こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

【USオープン2017 DAY13】ジュニア男子ダブルスで日本人ペアの初優勝ならず、清水/堀江はマッチポイント生かせず惜敗

このエントリーをはてなブックマークに追加


「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第13日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク83位のスローン・スティーブンスが同15位のマディソン・キーズとのアメリカ対決を6-3 6-0で制し、グランドスラム初優勝を果たした。

女子シングルス優勝のスローン・スティーブンス(アメリカ)

試合後のスティーブンスとマディソン・キーズ(アメリカ)


 女子シングルス決勝がアメリカ対決なら、ジュニアの男子ダブルス決勝はアジア対決だ。現場の注目度は高くなかったのは無理もない。試合が始まったのは20時を過ぎていた。しかも、日本、中国、台湾のアジア人ばかりの決勝となった。

 日本の清水悠太(パブリックテニスイングランド)/堀江亨(関スポーツ塾・T)と、第1シードのスー・ユーシャオ(台湾)/ウー・イービン(中国)のペア。

 対戦相手のひとり、ウー・イービンは現在ジュニア世界ランキング2位の実力者で、今大会はシングルスでも最終日の決勝に勝ち残っている。4人の中でもサービス力で群を抜き、フォアハンドでもインパクトの音が違う。個人のレベルとしては格の違いを見せつけたが、ダブルスはそれがすべてでないところがおもしろい。


清水悠太(左)と堀江亨(右)

 堀江は今年のオーストラリアン・オープン・ジュニアでこのウーと組んで準決勝に進出している。「ウーのサーブ力がすごいのも、プレースタイルもよくわかっていた」という。しかし緊張感が邪魔をした。グランドスラム初の決勝に緊張したという日本のふたりは、セット立ち上がりから一気に4ゲームを奪われ、第1セットを4-6で失った。しかしセット終盤の追い上げを次につなげ、第2セットは7-5で奪う。

 最終セットは10ポイントのマッチタイブレーク。日本ペアは4-7から7-7に追いつき、9-8でマッチポイントを握った。次は相手のサービスだったが、堀江が痛恨のボレーミス。このチャンスを逃し、結局3ポイントを連続で失うかたちで敗れた。


ネットを挟んで左側、黒シャツがウー・イービン(中国)、青シャツがスー・ユーシャオ(台湾)

「グランドスラム初めての決勝で緊張してしまった。それを隠さず、発散させたほうがよかったのかも」と繰り返した清水と堀江。初優勝は果たせなかったもののジュニア最後の年に大きな成果を得た。

 清水はプロ志望、堀江はアメリカの大学も視野に入れながらの進学を目指している。進む道は違っても、「またここに戻って来て、ふたりでプレーしたいと思う」と堀江。ダブルスに限らずシングルスでも、「もう一度、ここで」という願いを叶えられるプレーヤーは多いわけではない。その言葉、覚えておきたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017USオープン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

”全ガッツ”アンダーソン!修造大興奮!GSのSF勝利で完全祝優勝ムード!決勝で衝撃の奇襲作戦で史上最大番狂わせを!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【USオープン2017 DAY11】アメリカ勢4強独占からスティーブンスとキーズが決勝へ、ジュニアの部で日本勢が健闘見せる【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

ブロガープロフィール

profile-icontennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売

  • 昨日のページビュー:2601
  • 累計のページビュー:2633741

(09月12日現在)

関連サイト:Tennis Magazine Facebook

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. デ杯のお守り『庭球勝守』を手に入れよう!
  7. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  8. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  9. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

月別アーカイブ

2017
09
08
2014
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss