Fight!! Kei NISHIKORI

主に錦織圭選手の試合情報についてお知らせするブログです。他選手についても余裕のある限り触れたいと考えています。

tennislife

テニスに非常に興味をもっております。錦織圭選手の大ファンです。錦織選手の試合は欠かさずチェックしております。錦織圭選手について基本的には書きたいと思いますが、他の選手についても書いていきたいと考えています。お気づきの点等ありました もっと見る
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:2428551
  • (11月06日現在)

最新の記事

順調錦織。3回戦はシードのバウティスタと対戦。

ウィンブルドンが3日から開幕しています。初日の3日に登場した錦織。芝コートに慣れていない相手に、ブレークを重ね、サービスは確実にキープし、勝利しました。 本当にポンポンと試合は進み、あっという間に錦織がセットを連取して勝利しました。懸念されたコンディションは特に問題は見受けられず、省エネでの勝利は見事でした。 昨日の2Rスタコウスキー戦。スタコウスキーは2013年のウィンブルドンでフェデラーを破っ......続きを読む»

ハレ1Rはベルダスコ。錦織はややタフなドローに。

ハレのドローが出ました。ATPのサイトより抜粋してきました。まずはドローをご覧下さい。 トップハーフに入ったシード選手。 フェデラー(1)、錦織(3)、プイユ(6)、ラモスビノラス(8)。 ボトムハーフに入ったシード選手。 ティエム(2)、ズベレフ(4)、モンフィス(5)、バウティスタ(7)。 昨年は2R敗退で稼ぎどころの錦織ですが、少しタフなドローを引いてしまいました。1Rからベルダスコで......続きを読む»

錦織の芝シーズン。

ベルダスコに勝ちきった錦織でしたが、QFは1-3でマレーに敗れてしまいました。この試合については軽く触れるに留め、今回は錦織の芝シーズンの展望を考えたいと思います。 QFはびっくりするスタートでした。あっさり錦織が取ってしまいました。しかしこれはマレーのファーストサーブがダメダメだったためです。2セット目以降はマレーが持ち直しました。マレーのサービスが良くなったことで自分のサービスゲームにプレッシ......続きを読む»

錦織が執念、地力で勝った!いざQFマレー戦へ。

勝ちきった! まさにそんな言葉がふさわしい2試合でした。3回戦、そして今日の4回戦と錦織は本当によく戦い抜きました。ベスト8進出です。 3回戦は、2日間にもつれるとともに、2セットダウンから追いつかれて、最終セットもリードしながら土壇場で追いつかれてと、非常に競った展開でしたが、最後は再びチョンのサービスを破って、取るところを取りました。 そして今日のベルダスコ戦。試合は思いもよらぬ展開でスタ......続きを読む»

錦織シャルディーにストレート勝ち。3Rは勢いのあるチュンと対戦。

錦織がシャルディを破って3R進出を決めました。6-3,6-0,7-6,二時間弱で勝利しました。 第1セットは冒頭でいきなりブレークを許してしまいますが、ブレークバックに成功し、その後錦織が再びブレークを奪ってとりました。 第2セットは錦織の一方的な展開になります。このセット、ファーストサーブのポイント獲得率が100%でした。ポイントもたしか錦織がシャルディの3倍近くものにしてたと思います。シャルデ......続きを読む»

錦織が全仏1R突破!2Rは地元フランスのシャルディーと対戦。

錦織が全仏の初戦を突破しました。4-6,6-1,6-4,6-4、三時間の熱戦でした。 コキナキスはかなり錦織対策を練ってきていたと思います。特にサーブのコースがよく、加えて強打もよく決まっていて、序盤は錦織がリターンゲームで苦しんでいたような印象です。 が、第2セット以降はコキナキスのミスが増え始めたことや、錦織のリターンが合い始めたことなどからやや錦織にもチャンスが舞い込み始めました。何とかキー......続きを読む»

ベルダスコを破って4R進出の錦織。次はデルボニス!

錦織がベルダスコに勝利して今年もまた4Rへの進出を決めてくれました。アンダーソン戦に比べるとミスの数はかなり多かったですが、積極的に攻めにいっていた結果かと思います。ベルダスコはやはり難しい相手でした。かなりスピンの効いたいいショットを何本も返していましたし、レフティ特有のサーブもきまっていました。が、最終セットは少しプレーのレベルが落ちてしまい、6-1と錦織にあっさりセットを取られてしまいました。......続きを読む»

初戦快勝の錦織。3Rは30位ベルダスコと対戦

錦織が初戦となる2回戦に勝利しました。6-4、6-3で3度のブレークを奪っての勝利でした。この試合、錦織はファーストサービスの確率が63%、ファーストサービスのポイント獲得率が86%、セカンドサービスのポイント獲得率が65%でした。ブレークピンチは0で、サービスゲームが非常に安定していました。またリターン全体のポイント獲得率も40%と、本人が語るとおりリターンも冴えていたゲームでした。 非常にいいス......続きを読む»

マイアミ開幕へ。錦織は過去最高の第2シードで参戦。

インディアンウェルズがフェデラーの優勝で幕を閉じ、3月2つ目のマスターズであるマイアミが開幕します。しかし、フェデラー驚異的ですね。レースランキングも今のところぶっちぎりの1位です。錦織は前回より上げて11位にきました。 マイアミですが、錦織は第2シードで参戦します。錦織の山のドローです。 対抗シードにはインディアンウェルズに続いてチリッチを引きました。上がってくるかどうかはかなり怪しいとこ......続きを読む»

錦織SF進出は果たせず。惜しくもソックに敗れる。

昨年と同じQFまで進んだ錦織でしたが、初のSF進出とはなりませんでした。世界18位のジャック・ソックに3-6,6-2,2-6のフルセットの末に敗れてしまいました。まずはスタッツから。右が錦織です。 第1セットは出だしでいきなりブレークを許してしまうと、その後もソックの強烈なショットに押される展開となり今大会初めてセットを失います。 第2セットはミスが増えてきたソックから、ストローク戦でポイント......続きを読む»

ヤングもストレートで退けた錦織。SF進出をかけて18位ソックと対戦。

錦織がヤングに6-2,6-4で勝利し、昨年に続きQF進出を果たしました。まずはヤング戦の振り返りから。 スタッツです(右が錦織)。 第1セットは6-2で奪い、幸先のいいスタートを切った錦織でしたが、第2セットでは序盤で1-4とリードを許す苦しい展開に。しかし、ここを2つのブレークを含む5ゲーム連取で乗り切りました。1時間17分の終わってみれば快勝でした。大会を通じてサーブが安定しており、ヤン......続きを読む»

ミュラーに快勝の錦織!4回戦は相性のいいヤングと対戦。

錦織が4R進出を決めました。6-2,6-2の快勝でした。まずはスタッツです(右が錦織)。 ファーストサーブが好調で、しっかりサービスをキープし続けました。リターンではファーストが入ってこないミュラーのセカンドサーブをしっかり攻め、4度のブレークに成功しました。本人も語るとおり、3Rはかなりいい内容の試合だったと感じました。4R以降もかなり期待がもてると思います。 4Rはアメリカのヤングとの対......続きを読む»

インディアンウェルズ3Rへ。錦織は過去3戦全勝のミュラーと対戦。

インディアンウェルズも2回戦が終了しました。3回戦に突入していきます。 まずは錦織対エヴァンズ戦のスタッツです(右が錦織)。 >http://www.bnpparibasopen.com/en/scores/daily-results セカンドサーブのリターンが良く、持ち味のテニスができていたように感じます。リオから日にちが空いて試合勘や初戦にしては少しタフな相手を引いてしまったことか......続きを読む»

インディアンウェルズ開幕へ。錦織は第4シードで参戦もタフなドローに。

ドバイ、アカプルコの2大会が終了し、いよいよ3月のマスターズ2大会が始まります。インディアンウェルズ、マイアミです。 リオではおそらくほとんど誰もが予想し得なかった初戦敗退を喫した錦織ですが、あれから期間を空けての今大会となります。最新の世界ランキングは5位ですが、4位ラオニッチが欠場のため第4シードでの参戦となります。ボトムハーフの上半分が錦織の山になりました。錦織の山のドローです。 今大......続きを読む»

リオオープン1R。錦織はベルッチに敗れる。

ブエノスアイレスで準優勝に終わった先週に続き、今週はリオで大会に臨んだ錦織。初戦の相手は地元ブラジルのベルッチでした。第1シードで優勝を期待される中、クレー巧者のサウスポー相手になかなかリズムがつかめず、らしくない試合で敗れてしまいました。 第1セットは非常に拮抗した展開でした。しかし、第9ゲームでワンチャンスをものにされてしまいました。ベルッチのサーブが良く、得意のリターンからの展開に持ち込めま......続きを読む»

錦織が2月のクレー2戦目へ。初戦は地元ブラジルのベルッチ。

錦織の全豪オープン以来の試合となるブエノスアイレスは準優勝で終わりました。先週は旅行に行っていたためまたまたブログの更新が滞ってしまいました。リオはしっかり見て更新します。 錦織の初戦の相手は地元ブラジルのベルッチです。これまでに1度対戦があり、錦織が勝っています。クレーでの対戦でした。初戦から全く気の抜けない相手と当たることになってしまいました。サウスポーのクレー巧者であり全く油断ならない相手で......続きを読む»

全仏までの上位選手失効考察。

1月は大会が少なく例年2月にいよいよここからという気持ちになるのですが、今年はあれだけ内容の濃い全豪があると若干調子が狂ってしまう感じがあります。それはさておき。 錦織の2月の大会は13日からのブエノスアイレス大会(アルゼンチン・オープン)です。ちょっと日が空きますので、番外編を少し。今回は全仏オープンまでの上位選手失効ポイントです。なお、今回はワウリンカ・ラオニッチ・錦織・ナダル・フェデラーに絞......続きを読む»

全豪オープンを制したフェデラー!。決勝までいったナダル。そして錦織。

今年の全豪オープンはおそらく当初は誰もが予想しなかった形で終わることになりました。優勝はフェデラー、準優勝はナダル。 今大会は第1シードのマレーが4回戦で、第2シードのジョコビッチが2回戦で敗れるという大波乱がありました。特にジョコビッチ。全豪では無敵とも言える強さを近年見せていましたが、格下に屈しました。ジョコビッチは今後インディアンウェルズ、マイアミ、マドリード、全仏と大量失効が続く中、痛い敗戦......続きを読む»

全豪4R突入へ。錦織はフェデラーと対戦。

14からメルボルンに行ってました。錦織の一回戦をハイセンスアリーナで生観戦しました。日本の方も多く、錦織選手に熱い声援が送られてました。試合はご存知のとおり大熱戦ですが、最終セットで実力差を見せつけて勝ちきりました。とその話はこの辺で置いといて。 前回ブリスベンの記事を書いてからまた更新が滞ってしまったので、ぼちぼち気合を入れて更新していきたいと思います。 まずは錦織の4Rから。相手はフェデラー......続きを読む»

錦織ブリスベン4強進出。ワウリンカと激突。

錦織がわずか1時間の圧勝で準決勝進出を決めました。スタッツです。 昨日の試合を端的に表現すると無駄の少ないテニスでした。ベースラインでの打ち合いをほぼ支配し、ネットプレーも確実に決め、チャンスボールはしっかりとウィナーへつなげる。サービスゲームではブレークの機会を1度も与えず、終始錦織ペースで試合が運べていました。かなり期待できる内容での勝利です。いきおいそのまま決勝まで勝ち進んでほしいです。......続きを読む»

錦織ブリスベン8強進出。準々決勝は79位若手のトンプソンと対戦。

錦織が初戦となる2回戦を突破しました。4-6、6-4,6-3でフルセットの末の勝利です。 予選から勝ち上がってきて勢いのある若手に1セットダウンを喫しますが、その後は盛り返して2セットを奪い返しました。2017年に入って初めての試合ということもあり、難しい中での戦いであったとは思いますが勝ちきりました。 準々決勝ではこれまた若手のトンプソンと対戦します。これまでに対戦したことはありません。トンプ......続きを読む»

2017年シーズンいよいよ開幕へ。

明けましておめでとうございます。 諸事情によりブログの更新が滞っておりましたが、いよいよ2017シーズンが始まるということで、そろそろ気合を入れてまた更新していきます。 今週は全豪オープン前の大会があります。当ブログは錦織選手を追っかけてますので、今週はブリスベンを追っかけます。 もうご存知かもしれませんが、錦織は第3シードでボトムハーフに入りました。初戦は予選勝者とミュラーの勝者と対戦します......続きを読む»

マレーに敗れるも準決勝進出には優位。RR最終戦はチリッチと対戦。

激闘のマレー戦を終えて今日(厳密には日本時間の明日)錦織が準決勝進出をかけてチリッチと対戦します。その前にマレー戦を少しだけ振り返ることにします。 スタッツです。 >TENNIS TV 第1セットは互いにサービスをキープしあう白熱の展開でした。タイブレークではマレーのミスなどから6-3と3つのセットポイントのチャンスを迎えましたが、マレーがここを切り抜けて大混戦に。かなり競りますが、こ......続きを読む»

大一番へ。錦織vsマレー。

ツアーファイナルもグループレンドルは既に残すところあと1試合。グループマッケンローは今日2試合目が行われます。 ご存知の通り錦織は初戦で3位のワウリンカ相手に6-2,6-3と快勝してます。スタッツです。 ワウリンカの調子がイマイチだったのもありますが、パリで若干嫌な終わり方をして以来の試合でまず勝てたことがなによりでしょう。スタッツについて詳述はしませんが、ワウリンカを負けのパターンにもって......続きを読む»

錦織がトロイツキをストレートで下して3Rへ。相手は26位ラモス・ビノラスか13位ツォンガ。

バーゼルで決勝を戦ってから数日。錦織が今度はパリの地で戦っています。 相手はトロイツキ。勢いがつくと少し止まらないところがあるような印象の相手でしたが、相性は良い相手なので疲労とか怪我とかなければさすがに負けはしないだろうと思っていました。 試合結果については予想通り錦織が勝ちました。スタッツです。 第1セットは6-2と錦織があっさり取ります。第2セットは若干ブレーク合戦の様相を見せますが......続きを読む»

パリマスターズ開幕へ。錦織は厳しいドロー。

いよいよ年内最後のマスターズであるパリが開幕します。錦織は第5シードでラオニッチの山に入っています。ボトムハーフのドローです。 初戦となる2回戦ではトロイツキかマナリノと対戦します。トロイツキとは4勝1敗と勝ち越しており現在4連勝中です。やりにくさはあまりないように思われます。マナリノとは初対戦ですが、実力どおりなら十分勝てる相手でしょう。ちなみにトロイツキとマナリノは昨年のバーゼルで1度だけ......続きを読む»

錦織がミュラーに競り勝つ。バーゼル決勝進出(追記あり)。

錦織vsミュラーが先ほど終わりました。4-6,7-6,6-3で錦織が勝利しました。 サービスエース20本に、ファーストサーブポイント獲得率84%と、サーブで苦しめられました。しかしながら、ミュラーのセカンドサーブポイント獲得率は47%と低めになっています(錦織は66%)。 ウィナーの数も錦織が35でミュラーが37。アンフォーストエラーも錦織が22でミュラーが29でそこまで差はありません。まさに競り......続きを読む»

バーゼルドロー発表。錦織は第3シードで初戦は78位のラヨビッチとの対戦。

バーゼル大会(スイス・インドア)のドローが発表となりました。以下です。 初戦がもうご存知かもしれませんが、現在世界ランク78位のラヨビッチとの対戦です。2014年の全豪で1度対戦があり、そのときは錦織が6-1,6-1,7-6のストレートでラヨビッチを下しています。今回は怪我からの復帰戦ということで苦戦する可能性はあるかもしれませんが、実力どおりならまず負けることはないでしょう。 2Rはマユか......続きを読む»

楽天3日目は、ベルディヒと錦織の上位シードが敗退。チリッチはベルダスコに競り勝ってQFへ。

まずは錦織の棄権敗退について。第1セットの第3ゲームまでは普通にプレーしていたように見えたのですが、第3ゲームでソウザのサービスゲームをブレークした直後にメディカルタイムアウトを要求。脇腹辺りから腰にかけてマッサージを受けます。が、回復した様子は見受けられずショットも力強さを欠き、際どいボールを深追いできないなど明らかにいつもと違うプレー内容。4-0と4ゲーム連取していましたが、そこから3ゲームを奪......続きを読む»

楽天ドロー発表。錦織は初戦で48位のアルマグロと対戦。

楽天のドローが発表されました。錦織は第1シード、トップハーフに入りました。トップハーフのドローです。 初戦は48位のアルマグロとの対戦が決まりました。2013年の楽天ではフルセットの末に敗れましたが、昨年の全豪ではストレート勝ちを収めています。初戦からタフな相手ですが、最近格下への負けも目立ちますので負けることは考えにくいです。楽天はツアーの中では速めのハードと聞いていますので、そこも錦織に優......続きを読む»

1 3 4

このブログの記事ランキング

  1. トロイツキ撃破で3R進出の錦織はガスケorセッピと対戦。ローマ展望。
  2. 錦織4R進出。インディアンウェルズ展望(3R後)。
  3. 錦織QF進出。マイアミQF展望。
  4. 大きな勝利。錦織が5位のワウリンカに勝利。決勝の相手は絶対王者ジョコビッチ。
  5. 錦織が銅メダル獲得で快挙達成&シンシナティドローを読む。錦織の初戦は予選勝者か54位のフリッツ。
  6. 錦織、モンフィスとの死闘を制しキリオスとのSFへ。
  7. 波乱が続くウィンブルドン。4R予想。
  8. 優勝候補マレーを破る金星。準決勝は第3シードのワウリンカと激突。
  9. 全仏16強出揃う。4R展望。
  10. マイアミ展望。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss