こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

全中の練習コートの話

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらテニマガ編集部、

ただいま富山で“全中”を取材中です。

本日は団体戦の決勝が行われ、

男子が小平第二(東京)、

女子が城南学園(大阪)、

トップシードの2校が優勝しました。

おめでとうございます!

詳細は中学テニス特設ページへ。

大会会場の岩瀬スポーツ公園の

東コート(16面)で団体戦決勝が行われ、

一方で、西コート(12面)では

個人戦に出場する選手たちが

練習を始めました。

明日から始まる個人戦の準備をする中学生たち

個人戦は、

男女シングルス64ドロー、

男女ダブルス32ドローで行われます。

またまた会場が賑やかになります。

今日、会場にやってきた選手たちは

練習を希望する選手たちです。

こちらの受付で申し込み(サイン)をします。

14時00分から17時00分までの時間帯は、

30分ずつ練習することができるのです。

サインをする用紙は、

名前でびっしり埋まっていました。

個人戦に出場する選手たちで埋まったテニスコート

コートに入れるのは

選手のみというルールになっているので、

各選手は練習相手を見つけて

30分のメニューは自分で考えて行います。

これが、なかなか興味深かったです。

ある選手たちはすぐにサービスから

ポイント展開を練習し、

また、ある選手たちは

ボレーとスマッシュなどの

練習を行っていました。

30分間という短い時間に

必要な内容、やり方を

選ばなければなりません。

全体的に目的意識が高いように感じました。

こういう練習コートの開放は

とても意味があります。

目的意識の高い選手たちと

同じ時間を過ごすことは

大きなモティベーションになります。

同世代の取り組み方を知ったり、

必要なテニスを確認したり、

上位選手たちから得る発見もあります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016全国中学生大会
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

WTAトップ100に挑む2人の日本人プレイヤーについて【女子テニスも熱い】

【2016MSシンシナティ3R】疲労困憊の錦織選手、シンシナティ3回戦敗退、全米に向け体調は!?【"テニス"感覚観戦】

史上もっとも過酷なプロスポーツの、これからも変わらない現実【マーケティング目線】

ブロガープロフィール

profile-icontennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売

  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:2644546

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  7. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  8. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  9. 【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

月別アーカイブ

2017
10
09
08
01
2016
12
10
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss