こちらテニマガ編集部、ただいま取材中

☆本誌連動企画はカテゴリーからどうぞ

tennistm

グランドスラム大会はもとより、インカレやインターハイといった国内トーナメントまで くまなく取材にあたるテニスマガジン編集部の精鋭編集部員が、現地で感じた様々な四方山話を語ります。毎月21日発売 もっと見る
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:2643978
  • (11月24日現在)

最新の記事

【USオープン2017 DAY14】燃え盛るテニスへの情熱を糧に、31歳ナダルが遂げた〈進化〉の証明

「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は最終日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が、世界ランク32位で第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に6-3 6-3 6-4で快勝。4年ぶり3度目のUSオープン制覇を果たした。グランドスラム通算優勝回数は「16」となり、男子ではロジャー・フェデラー(スイス)の19......続きを読む»

【USオープン2017 DAY13】ジュニア男子ダブルスで日本人ペアの初優勝ならず、清水/堀江はマッチポイント生かせず惜敗

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第13日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク83位のスローン・スティーブンスが同15位のマディソン・キーズとのアメリカ対決を6-3 6-0で制し、グランドスラム初優勝を果たした。 女子シングルス優勝のスローン・スティーブンス(アメリカ) 試合後のスティーブンスとマディソン・キーズ(アメリカ)......続きを読む»

【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第12日、男子シングルス準決勝が行われ、第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を4-6 7-5 6-3 6-4で破り、決勝進出を決めた。 ケビン・アンダーソン(南アフリカ) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)  これをはる......続きを読む»

【USオープン2017 DAY11】アメリカ勢4強独占からスティーブンスとキーズが決勝へ、ジュニアの部で日本勢が健闘見せる

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第11日、女子シングルスの準決勝2試合が行われた。  アメリカ勢が4強を独占する中、第9シードのビーナス・ウイリアムズが負けた時点で、グランドスラム新チャンピオン誕生が確実となる状況で、ノーシードの24歳スローン・スティーブンスが6-1 0-6 7-5で37歳ビーナスを破った。2013年の全豪オー......続きを読む»

ダテック引退会見に行ってきました

 ダテックの記者会見に行ってきました。  伊達公子選手の現役引退記者会見が有明コロシアムで15時00分から行われると聞き、編集部をちょいと抜け出し、顔を出してきました。  雨が降っていたこともあり、コロシアムの屋根は閉められたまま。晴れていても閉まったままだったかも。どっちでもいいけど。  多くの報道陣が待ち構える中、ダテックが登場! と思いきや、靴紐がほどけ、すぐに結び直してい......続きを読む»

【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第10日、男女シングルスのトップハーフの準々決勝が行われた。  前日の結果と合わせてベスト4が出揃った。まずは第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がノーシードの19歳アンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6-1 6-2 6-2で一蹴し、全米4年ぶりのベスト4に進出。 ラファエル・ナダル(スペイン) ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY9】アメリカ勢の活躍に沸く全米、 ビーナスはクビトバとの新旧芝女王対決制す

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第9日、男女シングルスのボトムハーフの準々決勝が行われた。  4回戦で注目のマリア・シャラポワ(ロシア)を破った第16シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を、ノーシードで勝ち上がってきたスローン・スティーブンス(アメリカ)が6-3 3-6 7-6(4)で破った。 スローン・スティーブンス(アメリカ)......続きを読む»

【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第8日、男女シングルスのトップハーフの4回戦が行われた。前日の結果と合わせてベスト8が出揃った。  男子は“大物”がトップハーフに集中。ドローが決まったときから準決勝での対決が期待されている第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)はいずれもベスト8に駒を進めた。それぞ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY7】シャラポワ8強入りならず、セバストワが頭脳プレーでフルセット制す!

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第7日、男女シングルスのボトムハーフの4回戦が行われた。  ドーピング違反による出場停止処分で約一年半ぶりにグランドスラムに復帰し、注目を集めているマリア・シャラポワ(ロシア)は第16シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)に7-5 4-6 2-6で敗れた。セバストワのほか、第9シードのビーナス・ウイリアムズ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY6】ミス悔やみ、涙の大坂------復活にかける32歳カネピに屈して16強逃す

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第6日、世界ランク45位の大坂なおみ(日清食品)と同116位の奈良くるみ(安藤証券)がそれぞれ初のグランドスラム16強進出をかけて3回戦に臨んだが、いずれも敗退。大坂は、世界ランク418位の32歳カイア・カネピ(エストニア)に3-6 6-2 5-7のフルセット負け、奈良は世界ランク37位のルーシー・サファロバ(ロシ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY5】悔しい2回戦敗退から一夜、日比野がダブルスで好発進

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第5日、日本勢はダブルスのみの登場。第16シードの日比野菜緒(LuLuLun)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)は、カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)/リャン・チェン(中国)に6-4 6-2で快勝し、グランドスラムでは2大会ぶりに2回戦へ駒を進めた。  しかし、19歳の大坂なおみ(日清食品)と37歳......続きを読む»

【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は第4日、男女計6人の日本選手がシングルス2回戦を戦った。  4人の日本人女子のうち、特に海外メディアも注目する大坂なおみ(日清食品)は世界ランク90位のデニサ・アレルトワ(チェコ)を6-3 4-6 7-5で下し、2年連続の3回戦に進出。  もう一人、奈良くるみ(安藤証券)も第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY3】杉田からダニエル、日比野、奈良、尾﨑と、日本勢5人が勝利のバトンつなぐ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は3日目、前日に雨の影響で中断およびキャンセルされたシングルス1回戦と、男女ボトムハーフ(ドローの下半分)の2回戦が行われた。  日本勢は、第3セット初めで中断になっていた杉田祐一(三菱電機)を含めて5人が登場。本戦初出場の杉田はワイルドカード(主催者推薦)のジェフェリー・ブランカノウ(フランス)に6-2 6-2 ......続きを読む»

【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)は大会2日目、日本勢7人が登場する予定だったが、雨のためほとんどが消化しきれず、試合を終えたのは2人のみ。  屋根を閉めたセンターコート『アーサー・アッシュ・スタジアム』で戦った大坂なおみ(日清食品)は、ディフェンディング・チャンピオンで世界6位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3 6-1で破り、トップ10......続きを読む»

【USオープン2017 DAY1】ケガから復帰の江口がグランドスラム・デビュー「うれしいけど、物足りなさ感じた」

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月28日~9月10日/ハードコート)。日本勢は、錦織圭(日清食品)と西岡良仁(ミキハウス)が、それぞれ右手首と左膝の故障で欠場となったが、なお男女合わせて8人が出場している。  初日の28日は、左膝の故障から復帰してきて3ヵ月の江口実沙(橋本総業ホールディングス)が唯一登場。スペシャル・ランキングを生かし、繰り......続きを読む»

こちらメルボルン、朝帰り

こちらメルボルンで取材中。 試合、記者会見が終わるのは 日付が変わってから。 それから原稿… よって朝帰り。 会場に長いこといると わかることがたくさんあります。 深夜にいるのは記者だけではなく たくさんの方が働いているんです。 広い会場をお掃除している方々、 本当にお疲れさまです。 毎日、会場はとてもきれいです。 こんなにふうにくつろげば、 当然ゴミ......続きを読む»

こちらメルボルン、ボールパーク

こちらメルボルンで取材中。 1月26日はオーストラリア・デイ、 国民の休日のため、 前夜から街は大にぎわいでした。 会場内のキッズ向けボールパークも 一週目のようにまた賑やかに。 ここは細部まで工夫が凝らされていて 最高に楽しい空間です。 これがあれば家族は一日楽しめます。 ぐるっと一周。 メインコートの ロッド・レーバー・アリーナと ハイセンスアリーナの中間にある ......続きを読む»

こちらメルボルン、アディダスのシューズ

こちらメルボルンで取材中。 テニス界のレジェンドの名前を冠した これらのシューズは 世界中で愛され、 そして日本でも大人気ですね。 アディダスにて、 スタン・スミス(右)が スタン・スミスを履き、 スタン・スミスが ロッド・レーバー(左)に ロッド・レーバーを履かせている… たいへん貴重なシーン だと思いますので掲載。 スタン・スミスは1946年生まれ......続きを読む»

こちらメルボルン、カルロビッチの大記録

こちらメルボルンで取材中。 大会2日目、 ジョコビッチ対ベルダスコの1回戦、 超満員のロッド・レーバー・アリーナ。 試合が終わり、 さて、他の試合はどうなっているか、 ん?  コート19、 カルロビッチとゼバロスの ファイナルセットのスコアが たいへんなことに。 気づいた人々が大移動。 これはフェンスの外側。 人があふれかえり、 フェンスの内側を見るために ......続きを読む»

「もっとアツくなれよ!!」と修造さん

こちらテニマガ編集部、 乗り換え途中に、目を惹くコーナーが。 JR横浜駅中央北改札前コンコースに 松岡修造さんの顔… こっちを向いて 「もっとアツくなれよ!!」と 言っています。 会社のデスクにも修造さんの 日めくりカレンダー。 いまはページ20、 「性格は変えられない でも心は変えられる」 だったはず。 「その発熱力、修造級。」って 抜群のキャッチで 思わず......続きを読む»

東口ロビーに出店中「FRAU KRUMM」に行ってきました!

こちらテニマガ編集部、 楽天ジャパンオープンで取材中。 連日満員御礼の楽天ジャパンオープン。 試合はもちろんですが、 お店めぐりも楽しいです。 というわけで行ってきました、 「FRAU KRUMM」! 8月に東京・恵比寿に オープンしたばかりの ドイツパンのお店。 テニスファンならすでにご存じ、 クルム伊達公子選手のお店です。 東レPPOテニスでも出店されていました......続きを読む»

全中の練習コートの話

こちらテニマガ編集部、 ただいま富山で“全中”を取材中です。 本日は団体戦の決勝が行われ、 男子が小平第二(東京)、 女子が城南学園(大阪)、 トップシードの2校が優勝しました。 おめでとうございます! 詳細は中学テニス特設ページへ。 大会会場の岩瀬スポーツ公園の 東コート(16面)で団体戦決勝が行われ、 一方で、西コート(12面)では 個人戦に出場する選手たちが 練習......続きを読む»

ATP2016キャンペーン「Next Generation」、日本の西岡も選ばれました!

こちらテニマガ編集部、 ATPが「Introducing The Next Generation」 という動画を配信しています。 次代を担う若手選手たち(U21)を 紹介するこのキャンペーン。 その中に、日本の西岡良仁の姿もあります。 ATPがこれまで行ってきた キャンペーンの顔ぶれを見ると やがて世界のトップへと 成長してきた歴史があります。 そこで今回は、というと、 ......続きを読む»

今年の全豪で使用したストリング量は?

今年から全豪オープンの オフィシャルストリンガーを務めている ヨネックスが大会終了後に発表したレポートによると… 世界各地のトップストリンガーが集結「ヨネックスストリングングチーム」。合計13ヵ国23名のチーム 〈2016年全豪オープン・ストリングDATA〉 ストリングの累計張り上げ本数 5292本(前年4763本) 一日の最多張り上げ本数 544本(前年462本) ストリン......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY14/ビールが飲みたいだけ…の巻

本日の新聞一面は、この人。 当然でしょう。 KER-BOOMだって。 そのケルバーの 総督官邸での フォトセッション。 男子決勝を控え ボールキッズたちが 外れの18番コートで 表彰式の練習をしてました。 [写真撮ってもらえませんか?」 「はい、喜んで」 セルビアから やってきた仲良し4人組。 友達かな? カップルかな? 最終日とあって お土産屋さんも 半額セールを実施......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY13/表彰式のカメラマンの80%が日本人…の巻

残すところ、あと2日。 今日も午前中は 街へ繰り出しました。 こちらはトラムの中。 手すりが日本と違って かわいいっすね。 ユニクロ。 錦織圭モデル発売中。 STAR WARSのトラム。 しぶい。 路地裏 (の少年でなく少女)。 by浜田省吾。 車いすの女子ダブルス優勝は 上地/バイス組。 表彰式のカメラマンの 80%が日本人でした。 ネットがないときは、 ......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY12/ちょっと値上がりしてたな…の巻

試合が午後からだったので、 午前中はスーパーへ。 お寿司がきれいでした。 2年前も見たことのある ワンちゃんの骨つきケーキ。 ちょっと値上がりしてたな。 会場に戻ってきて、 ブラックモアズ社のブースへ。 さざ波の音を聞きながらの 無料マッサージ。 こちらNAIL BAR。 多くの女性で賑わってます。 ネイルより 店員さんのイヤリングが 気になるわ。 バーナード・ト......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY11/あたちをきれいにちてね!…の巻

大会も11日目に突入。 お土産のプレーヤーズ・タオルは 名前を入れてもらうことができます。 10豪ドル(たぶん)追加ですが、 brotherだから安心! フェイスペイントはみんな どこでやっているのかなと思っていたら、 会場内にありました。 子供から大人まで大繁盛。 1人10~15分程度。 あたちをきれいにちてね! 「私も撮ってくれない?」 も、もちろんですとも。 おっ、今夜......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY10/ちょっと五輪っぽく…の巻

大会10日目。 多くの人がトラムで 会場にやってきます。 行き先は「Australian Open」って、 かっこいいな。 手荷物検査のあとは 身体検査。はい、手を広げて。 「いけね、チケット失くした」 「ぶら下げてるだろが」 これでようやく入場。 入場したお父さんに 人生最大の幸せが! 大会スポンサーでもある エミレーツ航空の お姉さんたちと記念撮影。 本日から車いす......続きを読む»

[メルボルン日記] DAY9/キャンセル待ち受付中…の巻

大会も8日目となりました。 お土産ショップ。 何を買っていこうかな。 日本女子ジュニアの村松選手。 手前は記録係で2人態勢。 さすがグランドスラムです。 選手名鑑を手元におきながら(笑)、 1ポイントずつ記録をつけます。 オーストラリアのテニスマガジンの ブースに遊びに行ったら、 こんな案内が。 というわけで ケン・ローズウォール、健在! 81歳です。 女子準々決勝、屈......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 26 27

このブログの記事ランキング

  1. HEAD黒塗りラケット、こっそり試してきました!!
  2. 日本のためにテニスで夢を。豪華メンバーが11月、有明に集結!
  3. ジョコビッチ初来日!
  4. 【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル
  5. 【USオープン2017 DAY4】大坂と奈良がグランドスラム自己最高タイの3回戦に進出!初突破に期待高まる
  6. 【USオープン2017 DAY12】男子決勝はナダル対アンダーソン、ジュニアの部で清水悠太/堀江亨が日本人ペアのグランドスラム初優勝へ王手
  7. まもなく開幕!楽天ジャパンオープン
  8. 【USオープン2017 DAY2】一年前の自分を克服、大坂なおみが昨年優勝者のケルバーを粉砕
  9. 【USオープン2017 DAY8】今大会最長の3時間36分、デル ポトロがドラマチックな勝利で2年連続の8強進出
  10. なんて日だ! ウィンブルドン フォト日記 Day3

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
01
2016
12
10
08
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
09
08
07
06
05
03
2009
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss