Fight!! Kei NISHIKORI

その他

錦織の芝シーズン。

ベルダスコに勝ちきった錦織でしたが、QFは1-3でマレーに敗れてしまいました。この試合については軽く触れるに留め、今回は錦織の芝シーズンの展望を考えたいと思います。 QFはびっくりするスタートでした。あっさり錦織が取ってしまいました。しかしこれはマレーのファーストサーブがダメダメだったためです。2セット目以降はマレーが持ち直しました。マレーのサービスが良くなったことで自分のサービスゲームにプレッシ......続きを読む»

全仏までの上位選手失効考察。

1月は大会が少なく例年2月にいよいよここからという気持ちになるのですが、今年はあれだけ内容の濃い全豪があると若干調子が狂ってしまう感じがあります。それはさておき。 錦織の2月の大会は13日からのブエノスアイレス大会(アルゼンチン・オープン)です。ちょっと日が空きますので、番外編を少し。今回は全仏オープンまでの上位選手失効ポイントです。なお、今回はワウリンカ・ラオニッチ・錦織・ナダル・フェデラーに絞......続きを読む»

マレーに敗れるも準決勝進出には優位。RR最終戦はチリッチと対戦。

激闘のマレー戦を終えて今日(厳密には日本時間の明日)錦織が準決勝進出をかけてチリッチと対戦します。その前にマレー戦を少しだけ振り返ることにします。 スタッツです。 >TENNIS TV 第1セットは互いにサービスをキープしあう白熱の展開でした。タイブレークではマレーのミスなどから6-3と3つのセットポイントのチャンスを迎えましたが、マレーがここを切り抜けて大混戦に。かなり競りますが、こ......続きを読む»

大一番へ。錦織vsマレー。

ツアーファイナルもグループレンドルは既に残すところあと1試合。グループマッケンローは今日2試合目が行われます。 ご存知の通り錦織は初戦で3位のワウリンカ相手に6-2,6-3と快勝してます。スタッツです。 ワウリンカの調子がイマイチだったのもありますが、パリで若干嫌な終わり方をして以来の試合でまず勝てたことがなによりでしょう。スタッツについて詳述はしませんが、ワウリンカを負けのパターンにもって......続きを読む»

楽天ジャパンオープンの前に。今後のエントリーランキングを少し。

来週からいよいよ楽天ジャパンオープンが始まります。錦織選手は今年はワウリンカの欠場により第1シードでの参戦が決まりました。昨年は準決勝で全米で悪夢を見させられたペールにフルセットの末敗れてしまいました。が、今年は昨年とは違ってトロントで準優勝、リオでナダルを破って銅メダル、全米でマレーを破って準決勝と結果を残す中で臨む楽天ジャパンオープンです。今日付けでのエントリーでは、ベルディヒ、モンフィスなど昨......続きを読む»

全米オープンが始まる前にATPランキングを少し。

前回はレースランキングを見ました。今回はレースではない方のいわゆるエントリーランキングを見ていきたいと思います。8月22日付けのランキングは以下のようになっています(スマートフォンで閲覧の方、画像が小さくなってしまい申し訳ありません)。 ジョコビッチとマレーに関しては仮に1R敗退でも順位の変動はありません。グランドスラムは優勝で2000ポイントですから、細かな順位まで拾うのはかなり困難です。そ......続きを読む»

錦織はマレーに勝利はならずも、銅メダルをかけて元世界1位のナダルと激突。まだまだ終わらない錦織のリオオリンピック2016。

勝てばメダル確定となる準決勝でしたが、錦織は残念ながら敗れてしまいました。1-6,4-6です。 相手はテニスの最高峰グランドスラム3大会全てで決勝まで勝ち進んでいるマレーです。かなり厳しい試合を覚悟していましたが、予想以上でした。錦織の動きがあまり良くなかったのもあると思いますが……。セカンドサーブになったところをすかさず中に入って深く返してくるマレーに対してなかなかリズムを作れませんでした。また......続きを読む»

錦織がマルティンに6-2,6-2と圧巻のストレート勝ち。QFはマイアミオープンで死闘を繰り広げたモンフィスとの対戦。

錦織がマルティンに6-2,6-2で快勝を収めました。アンフォーストエラーが多い内容ではありましたが、試合の主導権を渡さずトップ選手らしい勝ち方でした。第1セットは1ブレークを許しました後、それを上回る3つのブレークを奪い、第2セットはブレークの機会を与えず自身は2つのブレークを重ねて着実に勝利を手繰り寄せました。リターンでポイントを多く奪えたことでマルティンにプレッシャーを与えることができました。し......続きを読む»

錦織がミルマンに苦しめられながらも勝利。3Rは121位スロバキアのマルティンと対戦。

錦織がミルマンに勝ちました。7-6,6-4です。 第1セットは第4ゲームでラリーに競り負けた錦織が先にブレークを許す展開に。しかし、第9ゲームでミルマンのミスを誘ってブレークを奪うとそのままタイブレークへと突入します。タイブレークでは、ミルマンに4連続ポイントを与えてしまい0-4と苦しい展開となりますが、そこから4連続ポイントを奪ってすかさず追いつくと、その後はラリー戦でミルマンにポイントを許さな......続きを読む»

錦織はラモス・ビノラスに6-2,6-4で勝利。2Rは75位のミルマンと対戦。

錦織がリオの地で躍動しました。33位のラモスに、6-2,6-4で快勝しました。2セットでウィナー20を奪う一方、ラモスにはウィナーを6しか許さず、3つのブレークで勝利をもぎ取りました。アンフォーストエラーは23とややミスが目立ちましたが、試合を重ねながら修正していければ大丈夫かと思います。ノーシードでは最上位の選手でしたが、しっかり勝ちました。 2Rはオーストラリアのミルマンとの対戦が決まっていま......続きを読む»

リオデジャネイロオリンピック、錦織は第4シードボトムハーフに&全米第4シード以内争い(修正)。

リオオリンピックのドローが発表になりました。ドローは記事の最後にURLを載せておきました。シード選手のみ以下です。 ジョコビッチ ソック バウティスタ ツォンガ ナダル シモン クエバス ゴファン モンフィス チリッチ コールシュライバー 錦織 フェレール スティーブ・ジョンソン ペール マレー 錦織は第4シードでの参戦で初戦は33位のラモスとの対戦になりました。初戦にしては少しタフな相手です......続きを読む»

全米までのトップ選手失効ポイント考察(修正)。

暑い夏が続いていますが、テニスも熱い時期に突入していきます。来週以降、トロント、オリンピック、シンシナティ、全米オープンと大きな大会が続いていきます。それに伴ってポイントも揺れ動きます。今回は全米オープンまでのトップ選手(ジョコビッチからガスケまで)の失効ポイントを少ない順にランキングで紹介していきます(厳密には失効しても不可算の大会のポイントが繰上げで加算となることがあるので、仮ということになりま......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontennislife

テニスに非常に興味をもっております。錦織圭選手の大ファンです。錦織選手の試合は欠かさずチェックしております。錦織圭選手について基本的には書きたいと思いますが、他の選手についても書いていきたいと考えています。お気づきの点等ありましたら、お気軽にコメントしていただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:2428474

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トロイツキ撃破で3R進出の錦織はガスケorセッピと対戦。ローマ展望。
  2. 錦織4R進出。インディアンウェルズ展望(3R後)。
  3. 錦織QF進出。マイアミQF展望。
  4. 大きな勝利。錦織が5位のワウリンカに勝利。決勝の相手は絶対王者ジョコビッチ。
  5. 錦織が銅メダル獲得で快挙達成&シンシナティドローを読む。錦織の初戦は予選勝者か54位のフリッツ。
  6. 錦織、モンフィスとの死闘を制しキリオスとのSFへ。
  7. 波乱が続くウィンブルドン。4R予想。
  8. 優勝候補マレーを破る金星。準決勝は第3シードのワウリンカと激突。
  9. 全仏16強出揃う。4R展望。
  10. マイアミ展望。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss