Fight!! Kei NISHIKORI

ヤングもストレートで退けた錦織。SF進出をかけて18位ソックと対戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織がヤングに6-2,6-4で勝利し、昨年に続きQF進出を果たしました。まずはヤング戦の振り返りから。

スタッツです(右が錦織)。

第1セットは6-2で奪い、幸先のいいスタートを切った錦織でしたが、第2セットでは序盤で1-4とリードを許す苦しい展開に。しかし、ここを2つのブレークを含む5ゲーム連取で乗り切りました。1時間17分の終わってみれば快勝でした。大会を通じてサーブが安定しており、ヤング戦では特にセカンドサーブのポイント獲得率が高く、安定したサービスゲームを展開できていました。そして逆に、ヤングのセカンドサーブでは半分ほどをポイントにし、プレッシャーをかけました。3戦連続ストレート勝ちということで、勢いもあります。このまま突き進んで行ってほしいです。

QFの相手は世界18位のソックに決まりました。これまでの対戦成績は1勝1敗です。直近の対戦は2014年の上海で、このときは錦織がストレートで敗れています。そのとき錦織は6位、ソックは60位でした。 ソックは今年、オークランドとデルレイビーチの2大会で優勝しており、今大会でも今年好調のディミトロフをフルセットの末に退けています。4Rも1セットダウンの厳しい展開でしたが、勝ち上がってきています。力強いフォアハンドには要注意ですね。

ボトムハーフの下半分では、フェデラー、キリオスがそれぞれ勝ち上がっています。ジョコビッチまたしても敗れましたね。フェデラーとキリオスは2015年のマドリードで1度だけ対戦があり、このときは3セット連続のタイブレークをキリオスが制し、勝利しています。今回はハードコートでの対戦ですが、どんな試合になるのでしょうか。

そして、ナダルが4R敗退となったため最新のランキングで錦織のランキング4位上昇が確定しました。しかしフェデラーの突き上げが少し脅威です。優勝なら一気にナダルを抜いて6位まできます。

好調を維持できればQFも十分突破可能だと思います。体力的にも、フルセットの連戦が続いているソックよりストレート勝ちですんなり勝ち上がってきている錦織のほうが有利です。ここは絶対に勝ってまずはポイントの上乗せを確実にしていきたいところですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マスターズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017IW 3R4R】錦織選手の状況と、ボールとサーフェス【"テニス"感覚観戦】

激震!ジョコヴィッチ敗退!dIW錦織ボトムハーフ最上位に!全豪の悲劇は絶対に繰り返さない!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

錦織がヤング(60位)を破り8強・1番乗り! 準々決勝はソック(18位)orジャジリ(53位)( BNPパリバ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontennislife

テニスに非常に興味をもっております。錦織圭選手の大ファンです。錦織選手の試合は欠かさずチェックしております。錦織圭選手について基本的には書きたいと思いますが、他の選手についても書いていきたいと考えています。お気づきの点等ありましたら、お気軽にコメントしていただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:2428598

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トロイツキ撃破で3R進出の錦織はガスケorセッピと対戦。ローマ展望。
  2. 錦織4R進出。インディアンウェルズ展望(3R後)。
  3. 錦織QF進出。マイアミQF展望。
  4. 大きな勝利。錦織が5位のワウリンカに勝利。決勝の相手は絶対王者ジョコビッチ。
  5. 錦織が銅メダル獲得で快挙達成&シンシナティドローを読む。錦織の初戦は予選勝者か54位のフリッツ。
  6. 錦織、モンフィスとの死闘を制しキリオスとのSFへ。
  7. 波乱が続くウィンブルドン。4R予想。
  8. 優勝候補マレーを破る金星。準決勝は第3シードのワウリンカと激突。
  9. 全仏16強出揃う。4R展望。
  10. マイアミ展望。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss