こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

【USオープン2017 DAY7】シャラポワ8強入りならず、セバストワが頭脳プレーでフルセット制す!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第7日、男女シングルスのボトムハーフの4回戦が行われた。

 ドーピング違反による出場停止処分で約一年半ぶりにグランドスラムに復帰し、注目を集めているマリア・シャラポワ(ロシア)は第16シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)に7-5 4-6 2-6で敗れた。セバストワのほか、第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、第13シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、そしてノーシードのスローン・スティーブンス(アメリカ)が8強入りを決めている。

アナスタシア・セバストワ(ラトビア)

マリア・シャラポワ(ロシア)

 なお、ダブルスで残っていた日本勢は2組あったが、オーストラリアン・オープン・ベスト4の穂積絵梨(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)は2回戦で第12シードのモニカ・ニクレスク(ルーマニア)/シェイ・スーウェイ(台湾)に4-6 2-6でストレート負け。3回戦を戦った青山修子(近藤乳業)/ヤン・ザオシャン(中国)の日中ペアも第9シードのシュー・イーファン(中国)/ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)に7-5 3-6 3-6で逆転負けを喫し、これで日本勢は全員姿を消した。

◇   ◇   ◇

 ドーピング違反による15ヵ月間の出場停止が4月に明けて初めてのグランドスラム大会を戦うシャラポワにとって、試練の4回戦だった。

 27歳のセバストワは、まさにシャラポワが不在の期間と重なるように躍進した選手で、シャラポワのキャリアほどドラマチックではないが、異色の経歴を持っている。23歳のときに「ケガばかりのツアー生活に嫌気がさして」一度引退し、一年半後に再スタートして復活どころか、一度目のキャリアを上回る活躍を遂げてきた。

 シャラポワがドーピング違反発覚の前に出場した最後の大会は昨年のオーストラリアン・オープンだが、そこで予選から出場して本戦の2回戦まで駒を進めたセバストワの当時のランキングは113位。それが今では17位まで上昇している。シャラポワのほうはそのオーストラリアン・オープン当時5位だったが、復帰した4月にノーランキングから出直して今大会前に146位まで戻したところだ。



 対照的な20ヵ月を過ごしてきたふたりの初対決は、第1セットをシャラポワが7-5で競り勝つが、第2セットは第4ゲームでセバストワがラブゲームでブレーク。そのリードを守って6-4でセットを奪った。   「パワーではかなわない。私は賢くプレーしようと思ったし、自信もあった」というセバストワはスライスやドロップショットなど多彩な攻めで揺さぶり、シャラポワは持ち前のハードヒットにもネットプレーにもミスが増えていった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017USオープン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

2017全米観戦記~いつもと違うが楽しんでます【Moon Ball in the Sun】

全米オープン2017 ベスト16決定 トップ10選手は3人のみ、ナダル、フェデラーは4回戦へ!【0 to zeroのhorizon】

ミーシャ ズヴェレフまさかのUSOP優勝なるか!?近年GSで記憶にないボトムハーフの弱い顔ぶれ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-icontennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:2643809

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  7. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  8. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  9. 【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

月別アーカイブ

2017
10
09
08
01
2016
12
10
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss