がベンチを見回しても不在です。 こういう場合、サイドからの攻撃で得点が生まれるパターンというのは、ゴールラインまでえぐられてグラウンダーのボールでプルバックされるパターンです。クロスを捨ててそちらを集中的にケアすればよいので、対面の選手はそんなに平川には寄せてきません。そうなるとワンツーで背後を狙うということも難しく、結局は後方を経由してまた逆サイドへ・・・という形です。 根本的な問題は人材難 結局のところ、根本的な浦和の前線の問題は人材難だと言えます。名前だけを見ればビッグネームが揃っているような印象を受けますが、足元でもらってから何かをする選手ばかりで、同じような選手が並んでいます。それはベンチに並ぶ人材も同じなので、交代策や戦術的なことで変化をつけようとしても、ディテールの違いはつけられても大きな変化は難しいのが現状です。 ハイボールを問答無用で上から叩けるとか、スパッと裏を取って相手のバックラインを下げさせてギャップを作れるとか、横からのボールに合わせるのが上手いとか、背負って相手を抑え込めるとか別にそれは何でもよいのですが、今いる選手たちと違う特徴を持った選手がいないとハッキリとした変化をつけるのは難しいでしょう。 それもあって、前線のコンビネーションプレーで打開する方法を練習から模索しているというのはメディア経由でも練習を見に行った人の話でも伝わってきていますし、試合の中で言っても柏木がブロックの外側で受けてみようとするとか、試行錯誤しているのが見えないわけではありません。実際に、今日にしても決定機が無かったわけではないです。もちろん、原口や梅崎が、無理やりにでも足元で受ければドリブルで何とかするというのなら、それはそれでOKです。ただ、1つ言えるのは浦和の得点パターンはそんなに多くないということです。 残り6試合でトップの広島との勝ち点差が6です。ただ、その広島とは得失点差で大きな開きがあるので、実質的には勝ち点7離れていると言ってよいでしょう。そうなると、逆転するためには3試合が必要なので、現実的に優勝はもうないと思います。 ただし、3位以内に入ってACLの出場権を得ることで、スポンサーをつけやすくなるだとか、オフの補強がしやすくなるだとか、よりバリエーションのあるメンバー構成を実現するチャンスも増える可能性があります。現状では、ハッキリとした浦和対策を受けた時には苦戦を免れないとは思いますが、それこそネームバリューのある選手たちの奮起に期待したいところです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
浦和レッズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~

>いつも拝見してます さん
名前の所にまた、ありがとうございます。
今の所は対策がハッキリしたチームになっていますが、例えばアウェーの大宮戦のころは鈴木啓太の所を締めてセンターバックを捨てればいいチームでした。今は、その守り方では浦和は抑えられないですよね。そうやって成長してきているのは事実です。
僕は、ここから先のブレイクスルーにはメンバー構成の変化が必要だと思っていますが、ミシャ監督も同意見だとは限りません。もしかしたら、次の引き出しを選手たちと共に作り出すかもしれません。そうなればそうなったで、非常に楽しみなことだと思って期待はしています。

浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~

バックアッパーで試合をみてましたが、ご指摘の通りの布陣で札幌に対策され、今日も難しい試合になるなと思っていたら、案の定の結果になりました。
レッズが今の戦術を続けるならば、対戦相手は自分たちの戦術に固執せず、守備時はレッズの攻撃をリトリートさせ、ペナルティエリアを固めカウンター狙いに徹すればいいわけで、攻撃力次第で負けることは無いと思います。
選手のコメントで自分たちのサッカーを信じて戦うとのコメントがよく聞かれますが、どのようなプレイをすれば勝てるようになるのか具体的に聞いてみたいものです。

浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~

>otgmnさん
はじめまして。結局、対策の対策ってやつに取り組んでいないわけではないようですが、相手を凌駕する所まで行っていないと、そういうことだと思います。
芝に関しては専門家ではないですが、ガンバ戦辺りでかなり荒れていたので、一度回復させるために長めにしているのかなという程度に勝手に推測はしています。

Re:浦和対札幌 〜手詰まり始めた浦和〜

はじめまして。

全くその通りだと思って読ませてもらいました。

下位に苦戦する件は戦術的にリスペクトを持って対応されるから、と、まぁ、浦和の性癖の問題も少なからずありますよね。
でも、正しく実践されるとあっさり結果を出されしまうところにJリーグの戦力均衡といろんな意味で日本人のメンタリティーを感じます。。

ところで、あと個人的に埼スタの芝は気になります。現状もっさりさせすぎでミシャレッズにミスマッチすぎると思います。短くするか適度に水を撒くかしてほしいんだけど、出来ないものですかね。。。

こんな記事も読みたい

負けはした。ただ受け入れる事は難しい【川崎F】【Football is My Life】

すいませんでした【urawa fan】

監督交代の周辺をウロウロと…②/4【新潟・神戸・大宮編】【4thDayMarketCenter】

1度でいいから書きたかった「こんな選手がほしい」(雑談)【主にレッズ、たまに他のサッカーのこと】

優勝は この体たらくじゃ あり得ない【真・浦和蹴球淑女団】

もう一つ気になったこと【主にレッズ、たまに他のサッカーのこと】

とにかく酷い浦和の決定力【地球は青い!】

相手の先手を取るために必要なこと…【主にレッズ、たまに他のサッカーのこと】

ブロガープロフィール

profile-icontetsu11k

サッカーを生活の中心に据えたいなと思いながらも、
違うスポーツの雑誌を作る不思議な生活を送っています。
“サッカー観”とでも呼ぶべきものは、
人生の一部を過ごしたイタリアという国の影響を強く受けている、
最近では流行らないメンタリティを持っているような気もします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:719506

(10月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. CL準決勝 バイエルンvsバルセロナ ~受け潰すサッカー~
  2. CLベスト16 ユナイテッドvsマドリーを眺めて
  3. 浦和対広島 ~新たな武器を手に入れた浦和~
  4. カリアリ戦で見た相当に拙いミラン
  5. 浦和対札幌 ~手詰まり始めた浦和~
  6. ユベントス対チェルシー ~走るユーベ~
  7. 鹿島vs清水 ~ナビスコ決勝の雑感~
  8. ACL広州vs浦和 ~過去の自分たちとの戦い~
  9. セルティックvsユベントスを眺めて
  10. 高校サッカーとプロサッカーとクラブユースを考える

月別アーカイブ

2013
04
03
02
2012
11
10
09
08
07
04
03
02
01
2011
12
11
10
06
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss