こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

【USオープン2017 DAY5】悔しい2回戦敗退から一夜、日比野がダブルスで好発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第5日、日本勢はダブルスのみの登場。第16シードの日比野菜緒(LuLuLun)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)は、カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)/リャン・チェン(中国)に6-4 6-2で快勝し、グランドスラムでは2大会ぶりに2回戦へ駒を進めた。


 しかし、19歳の大坂なおみ(日清食品)と37歳のフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)の年の差ペアはワイルドカード(主催者推薦)のジュリア・ボーズラップ/ニコール・ギブズ(ともにアメリカ)に3-6 2-6で敗れた。大坂は3回戦以降のシングルスに専念する。


 杉田祐一(三菱電機)/トーマス・ファビアーノ(イタリア)はアレッサンドロ・ジャンネッシ(イタリア)/フロリアン・マイヤー(ドイツ)に4-6、2-6で敗れた。


◇   ◇   ◇


 前日の悔しさがまだ残る日比野が、ダブルスで好スタートを切った。1回戦の相手ペアの一人は、2008年の全豪オープンのダブルス・タイトルも持つボンダレンコという強敵だったが、今回初めてペアを組むリャンがパートナーとなれば、昨年から頻繁に組んでいる日比野/ロドルスカのダブルス力がまさっていた。

 立ち上がりのボンダレンコのサービスをブレークし、自分たちのサービスは一度もブレークポイントを握られることなくそのリードを守って6-4でセットを先取。第2セットは第3ゲームでボンダレンコが3つもダブルフォールトをおかし、日比野/ロソルスカがブレークに成功した。すぐにロソルスカのサービスゲームでブレークバックを許したが、そこから4ゲームを連取した。

「私が後ろでパートナーが前のときはしっかりポイントパターンがある」と日比野。逆に言えば、ロソルスカのサービスゲームでの展開に課題が残るということで、リターンゲームに関しても「もっともっとできると思っていた。これでベストじゃないので、満足はしていない」と振り返った。


 意識が向上したところに、パートナーの存在があるという。ダブルスは楽しく、シングルスの練習にもなるという理由でプレーしていた日比野。しかしロソルスカは、いわゆるダブルス・スペシャリストと呼ばれる31歳だ。今季シングルスは2大会の予選しか戦っておらず、いずれも初戦で敗れている。一方でダブルスは今季2つのツアー・タイトルを獲得し、今が自己最高の31位。日比野とは今季、グランドスラム全大会を含めて出場大会数の半分にあたる11大会をともに戦っている。2タイトルのうちひとつは、日比野と組んだ4月のモントレーだった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017USオープン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

【2017USOP 2R】上位欠場に加え混沌とする序盤戦【"テニス"感覚観戦】

【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

奈良くるみ 世界8位&GS2度優勝クズネツォワを倒す!ダニエル太郎がナダルから1stセット奪取!トップ10から初勝利の奈良154cmに現地熱狂!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-icontennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売

  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:2643948

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  7. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  8. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  9. 【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

月別アーカイブ

2017
10
09
08
01
2016
12
10
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss