こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

☆本誌連動企画はカテゴリーからどうぞ

tennistm

関連サイト:Tennis Magazine Facebook

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売 もっと見る
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:2642069
  • (10月17日現在)

最新の記事

【USオープン2017 DAY14】燃え盛るテニスへの情熱を糧に、31歳ナダルが遂げた〈進化〉の証明

「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は最終日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が、世界ランク32位で第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に6-3 6-3 6-4で快勝。4年ぶり3度目のUSオープン制覇を果たした。グランドスラム通算優勝回数は「16」となり、男子ではロジャー・フェデラー(スイス)の19......続きを読む»

【USオープン2017 DAY13】ジュニア男子ダブルスで日本人ペアの初優勝ならず、清水/堀江はマッチポイント生かせず惜敗

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第13日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク83位のスローン・スティーブンスが同15位のマディソン・キーズとのアメリカ対決を6-3 6-0で制し、グランドスラム初優勝を果たした。 女子シングルス優勝のスローン・スティーブンス(アメリカ) 試合後のスティーブンスとマディソン・キーズ(アメリカ)......続きを読む»

【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第12日、男子シングルス準決勝が行われ、第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を4-6 7-5 6-3 6-4で破り、決勝進出を決めた。 ケビン・アンダーソン(南アフリカ) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)  これをはる......続きを読む»

【USオープン2017 DAY11】アメリカ勢4強独占からスティーブンスとキーズが決勝へ、ジュニアの部で日本勢が健闘見せる

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第11日、女子シングルスの準決勝2試合が行われた。  アメリカ勢が4強を独占する中、第9シードのビーナス・ウイリアムズが負けた時点で、グランドスラム新チャンピオン誕生が確実となる状況で、ノーシードの24歳スローン・スティーブンスが6-1 0-6 7-5で37歳ビーナスを破った。2013年の全豪オー......続きを読む»

ダテック引退会見に行ってきました

 ダテックの記者会見に行ってきました。  伊達公子選手の現役引退記者会見が有明コロシアムで15時00分から行われると聞き、編集部をちょいと抜け出し、顔を出してきました。  雨が降っていたこともあり、コロシアムの屋根は閉められたまま。晴れていても閉まったままだったかも。どっちでもいいけど。  多くの報道陣が待ち構える中、ダテックが登場! と思いきや、靴紐がほどけ、すぐに結び直してい......続きを読む»

【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第10日、男女シングルスのトップハーフの準々決勝が行われた。  前日の結果と合わせてベスト4が出揃った。まずは第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がノーシードの19歳アンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6-1 6-2 6-2で一蹴し、全米4年ぶりのベスト4に進出。 ラファエル・ナダル(スペイン) ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY9】アメリカ勢の活躍に沸く全米、 ビーナスはクビトバとの新旧芝女王対決制す

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第9日、男女シングルスのボトムハーフの準々決勝が行われた。  4回戦で注目のマリア・シャラポワ(ロシア)を破った第16シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を、ノーシードで勝ち上がってきたスローン・スティーブンス(アメリカ)が6-3 3-6 7-6(4)で破った。 スローン・スティーブンス(アメリカ)......続きを読む»

【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第8日、男女シングルスのトップハーフの4回戦が行われた。前日の結果と合わせてベスト8が出揃った。  男子は“大物”がトップハーフに集中。ドローが決まったときから準決勝での対決が期待されている第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)はいずれもベスト8に駒を進めた。それぞ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY7】シャラポワ8強入りならず、セバストワが頭脳プレーでフルセット制す!

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第7日、男女シングルスのボトムハーフの4回戦が行われた。  ドーピング違反による出場停止処分で約一年半ぶりにグランドスラムに復帰し、注目を集めているマリア・シャラポワ(ロシア)は第16シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)に7-5 4-6 2-6で敗れた。セバストワのほか、第9シードのビーナス・ウイリアムズ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY6】ミス悔やみ、涙の大坂------復活にかける32歳カネピに屈して16強逃す

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第6日、世界ランク45位の大坂なおみ(日清食品)と同116位の奈良くるみ(安藤証券)がそれぞれ初のグランドスラム16強進出をかけて3回戦に臨んだが、いずれも敗退。大坂は、世界ランク418位の32歳カイア・カネピ(エストニア)に3-6 6-2 5-7のフルセット負け、奈良は世界ランク37位のルーシー・サファロバ(ロシ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY5】悔しい2回戦敗退から一夜、日比野がダブルスで好発進

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第5日、日本勢はダブルスのみの登場。第16シードの日比野菜緒(LuLuLun)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)は、カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)/リャン・チェン(中国)に6-4 6-2で快勝し、グランドスラムでは2大会ぶりに2回戦へ駒を進めた。  しかし、19歳の大坂なおみ(日清食品)と37歳......続きを読む»

【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第4日、男女計6人の日本選手がシングルス2回戦を戦った。  4人の日本人女子のうち、特に海外メディアも注目する大坂なおみ(日清食品)は世界ランク90位のデニサ・アレルトワ(チェコ)を6-3 4-6 7-5で下し、2年連続の3回戦に進出。  もう一人、奈良くるみ(安藤証券)も第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY3】杉田からダニエル、日比野、奈良、尾﨑と、日本勢5人が勝利のバトンつなぐ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は3日目、前日に雨の影響で中断およびキャンセルされたシングルス1回戦と、男女ボトムハーフ(ドローの下半分)の2回戦が行われた。  日本勢は、第3セット初めで中断になっていた杉田祐一(三菱電機)を含めて5人が登場。本戦初出場の杉田はワイルドカード(主催者推薦)のジェフェリー・ブランカノウ(フランス)に6-2 6-2 ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は大会2日目、日本勢7人が登場する予定だったが、雨のためほとんどが消化しきれず、試合を終えたのは2人のみ。  屋根を閉めたセンターコート『アーサー・アッシュ・スタジアム』で戦った大坂なおみ(日清食品)は、ディフェンディング・チャンピオンで世界6位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3 6-1で破り、トップ10......続きを読む»

【USオープン2017 DAY1】ケガから復帰の江口がグランドスラム・デビュー「うれしいけど、物足りなさ感じた」

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月28日~9月10日/ハードコート)。日本勢は、錦織圭(日清食品)と西岡良仁(ミキハウス)が、それぞれ右手首と左膝の故障で欠場となったが、なお男女合わせて8人が出場している。  初日の28日は、左膝の故障から復帰してきて3ヵ月の江口実沙(橋本総業ホールディングス)が唯一登場。スペシャル・ランキングを生かし、繰り......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 最終日

最終日 まさか・・・ こんな最終日があったなんて・・・ ダブルスの決勝戦が終わり、 シングルス決勝戦を待つファンそしてメディア・・・ そこに!!突然フェデラーが登場。 「すいません、今日は棄権します」 と・・・ コートサイドの日本人ファンも呆然としています。 フェデラーがひとしきり話をした後、大会側が「今日はジョコビッチとマレーのエキシビジョンマッチをします」と発表。 その......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 7日目

7日目 準決勝です。 相手は世界ナンバーワンのジョコビッチ。 第1セットは1-6であっさりとられてしまった錦織選手でしたが、 第2セットは逆襲です! トップ写真は第2セット、フォアでガツンと叩いてガッツポーズ。 こんなに吼える錦織選手は久しぶりに見ましたね。 鳥肌もんです。 まずは順を追って… 今日の入場シーンから。 日本では野球の日本代表や、サッカーの日本代表の試合が......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 6日目

今日でラウンドロビンは終了。 シングルス、昼の部にジョコビッチが登場です。 相手はベルディヒ。 いつも通り、試合前は超クールな感じのジョコ。 アッと気がついたらもう4-0・・・ 次に気がついたら第2セット5-1・・・ 辛うじて2ゲームを取ったベルディヒ。 なすすべなく、完全に笑っちゃってます。 チェンジコートしてまもなく試合は終わりました(泣) 6-2 6-2であっさ......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 5日目

5日目 今日は錦織選手のいるグルーブBのラウンドロビン3試合目。 勝てば準決勝進出に大きく前進!! 試合が始まります… あれれ・・・ 相手が違う??? ラオニッチが突然の棄権。 補欠(っていうのかな?)のフェレールが代わりに登場。 と、いうわけで今日もフォトギャラリー風で! 第1ゲーム、いきなりブレークの錦織選手。 幸先いいぞ!! しかし、第1セットを落としてしま......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 4日目

大会も4日目です。 今日のメインイベントはジョコビッチ vs ワウリンカ。 今日もスモークの中から登場! スモークの中からジョコの瞳が鋭く光っている感じです!! 試合前もクールな表情です・・・ ですが、 いきなり最初のサービスゲームをブレークされたジョコでした・・・ ですが!! 終わってみれば、6-3 6-0の圧勝。 第1ゲームだけが見せ場だったバブリンカ。 試合が......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 3日目

大会も3日目に入り、錦織選手もラウンドロビン2試合目です。 錦織圭 vs ロジャー・フェデラー 結果はちょっと残念でしたが、まだ次がある!! と、いうわけでフェデラー戦をフォトギャラリー風に!! 今日は下位シードなので先に登場。 前回は上位シードで錦織選手の目の前にテレビカメラが張り付いていたけれど、今日はきれいに「KEI NISHIKORI」のボードが見えます!! 試合開......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!! 1日目(2日目ですが!)

タイミングを逸してしまい、完全にブログがアップできていませんでした… 錦織選手の試合後だったのに… まさかの大失態… グループリーグの初戦。 オープニングマッチの錦織選手 vs マレー。 会場は「ほぼ」超満員でした!! コートにスポットライトが当たっているみたいなこの風景。 臨場感がハンパないです!! これにプラス、音楽もガンガンに鳴っていて、 「こんなんで試合できるの?......続きを読む»

フォトグラファーOちゃんフォト日記 来たぜ!ツアーファイナル!!

とうとう来ました。 ATPツアーの最終戦。 ツアーファイナル!! 会場はテムズ川沿いに建つO2アリーナ。 大会前の金曜日(昨日)、恒例のフォトセッションが行われました。 センターコートの真ん中で、みんなお揃いのスーツを着こなしてカッコよく撮影です!! その写真はテニスデイリーの「フォトギャラリー」で見ることができますが、 Oちゃんはそのフォトセッション終了後の選手たちの笑える......続きを読む»

【こちらテニマガ編集部】終わってみればやっぱり女王!

今年からシンガポールに舞台を移して開催されてきたWTAファイナルも、いよいよ今日が最終日。 シングルス・ダブルスの決勝が行われました。 シェイ・スーウェイ/ペン・シューアイとカーラ ・ブラック/サーニャ・ミルザのダブルス決勝は、6-1 6-0でブラック/ミルザが優勝。 表彰式では東レPPOでもおなじみ(ブラック/ミルザは東レPPOを連覇)、ブラックの息子ラクラン・アレキサンダーくんも......続きを読む»

【こちらテニマガ編集部】ラストマッチは仲良くね

WTAファイナルの5日目はいよいよ準決勝の戦い。 まずは、唯一予選グループを全勝で駆け抜けたカロライン・ウォズニアッキとセレナ・ウイリアムズの対戦。 仲良しの2人は昨日、センターコートである「インドア・スタジアム」の隣にある「ナショナル・スタジアム」で行われたマライア・キャリーのコンサートへ、いっしょに行ったそうです。 でも、「私たちはそのこと(プライベートとオンコート)はうまく分けてい......続きを読む»

【こちらテニマガ編集部】プラクティス・コートでの邂逅

WTAファイナルのセンターコートは、スポーツハブの中の「インドア・スタジアム」に敷かれています。 トップ写真はお客さんにとってのメインゲートである北口。 ここから外に出ると、ブースが並ぶ「ファンゾーン」や選手たちが練習をする「プラクティス・コート」に最短距離で行けます。 ゲートの奥に見えたのは「KALLANG WAVE」という巨大ショッピングモール。 手前の横に走る道がファンゾ......続きを読む»

【こちらテニマガ編集部】シンガポールの“超巨大庭園”から

今日も編集部S&カメラマンMはWTAファイナルのデイ・セッションが始まるまでの間、街を散策です。 試合観戦と観光をセットで楽しめるのは、WTAファイナル・シンガポールの大きな魅力のひとつですね。 数あるシンガポールの観光スポットでもオススメのひとつがこちら。 マリーナベイから徒歩圏内にある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。 植物園なのですが、ただの植物園にとどまらぬ超巨大庭園......続きを読む»

【こちらテニマガ編集部、シンガポールにいます】

編集部SとカメラマンMは今、シンガポールにいます。 シンガポールと言えばマーライオン。 というわけでマリーナベイに臨むマーライオン公園へ。 あれ? 思ったより小さいな… 違った、こっちが本物でした。思ったより大きい! マリーナベイに向けて滾々と水を吐き出しています。 早朝のマーライオン公園はオススメ。 やっぱり昼間はもっと人がたくさん押し寄せるそうなので。 マリーナベイの......続きを読む»

テニスデイリー担当Tの東レPPOブースレポート!①

皆さん、こんにちは! テニスデイリー担当のTです。 今日は東レPPO会場にテニマガブースの手伝いにきています。 テニマガブースでは、会場限定発売のクルム伊達公子選手のPhoto bookや、錦織圭選手の活躍がたっぷり紹介されたテニマガ増刊・全米オープン特集号が販売されていたり、テニマガの表紙風に記念撮影ができるパネルもあります。 テニマガブース以外にもたくさんのメーカーさんがブースを出し......続きを読む»

テニスデイリー担当Tの東レPPOブースレポート!②

テニスデイリー担当のTです。 すっかり日が暮れてきた有明からお送りしています。前回に引き続き東レPPOに出展しているブースの紹介をしていきたいと思います。 まずはオフィシャルサプライヤーのelesseさんのブースです。 お得な商品が目白押しとのことですが、特にオススメはBOAシステムテニスシューズ。5,000円以上の割引です。 続いて、ひときわ大きなブースは。。。 オフィシャル......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 24 25

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  7. デ杯のお守り『庭球勝守』を手に入れよう!
  8. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  9. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  10. 【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
01
2016
12
10
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss