Fight!! Kei NISHIKORI

全米までのトップ選手失効ポイント考察(修正)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏が続いていますが、テニスも熱い時期に突入していきます。来週以降、トロント、オリンピック、シンシナティ、全米オープンと大きな大会が続いていきます。それに伴ってポイントも揺れ動きます。今回は全米オープンまでのトップ選手(ジョコビッチからガスケまで)の失効ポイントを少ない順にランキングで紹介していきます(厳密には失効しても不可算の大会のポイントが繰上げで加算となることがあるので、仮ということになります)。

1位 フェレール 0ポイント 2位 ラオニッチ 20ポイント 3位T ベルディヒ ワウリンカ 190ポイント 5位 ツォンガ 210ポイント 6位 ガスケ 225ポイント 7位 チリッチ 280ポイント 8位 ゴファン 330ポイント 9位 ティエム 520ポイント 10位 ナダル 770ポイント 11位 錦織 860ポイント 12位 フェデラー 1000ポイント 13位 ジョコビッチ 1200ポイント 14位 マレー 1360ポイント

以上のようになります。特筆すべきはラオニッチの失効ポイントがわずか20ということです。トロント、シンシナティとポイントを重ねれば全米第4シードは充分狙えますし、場合によっては第3シードということもありえるかもしれません。第1ジョコビッチ、第2マレーは確定です。3~6シードをフェデラー、ナダル、ワウリンカ、ラオニッチで争うという展開になると思います。が、この中でもラオニッチが圧倒的に有利な立場といえると思います。フェデラーはトロントを欠場するようなのでかなり不利だと思われます。7,8シードは9位のティエム以下の選手がトロントとシンシナティの両方でSF進出とかがない限り、錦織とベルディヒで争うことになりそうです。それ以降のシードは混戦模様と言えそうですが、失効が全くないフェレールが断然有利に思われます。

トロントですが、マレーに続きフェデラーとナダルも欠場を発表しました。このままいくと、第1シードジョコビッチ、第2シードワウリンカ、第3シード錦織、第4シードラオニッチということになります。錦織は昨年SFまで行ってますから、今年はシードを守ってポイントをディフェンドしてほしいです。ここが正念場だと思います。一方、ラオニッチにとっては追い風でしょう。ポイントを積み重ねるチャンスです。

BIG4のうち3人が欠場ということで、錦織にはチャンスがめぐってきました。SFで約2年ぶりにジョコビッチを破ってその勢いのままFで同世代のラオニッチに勝ってマスターズ初優勝という展開なら言う事はないのですが。BIG4のうち3人が不在でも厳しい大会となることは間違いないです。

今日はこのあたりで。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「全米までのトップ選手失効ポイント考察。」へのコメント

コメントありがとうございます。

ということはSFジョコビッチでFラオニッチならあり得るということですね。

勉強になりました。ご指摘ありがとうございました。

「全米までのトップ選手失効ポイント考察。」へのコメント

錦織とラオニッチは3-4シードと同シード帯なのでSFでの対戦はありませんよ

こんな記事も読みたい

【2016年7月】トップ10:今期の状況Ⅱ(ウィンブルドン迄)【"テニス"感覚観戦】

WTAレジェンドプレイヤーの引退後について【女子テニスも熱い】

錦織、プロ10年目の夏は、過密スケジュールとの戦い! リオ五輪では、約1世紀ぶりのメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontennislife

テニスに非常に興味をもっております。錦織圭選手の大ファンです。錦織選手の試合は欠かさずチェックしております。錦織圭選手について基本的には書きたいと思いますが、他の選手についても書いていきたいと考えています。お気づきの点等ありましたら、お気軽にコメントしていただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:142
  • 累計のページビュー:2427540

(07月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トロイツキ撃破で3R進出の錦織はガスケorセッピと対戦。ローマ展望。
  2. 錦織4R進出。インディアンウェルズ展望(3R後)。
  3. 錦織QF進出。マイアミQF展望。
  4. 大きな勝利。錦織が5位のワウリンカに勝利。決勝の相手は絶対王者ジョコビッチ。
  5. 錦織が銅メダル獲得で快挙達成&シンシナティドローを読む。錦織の初戦は予選勝者か54位のフリッツ。
  6. 錦織、モンフィスとの死闘を制しキリオスとのSFへ。
  7. 波乱が続くウィンブルドン。4R予想。
  8. 優勝候補マレーを破る金星。準決勝は第3シードのワウリンカと激突。
  9. 全仏16強出揃う。4R展望。
  10. マイアミ展望。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss