ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます-

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

(2017年11月21日 夕方)

散々テレビのワイドショー等でもやりつくした感のある 日馬富士暴行事件の話題ですが、今日はさらっと現状を まとめてみようと思います。

当初はかなり「過激な発言をしたつもり」で貴乃花親方の 陰謀説を唱えましたが、テレビ等でもそのようなことが 言われだしたので、私が個人のブログで騒ぎ立てる気も トーンダウンしてしまいました。


(あくまで個人の見立てですが)

日馬富士が貴ノ岩を殴った

(誤解を恐れずに言えば) 大した怪我ではなかった *1

他の参加者もいてその場は収まった

翌日/翌朝、日馬富士と貴ノ岩の間では和解/手打ちもあった (多少のわだかまりはあったとしても、まあ済んだこと)

貴ノ岩は怪我は「階段から落ちた」と貴乃花親方に報告

後日貴乃花親方が暴行の事実を知る

このままだったら「すべてなかったことにされてしまう」と憤慨

警察に被害届を出す

協会には報告せず、問い合わせにもとぼけた

症状を重くした2枚目の診断書を作成させる

貴ノ岩の休場を発表 (場所前、この段階ではまだ新しい診断書を出さず。)

場所中に後追いで休場根拠となる診断書を提出

暴行事件が報道されて大騒ぎになる

相撲協会/現執行部にも批判が及ぶ

=> 来年理事長選を有利に戦う目論見

しかしながらどうも貴乃花親方も変だと世論はどっちつかず

貴ノ岩/貴乃花親方は沈黙を保ったまま

=> 果たしてどういう落としどころになるのか?

*1 ビール瓶でなぐられた / 頭蓋(底)骨折 と聞けばそりゃ重症に聞こえますが、ぶっちゃけてしまえば、 ビール瓶で殴るより、立ち合いで思い切っ切り頭でぶつかった 方が衝撃は大きいでしょう。

もちろん暴力はいけませんが、張り手という名のもとに、土俵上 で相手が失神するほど平手で叩くこともありうる大相撲の世界を 鑑みれば、一般人の感覚で「暴行だ」と騒ぎ立てることに違和感が あります。

暴力やしごきを肯定する意図はありませんが、今回の「暴行」 は一般人のケンカのレベルで考えれば、

「頭に来て思わず手が出た、相手が倒れて後頭部を打った」 くらいのものだと捉えられないかという意見です。


あくまで、横綱という立場も相撲協会も関係無く、

「暴行/傷害という刑事事件は刑事事件だ、すべては警察当局と 起訴されれば司法に委ねるべきだ」

という意見もあるようですが、隠蔽云々では無く

当事者同士で解決した方が適切な事案

とは捉えられないでしょうか。

しかも現時点では、被害者本人の貴ノ岩では無く、親方が 注目されてしまっていますので、

(大胆な例えで言えば) 警察沙汰にするようなものではない、子供同士の喧嘩に モンスターマザーが登場して、警察に任せるより他にない、 とヒステリーを起こしているような構図

にも見えます。 (いくら暴力とは言え、なんでもかんでも警察沙汰にすれば 良いとうものでもないのでは。) 

*結果的には本場所中に取り組み以外のことが話題になってしまい、 相撲会に迷惑をかけているという見方は可能。 

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー

私は、記事内容が概ねその通りだと思います。
マスコミによる大騒ぎや旭鷲山という意味不明な存在により
大袈裟になってるんだと思います。
ただ、貴乃花は「空気読まない男」の最たる例なので、
単純に空気読まずに大事にしてるだけでは?と考えます。
そうじゃないと貴乃岩がかわいそう過ぎる。

そして、日馬富士は先場所の功績や人柄を考えても
引退はすべきではないと思います。
そこは協会が何とか頑張ってほしい。

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー

色々不可解な動きが見える貴乃花ですが、一番まずいのは狙ったかのように(協会が忙しくてロクに対処できないであろう)場所中に騒ぎが大きくなるように動いていることなのですよね。
意図的なら悪質ですし、意図していないなら思慮が足りないと言えます。
なんというか日馬富士の暴行がどうこう以前に、貴乃花は何を考えているのか。
そして今回、なんどか貴ノ岩がいらん事を言ったというのと、最近の同じ部屋の若手の態度。ちゃんと弟子の教育をしているのか。もう何がなにやら。

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー

力士同士なら酒に酔って暴行しても許されるということですか?
=> そんなことは書いていません。「許される」の定義は?
  しかし何でも警察沙汰にすれば良いとは思いません。

あなたは自分が被害者になっても同じ事を言えますか?
=> はい。逆に言えば雲隠れする形になっている被害者貴ノ岩の
本心があなたには判るのですか? 

結果として大きな怪我があろうがなかろうが暴行は暴行です。

=> 「暴行は暴行です」というあなたのような意見を踏まえた上で
  論じていますが、理解されなかったようですね。 

あなたのような人達から力士全体を守るために貴乃花は闘っているのでは?
=> 貴乃花親方が戦うなら、黙っていないで情報を発信するべきだと思います。
  本人は沈黙して、貴ノ岩本人も隠してしまうので、私のような見方が
出てきます。

※そもそも戦うとしても、本場所中というタイミングは観客や出場力士、
にとって最悪です。場所前に何とか出来なかったのか、時系列的に貴乃花
親方の行動には疑問があります。 


あなたが現場にいて一部始終を知っているならともかく、まだ事実が判明
していない今の段階で、あまり無責任なことは書かない方がよいかと。

=> 余計なお世話です。 
  また個人の見解を発信するのに責任が必要だとも思いません。 

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー

断る

個人の見解を発信して何が悪い

こんな記事も読みたい

横綱審議委員は無責任な発言を止めるべきだ【独断と偏見の相撲ランキング】

稀勢の里よ、綱を取り戻せ。【幕下相撲の知られざる世界】

白鵬のV40という偉業達成が大きく盛り上がることを強く願う【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-icontenshinomiyako

3番古田 4番広沢 5番池山の頃からのヤクルトファン。

野村ID野球全盛期の90年代。
優良助っ人を巨人に強奪され、主力のメジャー移籍が相次ぐ2000年代前後。
その後の低迷と毎年故障者が出る近年。

それでもやっぱりヤクルトが好き。
  • 昨日のページビュー:375
  • 累計のページビュー:1235608

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017夏甲子園 / 戦力分析
  2. 錦織圭 / ワウリンカ戦勝利を素直に喜べない理由
  3. 錦織 マイアミOP 決勝進出見えた!!!
  4. テニス ツアーファイナル / 錦織はフェデラーに勝ってもジョコビッチが負けない限り準決勝には進出出来ないのか?
  5. 前田健太14勝目 / 石井一久との比較 / 最終獲得出来高予想
  6. 女子W杯バレー / 日本は中国に負けて本当に良かった
  7. 2018年 第90回選抜甲子園 - 21世紀枠出場校の予想
  8. 金本監督 - あなたに一つアドバイスをあげよう
  9. 錦織世界ランキング / ツアーファイナルフェデラー戦がとても重要
  10. 女子バレーボール / リオ五輪世界最終予選

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
08
05
01
2016
11
10
09
07
05
04
03
2015
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss