こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手

このエントリーをはてなブックマークに追加


「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第12日、男子シングルス準決勝が行われ、第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を4-6 7-5 6-3 6-4で破り、決勝進出を決めた。


ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)


 これをはるかにしのぐ注目度で迎えられたのが、もう一方の準決勝、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)対第24シードのファン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の一戦。第1セットをデルポトロが6-4 で奪ったが、第2セットからナダルがほぼ完璧なプレーを披露し、6-0 6-3 6-2と3セット連取で逆転勝ちを果たした。


ラファエル・ナダル(スペイン)

ファン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)

◇   ◇   ◇


 これまでグランドスラムはベスト8が最高だったアンダーソンの決勝進出は、故国の南アフリカのテニスにとっても歴史的な快挙だ。全米での南アフリカ選手の決勝進出は、オープン化以降初めて。グランドスラムでは1984年のオーストラリアン・オープンで決勝に進出したケビン・カレン以来となる。ちなみにカレンは翌年のウィンブルドンでも決勝に進出したが、このときはすでに国籍を取得していたアメリカの旗の下でプレーした。



 さて、この日は日本テニスにとっての“初”となる朗報もある。ジュニアの部の男子ダブルスで清水悠太(パブリックテニスイングランド)/堀江亨(関スポーツ塾・T)が、日本人ペアとしては初となるグランドスラム・ジュニアでの決勝進出を果たした。


清水悠太(パブリックテニスイングランド/左)と堀江亨(関スポーツ塾・T/右)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017USオープン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

”全ガッツ”アンダーソン!修造大興奮!GSのSF勝利で完全祝優勝ムード!決勝で衝撃の奇襲作戦で史上最大番狂わせを!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【USオープン2017 DAY11】アメリカ勢4強独占からスティーブンスとキーズが決勝へ、ジュニアの部で日本勢が健闘見せる【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

全米オープン2017 決勝カードの行方は【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-icontennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売

  • 昨日のページビュー:2601
  • 累計のページビュー:2633741

(09月12日現在)

関連サイト:Tennis Magazine Facebook

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. デ杯のお守り『庭球勝守』を手に入れよう!
  7. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  8. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  9. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

月別アーカイブ

2017
09
08
2014
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss